早春の片倉ダムバス釣り。カバードーンが火を吹いた!エスケープツインで釣れたよ!

スポンサードリンク

 春の片倉ダムバス釣り。

ビッグフィッシュ狙い!に春の片倉ダムへ行ってきました。

エスケープツインのビフテキリグで片倉ダムの立木攻略!

片倉春バスをシェアします。

 

笹川ボート

いつもの笹川ボートさんにお世話になりました。

3月の出船時間は6:00〜16:30です。

状況

天候は晴れ曇り。巻いても打っても良さそうなバス釣り日和。

しかし気温は低く、最低5度、最高12度。まだ防寒が必要です。

水温は10〜11度。

減水しています

 

平常時50cm減ぐらいでしょうか、やや減水傾向です。

釣果

私はデコりました。

連れが釣ってましたw

小坪井沢、ビリ沢方面で最大40㎝を筆頭に、立て続けに4本HIT!

全部水深3mぐらいのシャローエリア。

 

うらやましい…私も釣りたい(;ω;)

殺気が出すぎたのかノーバイトで終了です。

ボート屋さんの釣果情報によると、ポツポツと釣れてはいるものの、全体的には厳し目な釣果。

立ち回り

 

まずはビリ沢、小坪井沢方面へバウを向けます。

ダダ流しして様子を見ます。

ここぞというポイントで、ジグやテキサスで立ち木や岬の地形変化などをひたすら打っていきます。

 

すると狭いエリアで、連れが4本連続ヒット!

私もおいしい思いが出来るかも!?と期待しますw

沈黙の時間帯

 

しかし、そこからは続かず、沈黙の時間帯に突入。

ビッグワンを求めてIDO

かなり狭いエリアで連続HITしたので、そのエリアに魚が濃いことは確信を得ていました。

しかしビッグワンは出ていなかったので、移動することに。

その後、笹川ボート周辺で奮闘するも、バスからの返事は無し。

春のバス釣り、難しいです。

ヒットルアー

エスケープツインのビフテキリグ。

 
カラーは、伊藤巧氏肝いりの、プロフェッショナルセレクト「442 カバードーン」でした。
 

あとは043 ライトグリーンパンプキン。

私も、「382 ブルーキャスティーク」を投げ倒してみましたが…動かし方、アプローチ方法がまずいのか、反応はナシw

春バスに黒/赤の配色が効いたのか!?

でもグリパンでも釣れているので、腕の差ですねw

釣れた場所

全部水深3mぐらいのシャローエリアにて。

共通して、水通しの良い岬に、立木が密集したエリアでした。

 

ここからはおまけ。

24V/12Vのエレキについての考察です。

12vのエレキは準備が楽。

ここ最近は、ずっと連れの24vエレキで、バッテリー二発でした。

今回は3人で、ボート2台だったので、私の12vエレキを出動。

 

久しぶりに12vのエレキを出動させると、準備がかなり楽なことを再認識しました。

でも遅い

 

でも24vに乗り慣れると、12vの遅さも身にしみますw

エレキの可搬性と機動性のジレンマ、難しい問題ですね。

 

今日の荷物テトリス

今日の荷物テトリス。

バッテリー1発だと、車載も楽です。

まとめ

難しいですが、ポツポツ釣れ始めている片倉ダムでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です