JACKALL チビタレル インプレ。艶アクション&絶妙浮力。

スポンサードリンク

JACKALLのチビタレルのインプレです。

艶のあるアクションと絶妙な浮力のギル型ビッグベイトでした。

初めてのギル型ビッグベイトに、とてもオススメ出来るルアーです。

JACKALL チビタレル

 

SPEC

Length  130mm
Weight  43.5g
Color  カワシマアルビノギル
Hook フロント ST46TN#2
リア ST46TN#3
Price  3,200円(税抜)

JACKALLのチビタレルがとても秀逸なギル型ルアーでした。

アクション

アクションうんぬんは、公式の説明の通りなのですが…

弱めに巻けばふらふらと左右によろめき、強めにジャークすれば180度ターンもこなします。

絶妙なのは、自由度が高い設定でありながら、難解さが無いところです。

大げさでなく、数投で、思い通りのアクションを発揮させる事が可能。

そんな泳ぎの良さを持っています。

ボールベアリングスイベルアイ

 

バラシを軽減する為の、回転するアイ。また、キャスト時のラインヨレも低減してくれます。

 

ちなみに前後フックも回転します。この価格で、この作りはすごい。

本当にきめ細かい作りです。

絶妙な浮力

沈み過ぎず、浮きすぎずの絶妙な浮力。これがチビタレルの最も優れた点です。

少し巻いたり、トゥイッチさせると、思い通りに潜ってくれる。

浮力が強すぎないのです。

大抵のビッグベイトが、自分好みにウェイトチューンを施すのが通例となっておりますが、チビタレルに関しては、パッケージから出してそのままでも十分に戦力になってくれます。

自分の思った通りの潜航深度に自在に調整が出来る。

当たり前っぽいですが、思い通りの浮力となっているルアーは、実は少なかったりします。

(個人的な好みの問題もありますがw)

 

ヒレで潜る

 

左右に設けられた大きめのヒレが特徴的。

ジャーク時の姿勢安定性を確保する事はもちろん、潜る為のヒレとなっています。

このヒレで、上述した絶妙な潜航深度を出していると思われます。

顎下のアイ&ヒレのアイ

顎下とテールにアイが装着されています。アシストフックやら、シンカーやらを装着可能、という事ですが…

 

個人的にはテール部分へのアシストフック装着可能な事が最大のトピック。

 

この手のギル型ビッグベイトって、本当にテール部分への甘噛みが多発するんですよね…

 

テールにフックが付いていたら、絡めとれたのに…という苦虫を噛み潰した事多数..

そんな悔しい思いをしなくても済むかもしれない…

 

秀逸なフック

この手のビッグベイトは、フックポイントが甘い純正フックが付いている事もしばしばですが..

チビタレルに関してはオーナー(カルティバ)社のST-46TNスティンガートリプル が標準装備。

また、前後共にフェザード仕様。手抜きしない、コストのかかった作りです。

ちなみにTNというのはスズコート、という意味。

 

扱いやすいサイズ感

ちょっと大きめなクランクベイト…だと思って信じて投げれる、デカすぎないサイズ感もポイントです。

43.5gという事で、H(ヘビー)クラスのロッドでも問題なく扱えます。

オマケ:視認性UPチューン

 

 

視認性UPの為に、ティムコのルアーインディケーターを貼りました。

 

ビッグベイトにはもはや欠かせないチューニングとなっています。

本当は、フックとウェイト貼りと合わせて3点必須チューンとして実施しているのですが、チビタレルに関してはインディケーターのみで済みそうです(*’▽’)

欠点

欠点は、本当に少ないですが、あえて挙げるならば、壊れやすいテール部分が交換出来ないところ。

そして名カラー、カワシマアルビノギルがあんまり売ってない点ですw

まとめ

初めてのビッグベイトに最適な、チビタレル。

とても良く出来たギル型ルアーです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です