霞ヶ浦おかっぱり。テナガ喰い&テナガエビを求めて。

スポンサードリンク

初夏の霞ヶ浦おかっぱり、引き続きテナガエビパターンの検証です。

前回は完デコでしたが、今回は子バスの反応を得る事が出来ました。

 

週末は茨城にいます

 

ここのところ、所用があり、週末は茨城で過ごしております。

ついでに霞ヶ浦おかっぱりに行っているのですが、まあ難しいです(;^ω^)

毎度さえない釣果ですが、こうやって立ち回るとダメ、という反面教師的な記事です。

釣果

30cmぐらいのマメバス一本でした。

すいません、足元でオートリリースしてしまったのでノーフォトです…

ばらしたともいいますw

テナガエビパターン予習

 

前回散々だったので、JACKALLの馬場氏による馬場TUBEを見て予習していきました。

5月~6月の霞水系×テナガエビパターンというニッチでコアな動画ですが、霞水系の迷える子羊にとって、大変ありがたい動画です。

こういった動画をUPされている馬場氏、そしてJACKALL社のきめ細かい仕事には感服であります。

 

リグや動かし方など、馬場TUBE、非常に勉強になります。

 

動画では北利根川、スノヤワラ周辺、上陸利根川や外浪逆浦等で釣りをされているようです。

欲を言えばエリア選択のキモなどもお話して頂けるとより参考になるのですが…(*^^*)

シザーコームの3.8インチ

 

さっそく、シザーコームの3.8インチをGETしたのは言うまでもありません。

‘霞テナガ’カラーは人気で在庫が無かったので、同じ甲殻類かなってことでザリガニカラーをチョイス。

 

手持ちのエグジグワッキーストロングの1.8gのジグヘッドでフィネスな感じで使ってみます。

残念ながら、動画に登場するネコシュリンプは売ってませんでした。

O.S.Pのテナガエビ記事

他、O.S.Pのテナガエビ関連の記事を読んでお勉強。

ドライブシュリンプ4インチ

 

‘ジャストテナガサイズ’なドライブシュリンプの4インチをGET。テナガっぽい’カワエビ’カラーです(*‘∀‘)

効果的だという、ネコリグでの使用をメインにしてみます。

 

朝イチは巻いてみる

 

朝イチはスピナベやチャターで巻き巻きしてみるも無。

さっそくテナガ喰い狙いのフィネスパターンに移行します。

 

テナガエビはこんなところに居る!ハズ。

 

とりあえずドックの壁や水門、テトラ帯などテナガエビが居そうな所を撃っていきます。

また、「ハードボトム」もキーという事なので、ロッドティップを突っ込み、底質を調査。

(大きく分けて、主に砂っぽいところと、ゴロゴロとした岩盤っぽい底質のエリアがあります。)

この辺は通いこむうちに調査せずとも分かってくるところかと思いますが…

出来るだけハードボトムなエリアで釣りをするようにしました。

こんなところでHIT

 

お豆さんが釣れたのはこんなとこでした。

ゴロタ石が積みあがった場所で、これはエビもエビ喰いバスも居るだろうと。

シザーコームのジグヘッドをちょこちょこ動かしていると、コンコン、という小気味よいバイト。

 

岩の中に元気に突っ込んでいきました。

 

ギルバイトかもしれませんが、他にも何度か乗らないバイトもあったり。

 

エビとエビ喰いバスが溜まってるエリア…な気がしましたがどうでしょう。

エビを目視しようと足元をのぞき込みましたが、確認出来ず。

 

結局、ちょこちょことショートバイトが有ったため、ここで1時間ぐらい使ってしまいました。

一か所に固執しすぎです。この立ち回り方も問題アリですよね。

 

まだ見ぬテナガエビ

 

散々テナガエビテナガエビ言ってますが、じつはテナガエビを見たことがないという体たらくです。

テナガエビ見たことないのにテナガエビパターン語ってます。

これじゃダメですよね。

次回はテナガでも獲ろうと思います

という訳でバスがなかなか相手してくれないので、次回はテナガエビでも狙ってみようかなと思います。

でも、テナガエビも簡単には獲れないんだろうな…やる前からなんとなく予想は出来ますw

 

結局、狩猟民族にしか獲れないんだろうな…

私のような農耕民族は、バス釣りも下手くそだし、多分テナガエビ獲りも同様に難しいんだなと。

 

…とはいえ、やってみない事には釣りもテナガ狩りも上達しないはずなので消耗してみようと思います。

 

まとめ

素人がテナガエビパターンを狙ってみた結果でした。

次回こそ良型をGETしたいところです…

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です