イマカツ ジャバロンネオ97vsゲーリーヤマモトザコ。〜蛇腹が僕らにくれたもの〜

スポンサードリンク

イマカツのジャバロン ネオ97を入手したので、手持ちのゲーリーヤマモト ザコと比較してみます。

そっくりですが、両者を手に取って比較してみると、実は全然違いました。

それぞれの最適な用途を模索します。

イマカツジャバロン

 出典:JB/NBC

ソフトジョイントベイトとも呼ばれる、ジャバラ状の多関節が最大の特徴であるイマカツ ジャバロン。

ウネウネとした艶かしいアクションが持ち味で、10年以上の歴史を持つイマカツを代表するソフトベイトです。

90、110、140、160、200とフィールドやアベレージサイズに合わせてアジャスト可能な多彩なラインナップ。

イマカツ ジャバロン ネオ

 

そんなイマカツを象徴するようなジャバロンのアップデート版が、「ジャバロンネオ」です。

97
135
Length:97mm
Length:135mm
(6本入り)
(4本入り)

ラインナップは、97㎜と135㎜の2種類。

今回私が入手したのは、弟分である「ジャバロンネオ97」です。フックサイズはがまかつの#2/0が推奨。

 

まあイマカツ社のHPを読めば済む話なんですが、以下特徴を掲載しておきますw

ソフトデルタリップ

 

ノーシンカーでの遅いリトリーブスピードで泳ぐための、盾のようなソフトデルタリップ。あえて抵抗を生み出し、デッドスローに対応。

ジャバロン ネオの最大のウリです。チャターやジグのトレーラーなどに使用する場合は切って使います。

純正バネチューン

 

パッケージから空けた状態で、すでにAのヘッド部分にバネが仕込まれており、身切れを防止。

 

イマカツらしい芸の細かさに舌を巻きます。

「純正バネチューン」は初めて出会いました。工場で「イマカツの妻達」が仕込んでいるに違いない。

 

また、Bに入れる為のばねも付属。

6本入りで1000円ちょっとするので、ソフトベイトとしてはやや高めなジャバロンネオですが、こういったコストが掛かっている為なんですね。

 

…そんな元祖多関節系スイムベイトである、ジャバロンネオにライバルというか、刺客が現れます。

ゲーリーヤマモト ザコ

 

ゲーリーヤマモトのザコ。ブレットハイトがジャックハンマーのトレーラーとして使用し、ブレイクしました。

ジャバラボディを含めた形状がジャバロンに非常に似ています。

そして、ジャバロンネオの末弟「97」が、サイズ感もほぼ同じなんですね。

比較してみた

という訳でそっくりな両者ですが、どのような違いがあるのか、比較してみました。

テールは縦と横

 

ジャバロンが横向き、ザコが縦向きのテール。

マテリアル感は似ている

両者ともに、プリンとしたハリのあるマテリアル。

ザコはノンソルトマテリアルを採用。

ジャバロンのマテリアルは情報が無かったのですが、おそらくノンソルトに近いものを使っている感じです。

いずれも硬めでハリモチの良さを重視。

ジャバラは三段と四段

蛇腹の段数が、ジャバロンは3段、ザコは4段。

ジャバロンの方が繊細

蛇腹の細くなっている部分は、ジャバロンの方がより薄く、繊細な作り。

ウネウネ感はジャバロン。耐久性はザコ。

ザコ好き。

私は元祖であるジャバロンより先に、ザコをジャックハンマーのトレーラーとして使いこんでいました。

チャターの振動を全身の震えに変換してくれて、非常に相性が良いです。

ハリモチも良く、ガンガン投げて巻いていける仕様。

 

使い分け

個人的には、ジャバロンネオはチャターのトレーラーとして使うのはモッタイナイ気がします。

せっかくのイマカツ流ギミックを最大限活かせるのは、基本の使用用途である、ノーシンカーのスローリトリーブでウネウネ。

繊細でスイム性能の高いジャバロンネオは単体で使い込み、その実力を発揮させるのが幸せかと思うのです。

 

逆にシンプルでタフなザコは、チャターやジグのトレーラーとしてガンガン使い込むという用途。

 

まあ私の勝手な解釈ですが、あながち間違っていないかと。

そっくりですが、実はそれぞれ目指す方向性は違っている両者なのでした。

 

おまけ

レイクフォーク ライブマジックシャッド

 

こいつもそっくりです。

まとめ

基本的な意匠は似ていますが、それぞれ方向性の違う両者。

両方手に入れて、「ジャバラ道」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です