霞ヶ浦ビッグミノーパターン!今さら感凄いけど体感したから書く。

スポンサードリンク

関東バス釣りの聖地、霞ヶ浦。

そんな霞ヶ浦で、春先のバスのメインベイトとして有名なのが【シラウオ】です。

シラウオが風に煽られて接岸した際に効く、ビッグミノーパターンのススメをシェアします。

シラウオ

霞ヶ浦の春の風物詩であるシラウオの接岸。

強風に煽られて、岸際に大量のシラウオが接岸するタイミングがあります。

3月末から4月上旬にかけて、風表の護岸際で、足元に目を凝らしてみるとシラウオが目視できると思います。

シラウオが目視できたら確変です。

O.S.P ルドラ

そんなときに有効なのが、オーエスピー ルドラ 130などの、ビッグミノー。

フローティングモデルを使用します。

 

コツは、ゆっくり巻いてきて、コンコンとボトムノックしたら、巻くのをやめて浮かせます。

根掛かりを無くす為と、食わせの間を与えるためです。

 

タイミングさえ合えば、40up連発も十分にあり得ます。

かなり美味しい思いが出来ます。

ikahime
「バスの写真は、場所が写ってしまっているため、フィッシャーマンシップにのっとり非掲載とします…魚の写真がないと信憑性が上がりませんが、早春のビッグミノーパターンの威力を体感したのは真実です★ご了承くださいw」

フロントフックはダブルフックに

ルドラ、釣れるけど高いです汗

しかも人気ルアーなので、中古でも高い。なので絶対にロストしたくない。

 

しかし霞ヶ浦本湖は、基本的にマッディな水質でインビジブル。

土嚢【どのう】など非常に根掛かりしやすい、罠のような沈みモノが待ち受けています。

 

そこで、私は前2つのフックをダブルフックに交換して使用しています。

フックサイズは、4番を使用。

これだけで劇的にロスト率が下がるので大変オススメです。

 

もし根掛かりした場合は、安価ながら、非常に回収率の高いルアー回収機、レスキューテポドンで回収します。

注意点として、テポドンはスナップに引っ掛ける形式なので、スナップをワンランク強くて大きいモノにしておくことがキモです。

レッグワーム2.5インチ

また、シラウオ接岸時には、ルドラ等のビッグミノーパターンの他にも、白いレッグワームのダウンショットリグもよく効きます。

別に白じゃなくても、自分が釣れる!と思うカラーでOK

なんとなく、シラウオに見立てる為、白にします。

 

ポイントは、すぐ足元のシラウオに紛れ込ませること。

接岸したシラウオを捕食しにくるバスにタイミング良くアプローチ。

食い気の高い状態なので高確率で食ってきます。

 

そして風が強いほど良いです。

水面が波立ち、バスに気づかれにくく、騙しやすいです。

 

シラウオだけじゃない

シラウオだけでなく、ワカサギがメインベイトになっている場合にもよく効くパターンです。

霞水系のワカサギは、15センチから17センチほどの大型のワカサギで、こいつらが打ち寄せられている時も確変突入中。

信じて投げ続けると良い思いが出来ます。

 

まとめ

様々な雑誌やメディアなどで紹介され尽くしている【霞水系でのビッグミノーパターン】。

もうご存知の方が多いとは思いますが、実際にその爆発力を体感した身として、改めてご紹介させていただいた次第です。

 

とにかくハマると爆発力が凄まじいです。

 

早春のシラウオ、ワカサギ接岸時のビッグミノーパターン、是非試してみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です