霞ヶ浦おかっぱりがワイルドハンチで快適になる理由。

スポンサードリンク

関東バスフィッシングの聖地、霞ヶ浦。車でランガンするのが最高です。

広大な霞ヶ浦で、どのように過ごしたら良いのか。

霞ヶ浦陸っぱり初心者に向けて、霞ヶ浦の陸っぱりの楽しみ方のコツをシェアします。

以前も似たような記事を書いていますが、主張したいことは何度でも!ということで、書きます。

霞ヶ浦での陸っぱりにおいて、スムースでストレスのない立ち回りをするにはどうしたら良いかシェアします。

霞ヶ浦周遊道路をランガン

 

まずは基本的な立ち回り方です。

霞ヶ浦の周囲は、周遊道路で囲まれており、ここを車で移動しながらめぼしいポイントを打っていきます。

この周遊道路を車で流しているだけで最高に楽しいのが霞ヶ浦陸っぱりの美点。

ただ、自転車で走っている方がとても多いので、注意が必要です。

それから道幅が狭いので、駐車する場合はスペースがある場所に駐車するようにします。

対向車にも注意してください。

 

ドック周辺、出ている水門、護岸際

 

広い霞ヶ浦で、初めて陸っぱりをする場合、悩むのが「一体どこで釣りをしたらいいのか」と言う事。

フィッシャーマンシップにのっとり、具体的なポイントの言及は避けますが、まずは雑誌などに載っている有名なポイントをランガンしてみるのが良いと思います。

 

そして私が実感した’釣れる’場所は以下になります。

・ドック(ボートヤード)周辺がおすすめです。ボーター達が検量したバスをリリースする場所となっており、魚が濃いことが多いからです。

・水が出ている水門。’カレント’が効いている場所ですね。

・護岸際。足元です。すぐ足元の護岸際でバスが釣れることが多いです。なので、テクトロすると良いです。’テクトロ’というのは、’てくてくトローリング’の略です。歩きながら護岸際をクランクベイトなどを泳がせることを言います。

強いのと弱いリグで攻める

可能であれば陸っぱりバッグを購入して、2タックル体制で攻めるのが吉です。

(私はリーニアのおかっぱりバッグを愛用しています。デザインがかっこよく、機能性も高くて気に入っています。ロッドホルダーが別売りなのでその点気をつけてください。)

 

なぜなら、霞ヶ浦のバスを釣るコツとして、「強いのと弱いの両方投げてみる」ということが言えるからです。

特にココ居そうだな~っていう一級ポイントに関しては、強い釣りと弱い釣りを両方試してみてください。

 

あとは巻き物なら、S級ポイントは何度も通す。

これらは霞ヶ浦でバス釣りをする上でのキモです。これを意識するだけで獲れるバスが増えるはずです。

人がやっているところをやってみる

 

初めて行って、ポイントが分からない場合は、まずは他のアングラーがやっているポイントをやってみるのも良いと思います。

誰かがやっているということは、実績のあるポイントである、という可能性が高いということです。

安いルアーを投げる。

マッディな水質で、土嚢(どのう)などの沈みモノが大量に待ち受ける霞ヶ浦。

どうしても慣れないうちは根掛かりが多発してしまいます。

ルアーをロストするとマジでテンション下がりますよね。

 

そこで、解決策として出来るだけ安いルアーを投げることをオススメします。

私は霞ヶ浦でおかっぱりをするときは、1000円以上で購入したルアーはあまり投げないようにしていますw

 

例えばクランクベイトならDAIWAピーナッツや、安価なDUOやDEXのルアー、タックルベリーで安く購入した中古をメインに使用します。

 

 

ピーナッツシリーズ。無くしても痛くない価格。

 

 

DUOのレアリスクランク。

DUOは各社ルアーのOEM生産をしているメーカーですので、性能は折り紙つき。

 

DEXはBerkley(バークレイ)のハードベイトブランドで、安価で良質なルアーが魅力のブランド。

ワイルドハンチの中古がめっちゃオススメ。

あとは、最近はエバーグリーンのワイルドハンチを中古で安く購入して使っています。

2016年のバサーオールスタークラシックで、北大祐選手のウィニングルアーとなったことでも話題となりましたね★

 

なぜワイルドハンチなのか、というと。

・まず、タマ数が多くて手に入れやすいです。タックルベリーに行けば、大抵転がってます。

・そして、相場がだいたい800円~1000円ぐらいとお手ごろ価格。

・実釣性能は折り紙つきなので、信じて投げ続けられます。

中古のハンチ、オススメです。

 

フック交換必須

中古ルアーは必ずフック交換します。

おすすめはリューギ[RYUGI] ピアストレブルTCコートですね。刺さりが良い!

ワイルドハンチのフックサイズは、フロント:#7・リア:#5 とのこと。ちょっとめんどくさいw

 

安価でも評判や実績のあるルアーはたくさんありますね(^^)

ルアー回収機

 

ルアー回収機を必ず用意します。

私のおすすめは、ベルモントのルアーリトリーバーと、レスキューテポドンです。

 

これらをオススメする理由はこちらの記事で★

タモを用意する

ランディング用のタモはあったほうが良いです。

みんな持ってる?スーパートリックスターネット380がオススメです。

正直ちょっと高いですけど、とても作りが良くて長く使えるし、足場の高い場所からも確実にバスをランディングすることが可能です。

長靴をトランクにぶち込んでおこう

基本的には足場の良い場所の多い霞ヶ浦水系ですが、増水時など、護岸際が水没していることもあります。

そんなとき、長靴があると便利です。

 

定番は日本野鳥の会の長靴。私はコレを愛用しています。

コスパ良いし、デザインもカワ(・∀・)イイ!!ちょっと厨二っぽいけどカモフラにしましたw

とてもコンパクトにたためるので、車のトランクに常備しておいても邪魔になりません。

Megabassのモバイルフレックス長靴も似た商品です。

野鳥の会のモノとお値段はさほど変わりません(6000円ぐらい)

こちらも小さく折りたたむことが出来てナイスです。

 

他にもささめ針から、「タタムブーツ」という商品もリリースされています。こちらも折りたたみできる長靴。

野鳥の会にデザインが似ていますねw

まとめ

車でランガンすると超楽しい霞ヶ浦陸っぱり。

まだ行ったことのない場合、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です