イマカツ ジャバギル90。こいつ可愛いんだが、使い手を選ぶギル系だわ。

スポンサードリンク

イマカツ ジャバギル90。

名作、ジャバロンの遺伝子を受け継いだギル型ワームです。

イマカツ流「ギル型ワーム」は、超絶艶めかしいアクションながら、やや使い手を選ぶ?ワームでした。

イマカツ ジャバギル90

「扁平ギル系ムーブメント」とでも呼ぶべき空前のギル型ルアー流行の昨今。

数多のギル系ワームが各社リリースされています。

 

そんな玉石混交?のギル型ワーム界において、ひときわ存在感を放つ、イマカツ ジャバギル。

「90」と「110」がリリースされており、「90」を入手しましたので、泳がせてみました。

 

縦泳ぎ

他社製品にない強みである、「縦泳ぎ」が最大の特徴。

スイムバランスをとる為、「脳みそ」と呼ばれる浮力体(ウレタンフォーム)が仕込まれています。

また、ジャバロンネオと同じく、ヘッド部分には身切れ防止のバネが純正装着。(ピンボケ失礼w)

そしてイマカツらしい、リアル系のカラーリングが素敵です。

 

襷掛け

独特のフックセッティング、「たすき掛け」もユニーク。

 

ちゃんとリードホールがあって、だれでも簡単にセッティングする事が出来ます。

フックの自重を’おもり’とすることによって、浮力体と相まって独自の縦泳ぎを実現しているんですね。

なるほど、賢い仕組みです。

 

もちろん、テキサスやジカリグで普通のワームとしても使え、その場合は「正横刺し」が推奨されています。

2通りの使い方のできる、おいしいギル系ワーム、という訳ですね。

 

アクション

衝撃を受けるほどの艶かしいウネウネアクションです。

水中で泳ぐその姿はまさに「稚ギル」そのものといった感じです。人間の目から見ても見間違えそうなレベル。

 

正直に言って、イマカツのこの手のワームは、単価が高いのであまり手を出していなかったんです。

うわ、高い。他社のギル系でいいや。ってなってました。

 

でも、実際に泳がせてみると、「ちょっと他社製品にない尋常じゃない動きの良さ」があることが分かりました。

シャッドテール的に使う感じか

標準でスローシンキング仕様なので、サスペンドさせて、下から浮かせて誘う、みたいなことは出来ません。

シャッドテールワームのように、巻物っぽいイメージでしょうか。

ボトム付近での「縦」の姿での誘いも有効のようです。

サイズ感が…

ただ、ひとつ微妙なのが、「90」のサイズ感です。

「110」ぐらい大きい方が、投げやすい気がしますね。

Mのベイトタックルで扱うには小さい気がするし、逆にベイトフィネスタックルだと3/0という大きめのフックサイズなのでフッキングが心配になるという感じです。

フィールドによっては、この絶妙なサイズ感が効く、ってこともありそうですが、やや「タックルを選ぶ」のかな、って気がしました。

スイムバランスの微調整が必要

普通にフックをセットしただけだと、斜めに泳いでしまいました。

まあパッケージの裏にも記載されているのですが、お腹にネイルシンカーを入れての微調整が必要、とのこと。

いわゆる「トゥルーチューン」が必要なんですが、そこを楽しめる場合は良いんですけど、ちょっと手間がかかるという印象です。

 

かなり繊細なバランスで成り立っている「縦泳ぎ」なんです。

すごいワガママかもしれませんが、「パッケージから出してフックをセットしたら誰でも簡単に綺麗な縦泳ぎ」とならないところがジャバギルさんの最大の欠点かな、と思います。

 

しかしながら、微調整がしっかり決まったときの「蛇腹ギルうねうねアクション」は相当に魅力的なモノが有りました。

 

まとめ

はたして、ジャバギル90は「リピート買いワーム」になってくれるのか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です