秘密の静岡フィールド探訪。一碧湖偵察レポ。

スポンサードリンク

静岡県伊豆市に来ております。

単なる旅行なのですが、釣りの事が頭から離れない釣りキチです。

秘密の?静岡フィールド「一碧湖」を偵察してみました。(竿は出してません)

一碧湖

 

伊豆の豊かな自然に囲まれた一碧湖。

伊豆市の主な淡水フィールドは、一碧湖とお隣の松川湖(奥野ダム)。

海洋資源に囲まれた伊豆半島ですので、圧倒的にソルト文化メインだと思われますが、バスアングラー的にはやっぱし気になるのは淡水フィールド。

バスもしっかり定着しているらしいっす。規模的には外周を歩いて4キロと、「野池」と呼ぶにはちょっと大きい感じ。

火口湖

噴火でできた「火口湖」という事で、まさに火口湖っぽいまん丸な感じです。

底質は、黒い溶岩的なハードボトム。

メインの一碧湖のほか、湿地帯風の「沼池」の二本立て。ただし沼池は禁漁区となっておりました。

ボートハウス

ボートハウスは一件のみ。エレキは不可なので手漕ぎオンリーとの事。桟橋は綺麗に整備されておりました。

遊漁券は500円ナリ。ボートは一日レンタルで2700円ぐらいだったかしら。

おかっぱりは出来るの?

周遊路を散策してみました。

すぐ水際を歩く箇所も多々あり、ショアからのアプローチもある程度可能そう。

ただしかなり遠浅なので、ウェーディングした方がより確率が高まる感じかと思われます。純粋なショアだとなかなか辛そう。

ウェーディングしているバスアングラーを2名ほど確認する事が出来ました。

バスっけは?

竿を出してないのでなんとも言えないですが…

なんとなくですけど、一筋縄ではいかないフィールド、的な印象を受けました。

 

ほんと感覚的な印象ですので悪しからず。

松川湖がオススメ?

宿泊先のオーナーがフィッシャーマンらしく、隣の松川湖がオススメとの事。

というわけで、2日目は松川湖の様子を見てみたいと思います。竿を出せるチャンスがあれば良いのですが。

まとめ

以上、一碧湖についてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

4 件のコメント

  • はじめまして!
    いつも楽しく読ませて頂いてます!

    松川湖はバス釣り目的では入漁不可の筈です、、、

    実際に訪れて、記事にされる場合トラウト名目での視察の旨の記載があったほうが誤解無いと思います。
    楽しい旅行になるといいですね!

    • コメントありがとうございます(*^^*)
      調べたところ、そのようですね!お気遣いありがとうございます。
      竿を出さずに偵察のみしてきました★とても素敵なフィールドですので、ぜひバスも解禁してほしいところです♪

  • はじめまして。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    以前通っていたフィールドの話題に思わず
    胸が高まりコメントさせて頂きました。
    一碧湖は目に見えるカバーよりもボトムの地形変化などに
    大型のバスがついていることが多く、ポイントをあぶり出す楽しさがありました。
    今は駐在でバスのいない国にいるのですが、今回の記事で閉じ込めていた釣り欲が湧き出てきました。笑

    • コメントありがとうございます★そして、励みになるお言葉ありがとうございます。
      ぐるっと周遊してみたのですが、遠浅でウェーダーが必須のように感じました。
      残念ながら今回は釣りは出来なかったのですが、次回は時間を取って釣りをしてみたいと思っています。
      なるほど、独特な攻略法があるのですね~。一筋縄ではいかなそうな雰囲気でしたが、いつか一碧バスをGETしてみたいです(*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です