HONDEX HE-57Cインプレ。初めての魚探入門。

スポンサードリンク

レンタルボート釣行にあると便利な魚探。

私は入門用魚探の、ホンデックス[HONDEX] HE-57Cを愛用しています。

ホンデックス HE-57Cのインプレと、魚探の基礎知識をまとめてみます。

ホンデックス HE-57C

仕様諸元

  • 高輝度液晶(850カンデラ)採用。
  • 色配列は、バス専用に考慮した6種類のカラーパターンを採用。
  • ハードボトム探査に便利なハードボトムレベル機能搭載。
  • 最大約3,000回/分の高速発射。
  • シンプルな操作キー。かんたんメニュー画面。
  • 表示:4型カラーLCD (480×272ドット)
  • 出力:100W
  • 周波数:200kHz
  • 水深表示範囲:最小0~2m/0~5ft、最大0~60m/0~200ft、
  • 電源電圧:DC11~14V
  • 消費電力:3W
  • 本体質量:約0.7kg
  • 表示画面:縦型
  • 本体寸法:170(H)×178(W)×63(D)mm

ホンデックスの入門用魚探、HE-57C。

一応、バスフィッシング用モデルとしてのラインナップ。

実売価格で3万5000円~3万8000円台と、「魚探」というキーワードから想像するよりもかなりリーズナブルな価格で入手することが出来ます。

バスフィッシングにおける、ボート釣行では魚探があるといろいろな情報が手に入り、ゲーム組み立てに役立ちます。

入門用とはいえ、ベーシックな二次元魚探に必要とされる機能を過不足なく表示してくれるのがこのHE-57cというわけです。

バス釣りにおける魚探

そもそもバスフィッシングにおける魚探の役割は、直接魚を見るというよりは、主に地形変化や沈みモノ、湖底の硬さなどを探ることにあります。

バスフィッシングは地形変化が非常に重要なファクターで、その手助けをしてくれるのが魚探というわけです。超音波を発射し、その反射時間から距離を図り、表示するという仕組みです。

もちろんバスがエサにしてそうなベイトフィッシュ、例えばワカサギの群れなんかも映りますし、水生植物なども映ります。

水中の様子が手に取るように分かる、というと嘘になりますが、少なくとも今まで見えてなかったモノが見えるようになります。

レンタルボートやフローター向け

そんな魚探の中でも、レンタルボートやフローターでの釣行向きにコンパクト&シンプルに機能を提供してくれるのが、このHE-57Cです。

メリット

まずはHE-57Cのメリットご紹介。

軽量&コンパクト

700gと、かなりの軽量設計。

何かと荷物の増えるレンタルボート釣行において、邪魔になりません。

簡単。

配線は、3つだけ。電源、水温計、振動子からの配線のみ。

それぞれ端子の穴の数が違うので、間違いようがない親切設計。とても簡単です。

設定も、オートでとりあえず問題なく使えるので、とっつきにくさとか、難しさはほとんどないです。

電池駆動

単3の乾電池8本で駆動してくれる為、気軽に使用できます。魚探用のバッテリーを持ち込む必要がありません。

電池の持ちは、単3電池で12時間みっちり使用すると、80%ぐらい消費。

次回の釣行で、朝一ぐらいは前回の電池で駆動してくれます。

ただし、毎回朝のコンビニで電池買うと結構高いので注意ですw

コスパ的には、バッテリー買っちゃったほうが良いカモです。

振動子&水温計付き

HONDEX HE-57C 水温計

HONDEX HE-57C 水温計

HONDEX HE-57C 振動子

HONDEX HE-57C 振動子

振動子と水温計がセットになっています。

振動子っていうのは、超音波を発生させる装置の事。

ここから発生させた超音波が、湖底や魚の群れに当たって跳ね返り、その距離や硬さを表示してくれるわけですね( ^ω^ )

別売りの魚探もあるなか、これは嬉しい。

ざっくり、必要な情報は手に入る

流行りの「サイドスキャン」などの高度な情報はありません。

しかし、水温、水深、地形変化、ベイトフィッシュなどのおおよそ通常の2次元魚探で得たい情報は、得る事が出来ます。

感度などの設定は、だいたいの場合オートで大丈夫なんですが、水生植物やベイトフィッシュが大量に映り込むときは、ボトムとの判別が曖昧になってしまうときが有りました。

基本はオートで使用して、そんなときだけ感度を補助的に設定する、という使い方が良さそうです。

あまり設定をいじくりまわし過ぎると訳が分からなくなるので、私はそうしています。

 

ベイトフィッシュの写り方は、冬にワカサギ釣りをすると勉強になります。

ぶわーとワカサギの群れが映るときに、アタリが多くなるのが分かるからです。

冬、バスが釣れないときはワカサギ釣りをすると、ワカサギの多いエリアや通るコースなどが分かったり、魚探の見方が少し分かったりと、意外とバスフィッシングにつながる気づきがあってオススメです。ついでにわかさぎ食べれますしねw

