奥深きジグヘッドの世界。そっか、ジグヘッドは縦ストも攻めれるのか。

スポンサードリンク

ジグヘッドリグは横方向だけじゃないんですね。

ガード付きジグヘッドリグでの縦ストラクチャー攻略をシェアします。

 

ジグヘッドで岩盤

今回は気になる釣法のご紹介です。

 

写真:アングリングバス.netより

アングリングバスの田沢さんが実施されていた、ジグヘッドによる縦スト攻略。

O.S.Pプロスタッフの大塚高志氏のメソッドで、ドライブスティック3インチとガード付きのジグヘッドで岩盤とそれに絡む水中のカバーを縦に攻める、というメソッドです。

ジグヘッド

これまで私はジグヘッドといえば、横方向に「巻く」釣りばかりやっていました。

決して「ミドスト」と呼ばれるような高度なテクニックではないのですが、ジグヘッドといえば巻きの釣り、という勝手な固定観念がありました。

ジグヘッドワッキー

もちろん、これまでジグヘッドリグで「縦」に攻めたことが無い訳ではありません。

ジグヘッドワッキーで岩盤を攻める事はあったのです。

 

その際使うのは、ジグヘッドワッキー用の、ワームキーパーの付いていないジグヘッドです。(シンカーが丸いヤツです)

これを「縦スト用のジグヘッド」として使用していました。

 

一方で、ワームキーパー付きのジグヘッドは、「横方向に巻く用のジグヘッド」として使っていました。

「縦」もイケる

しかし、田沢さんのTwitterを見て、「ワームキーパー付きのジグヘッドでもガードが付いているヤツなら、ちょっとした縦のカバーも攻めれるよ」という事に気が付きました。

当たり前のことかもしれませんが、個人的に「気づき」のようなものがありました。

普通のジグヘッドリグですが、その使い方に面白さがありますよね。

さっそくジグヘッド購入

 

さっそくワームキーパーとガードの付いた、ケイテック/モノガードラウンドジグヘッド1/16ozを購入してきました。

 

ドライブスティック3インチは永世定番品としてタックルボックスに数パック在庫があるので、そちらを使おうと思います。

 

在庫は「ワカサギ」カラーなんですが、縦ストでちょっと深いとこも攻めるので視認性重視でもう少し濃いカラーの方が良いのかな??

とりあえずワカサギでやってみて、ダメだったらスカッパノン・ブルーフレークも買ってみよう。

まとめ

ワームキーパー付きジグヘッドはミドスト、っていう自分の中の固定観念を壊してくれたアングリングバスさんに感謝です。

早速房総リザーバーで試してみたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です