房総半島バス釣り合宿 片倉ダム編。

スポンサードリンク

一泊二日の房総バス釣り合宿に行ってまいりました。
二日目の片倉ダムでは、釣りウマな友人の指導の元、
エリア選択の訓練を行うことに。

急激な冷え込みでバスの居場所を特定することが出来たのか。
最上流で40UPを連発!?

片倉ダム

房総バス釣り合宿二日目は、片倉ダムへ。
今日の目的は釣りウマの連れに私の釣りを見てもらい、どこがダメなのか指南してもらう、というもの。

いったいどうなることやら。
 
片倉ダム 笹川ボート

 

天候は最高気温25度、最低気温23度。
水温25度。
曇り/雨。

前回は30度近い水温だったため、一気に水温が下がり、秋の訪れを感じさせる涼しく過ごしやすい一日となりました。バスの反応やいかに。

笹川ボート

笹川ボート

笹川ボート

 

レンタルボートはいつもお馴染みの笹川ボートさんを利用しました。

笹川ボートさんでは、40UPのバスを釣った写真をHPに載せると、ポイントカードのポイントをGETすることができます。
詳しくはボート屋店主に聞いてみてください。

今まで知らなかった…

出船時刻&下船時刻

私が出船は5:30。下船は17:00です。

片倉ダムポイントMAP(クリックして拡大)

katakura_map

 

 

釣果

片倉ダム バス

 

釣果は、私が6本、連れが10本以上。(40UP数本含む)と大満足な釣果となりました。

要所要所でナイスな片倉バスが反応を示してくれました。片倉ダム、釣れてます。

当日の立ち回り

最初はビリ沢、小坪井沢方面を流していきます。
まずは活性の良い魚を探して、スピーディに探っていきます。

表層に見えバスはあまり居なく、ボイルも起きていません。

前日から降っている雨の影響で、水質は濁りが入っています。
まずは巻物で広範囲をサーチ!ってことで3/8ozのnoriesクリスタルSのチャートカラーなど、アピール強めのルアーで流してみます。
しかし反応は無し。
そこでネコリグやジグで探っていくとレギュラーサイズがぽろぽろと反応を示します。

ここまでの反応を見て、急激に水温が下がったことにより魚のレンジが少し変わった?と仮説を立ててみます。
縦ストラクチャーを伝って、適水温のレンジに魚が移動している可能性があるので立ち木エリアをO.S.P ブリッツMRで攻めてみます。
  
立ち木エリアで枝に当てながら巻いてくるとレギュラーサイズが。

O.S.P ブリッツMR ブラックバス

 

 

 
 とりあえずのボウズ逃れGET。

この日は前日夜からポツポツと雨が降っており、濁りが入っている状況。
カバーにべったり依存する可能性は低いはず…ですがカバーも一応チェック。

ナイスサイズはお留守でしたが
ここでもドライブクローラーのネコリグでレギュラーサイズをGET。

片倉ダム ブラックバス

 

そんなこんなでレギュラーサイズを揃えて午前中は終了。
ナイスサイズは居場所を特定できず。

ここで連れからアドバイス。
「とにかく1つのエリアに時間をかけすぎ。エリア内でも、複合要素で可能性の高い場所だけ打って、どんどん移動すること」
「なんとなく流しているのは時間の無駄。見切ったら潔く移動すること」

どうも私は1つのエリアに時間を使いすぎるようです。
もっと湖全体を大きく見ることが大切みたいです。

お昼休憩にします。

 

 

午後の立ち回り

 
片倉ダム 笹川方面
 

午後はより良いエリアを求め、笹川、チョウシグチ方面へ大移動。
笹川ボート対岸の、ウィードエリアをジグ&テキサスで打っていくとまたまたレギュラーサイズを追加。

ヒットルアーはプロズファクトリーのインキュベータージグ3/8oz、トレーラーはdepsバルビュータ 3.5インチ。

 

しかしレギュラーサイズからの反応はあるものの、ナイスサイズからの反応はありません。
ここで連れの提案で田代橋、小坪井橋方面の上流エリアへ大移動することにしました。

最上流エリア

バックウォーターに到着。エレキがつっかえて進めないぐらいの浅瀬で、慎重に進みます。
水がとても良く、しかし適度に浮き草が浮いていて、狭いバックウォーターでバスとの距離が近くても食わせられそうな良い条件。

TALEXレンズの偏光サングラスで観察していると、ふらふらと良型が何本も上がってきます。

ローライトコンディションで、オーバーハングの下という’見えない’状況にもかかわらず、TALEXレンズは良好な視界を確保してくれます。

 

進行方向にノーシンカーリグをキャストし、STAYさせます。
連れが46センチのいい魚をGET。その後も40UPを連続HIT。
 
 
  ヒットルアーはエバーグリーンのラストエース。

私も釣りたい…
するとふらふらしているバスがあがってきました。

ゲーリーヤマモト カットテール3.5インチノーシンカーのマスバリワッキーでGET。
40あるかないかのガリクソン君でした。

片倉ダム ブラックバス

 

最後の1時間でバスの居場所を発見することが出来ました。
もう少し早く発見できていればもっと釣果を伸ばせたかもしれません。

私が午前中のんびりやりすぎましたw
そんなこんなで時間になり納竿となりました。

まとめ

今日は私の釣りを、連れに見てもらってダメなところを直すのが最大の目的でした。
結果、以下の課題が浮き彫りに。
 
・ジャンクフィッシング(適当な釣り)をしない。
・マクロの視点を持ったエリア選びを心がける。
・望みが薄いエリアは早々に切る。
・コンフィデンスとなるハードルアーを増やす。
・前回釣れたポイントにこだわらない

私はどうも望みが薄いエリアに時間を使い過ぎる癖があるみたいなのでそこを改善していきたいと思います。

房総バス釣り合宿終了

1日目亀山ダム、2日目片倉ダムの楽しいバス釣り合宿はあっという間に終了し、いろいろと課題が見えてきた有意義な2日間となりました。
もっと釣りがうまくなりたい…

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

その他の房総半島釣行についての記事

亀山ダム釣行

片倉ダム釣行

豊英ダム釣行


 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です