シンプルで迷いがない

機能がシンプルで表示もベーシックな2次元魚探のソレなので、初心者にも優しいです。表示が分かりにくいとか、高機能過ぎて使いこなせない、といった事はないと思います。

メニュー画面の表示もわかりやすく、ボタンも少ないため、すぐに操作できます。

高輝度液晶はかなり見やすい

液晶は高輝度液晶、との事ですが、実際かなり明るくて見やすいです。明るさは5段階調整式で、天候に合わせて細やかに調整可能。スマートフォンと同じで、やはり長時間maxの明るさで表示すると電池の消耗が激しいので、電力の節約のためにも、輝度をこまめに下げると良いです。

私は別売りの遮光フードを購入してみましたが、ぶっちゃけ要らなかったかな、と思います。輝度を上げれば、ピーカンの日中でも普通に見れますね。ただ、液晶面の保護という目的も達成できるので、あってもいいかもしれません。

完全防水で気を使わない

まあ水辺で使う電子機器なので、防水性能はあるのが当たり前ではありますが。シャワーで水をジャバジャバかけても大丈夫なレベルで防水性能が確保されています。一日中ガッツリ雨のときも問題なかったです。まあ当たり前ですねw

ハードボトムレベル機能

ハードボトムを測定可能。ハードボトムレベル機能といって、ボトムの硬さを数値で表してくれます。やっぱりなんだかんだいって、バスは硬いものが好き★

なので、ハードボトムレベル機能はかなり有用な機能です。ディープをダウンショットリグで攻めるときなど、事前に知っているか、魚探がないと底質は分からないと思います。

デメリット

画面が小さい

まあ、これはしょうがないですねw画面の大きさは値段に比例しますw

写真はiphone6sとの比較。iphone5sぐらいのサイズ感。

立った状態で見る事が多いので、目が良い人向けw

RAMマウント

 

どうしても画面が見えずらい場合は、RAMマウントで高さを稼ぐと良さそうです。

RAMマウントシステムは、米国製の、ボールとソケットを使用したマウンティングシステムです。極めて頑丈なヘビーデューティ仕様で、耐久性が高く、 魚探のマウントとして使用している方が多いです。

私の友人は贅沢にもRAMマウントのアームを2つ使って、魚探の高さを稼いでいます。

振動子取り付け金具が別売り

レンタルボートで使う場合には、振動子をボートのガンネルに取り付けて使用する場合が多いと思います。

(ガンネル、っていうのはボートの’フチ’のことです)

その際、別売りの’HONDEX 魚群探知機用万能パイプ取付金具BP05’というモノが必要です。

百歩譲って!?この万能パイプが魚探と別売りというのは納得できます。

しかし、さらにこの万能パイプに振動子を取り付けるのに、’先金具SK01’という金具を買えというのです。

900円しかしない部品ですが、なおさら万能パイプか、魚探本体の付属品として付けてくれよ~。って激しく思います。

万能パイプだけでも5000円以上しますからね。

なんか悔しいので、魚探の付属品の、’トランサム取り付け金具’で無理やり装着しました。

本来HONDEXが推奨する装着方法ではないので、真似する場合は自己責任でお願いしますw

片方が宙に浮いたような状態になってしまっていますが、’トランサム取り付け金具’はかなり剛性感のある作りになっていますので、普通に大丈夫です。

 

万能パイプは自作でも良いカモ

この’HONDEX 魚群探知機用万能パイプ取付金具BP05’ですが、パイプ部分の正体は、積水化学工業の’エスロンHIパイプ ゴールド+’という、建築設備の配管用のモノ。

Amazonで数百円で買えます。

これと、ホームセンターでプラスチック製のクランプを買って、自作しても良いと思います。

私も自作しようとして、ホームセンターの万力(クランプ)を買ってみたのですが、クランプとパイプの接続方法など思いつかず、結局面倒になって万能パイプを注文してしまいましたw

自作した方が安上がりだと思います。ホントは自作方法など掲載すると有益なんですが、ナシでww

まとめ

ぶっちゃけこのレベルの魚探があっても、シャローの釣りの場合、釣果にそこまで影響がありませんw

しかし釣りにおけるパズルのピースが増えるのは良いことです。あと、冬季に限らずですが、ディープの釣りには必須になるアイテムでしょう。

HONDEX HE-57C、リーズナブル&シンプルで使い易い、入門用魚探として非常に優れたプロダクトといえますね(´∀`*)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

    • カメヤマンさんこんにちは。
      なんと、そのようなものがあるのですね。電池駆動は地味に痛いので、調べてみます。いつも有益な情報ありがとうございます(^^)
      そして、ブログのコメント欄へのコメント、あまりないので地味に嬉しかったりしますw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です