秋の亀山ダムバス釣り。濁り=強いルアーの失敗談。

スポンサードリンク

台風通過後の秋の亀山ダムへバス釣りに行ってきました。

強い濁りの残る水質を、強めのルアーで攻略というセオリーは嘘だった?

「濁りのサイト」をシェアします。

野村ボート

野村ボートさんから出船です。

ヘラ釣りの方々の大会が行われており、バサー&ヘラ師で大賑わいの野村ボートでした。

強い濁り

先週、先々週と2発の台風が通過した関東エリア。

濁りが取り切れず、カフェオレ水質のアタックとなりました。

水温は朝イチ15度、日中は17度ぐらい。

天候は晴れ。いざ出陣!

14ft&12ft体制

大人3人、14ft&12ft2台体制でのアタック。

私は14ftのバックシートに乗船いたしました。

いつもの車一台の過積載&節約スタイルです。

釣果

デコりました。乙。

12ftの友人は桃源郷を発見し、3本ほどGETしたようです。

本湖へGO!

まずは本湖方面へ。

濁りが続き、良い水質のエリアを発見できず。

濁り攻略

濁りパねえ。ってことで強いカラー、シルエット、波動で気づかせる!

って短絡的思考で釣りを展開。(`・ω・´)シャキーン

ブルフラットをいつも投げてる3.8インチから4.8インチにしてみたり、濁りに強いと言われる「青」系を中心になげてみたり。

しかし面白いぐらい無。

濁り=強いルアー?

濁りが入ったときは、気づかせるために強いルアー!

セオリー的には間違っていないはずなんですが…

どうにも反応を得る事が出来ず。

この日の私は「濁り=強いルアーで痛い目みるヤツ」でした。

折木沢方面へ

良い水を求めて折木沢方面へGO。

本湖よりも水質は良いものの、バスっ気がない!

 

プールの様子。

プールはおかっぱりの方が先行で入られていたので様子だけ見て退散。

エデンを発見した友人はサイト

昼過ぎに12ftの友人から電話がかかってきます。

いち早く水質の回復したエリアを発見し、良型を含む何本か釣れたという事でした。

 

なんでも、サイトフィッシングでGETしたとの事。

この濁りでもサイトが出来る程度に水質が回復していたエリアがあったのです。

 

とはいえ簡単ではないらしく、ワンド内にはエデンを発見したアングラーであふれていたのでプレッシャーも高く、なんとか得たバイトだそう。

おそらくその日最も魚の濃いエリアはそこだろうという話でした。

釣果情報を事前に仕入れる

エデンを発見した友人はボート屋さんの釣果情報をこまめにチェックし、事前にエデンで虫系で釣れている情報をGETしていたとの事。

「釣りに行く前から釣りは始まっている」という事ですね。

情報収集が甘い私は「釣り場に行く前の時点でデコっている」、という訳ですw

おまけ情報

亀山ダムの紅葉はまだ6分咲きという状況でした。

来週、再来週ぐらいに見ごろを迎えるのではないでしょうか。

(写真はちょっと色を盛ってみましたw)

まとめ

濁り=強いルアーという固定観念に縛られてしまいました。

そして事前の情報収集と、得た情報をもとに一日のプランを仮定し実践すること。

そのあたりが一匹に近づくためのキモかもしれません。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

前回の亀山★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です