冬の亀山ダムバス釣り。真冬の見えバスエリアを発見。

スポンサードリンク

厳冬期の亀山ダムでバス釣り!

行ってきました。春の訪れを感じる「見えバスエリア」もあり、奮闘しました。

年間を通じて最も難しいシーズンのバス釣り。「真冬のサイトフィッシング」の可能性や、亀山ダムの現状をシェアします。

ボート用品車載

連れとAM4:00に待ち合わせ。

ボート用品をフル積載して、GO!

こうしてラゲッジルームを見ると、上部にかなりデッドスペースがありますね…

釣りPLUSさんの記事で青木プロのランクル200の釣具車載方法の記事がありましたが、あれを真似して2段仕様にしたい。

現状積めるには積めるけど、美しい車載とは言いがたい…

そりゃそうですよね、現状の車載方法としては、ハイデッキ、エレキ、など重たいものから置いて、あとは積み重ねているだけなので。。

D.I.Yで2段キット作成したいなあ。でも簡単ではなさそうですw

ikahime
「準備段階から、すでにワクワクが止まらない!バス釣り楽しい。」

野村ボート

今回は野村ボートさんにお世話になりました。

おそらく、年間を通じて最もお客さんが少ない時期になると思います。

そして、年間を通じて最も釣れない時期です。

ボートたくさん余ってました…

荷物運ぶときなど桟橋を広く使えるのでイイですよw

立ち回り

ばあさんワンド

ばあさんワンドへ。

なんと陸っぱりをやっている、「真の釣り好き陸っぱりバサーさん」がいらっしゃいました。

ライトリグやビッグベイトなどを投げますが無。

つばきもと前のシャローフラット

つばきもと前のシャローフラットをシャッドなどでチェック。

しかし無。

猪の川

猪の川の水温が他エリアより1度ほど高く、8.5℃ほどあり、期待。

ネコリグやスモラバ、ビッグエスケープツインのテキサスなどで、枝に引っ掛けてのロングシェイクなどしてみます。

しかし無。

小櫃川

最後に小櫃川上流へ。念の為最上流部のプールエリアまでチェック★

真冬のバックウォーターw

当然ながら誰も居ません。連れと貸し切り小櫃川。贅沢w

しかし無。

攻め方

前日に春一番が吹き荒れたとても暖かい天候。

もしかしたらデカイヤツなんかは上がってきているのでは?という淡い期待などありました。

そこで縦ストに依存しつつ上がってこれるであろう、「ディープに隣接するシャロー」などを中心に。

ただ水温は急激には上がらないハズなので、前日に暖かかったからといって、まだ湖中には春が訪れてませんでした。

あとは水通しの良いところや、バスの「エサ」が居そうな所、水温が少しでも高いエリア、などを入念にチェック。

魚探が賑やかな定番ディープエリアなども少し。

しかし2月のバス釣り、やはり簡単では無く…

外道賞

連れが元気の良いニジマスと、元気の良い特大ヘラブナを釣って終了w

私は外道賞すらもらえずw

…外道でも、釣りがうまい人はとにかく魚に好かれている気がします。

私も魚に好かれる釣り人を目指したい。

見えバスエリア有り

今回の収穫としては、シャローに比較的魚の濃いエリアを発見できたこと。

2月でも見えバスが結構居るポイントがありました。

結構小さいサイズもシャローに居ましたよ。2月でも居るんですね~。

春の訪れを感じさせると共に、亀山の魚影の濃さを改めて再認識。

ikahime
「今回は連れが船長だったので、見えバスエリアを発見できたのは、ikahimeの実力ではありませんw」

口は使わないヤツ

ただしルアーに対する反応はイマイチ。

見えバスエリアを発見したのが、終了間際だったということもあり、食わせることが出来ませんでした。

悔しい…

真冬のサイトフィッシング

通常の釣りが難しいのなら、真冬のサイトフィッシングも成立するのかもしれません。

それが分かっただけでもikahime的には収穫です。

あとは現在かなり減水しているので、ショアラインが露呈しており、ハイシーズンに向けてチェックしておけるのも価値があります。

まとめ

「冬」と呼べるシーズン中に、唇が真っ赤な冬の亀山バスをGETしたいところです。

真冬のサイトフィッシング、必ずリベンジしたいと思います。

なんの足しにもならない記事失礼しましたw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「真冬のバス釣り、甘くない!でも季節に関係なく、最高に楽しいのがバス釣り!という事を再認識。」

関連記事★

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です