片倉ダムバス釣り。ボート屋、エリア特徴まとめ。立ち木、アオヤロウマシマシで。

スポンサードリンク

亀山ダムの存在感に押され、ややマイナーな感じのする?片倉ダム。

大量のアオヤロウや立ち木郡が待ち受ける魅惑のフィールドです。

3つ存在する各レンタルボート店について各エリアの特徴をシェアします。

また片倉ネタでスイマセンw

片倉ダムへのアクセス方法、ボート屋をご紹介します。

そして大量のアオヤロウや、立ち木郡にアクセスするにはどのボート屋を利用すれば良いかまとめました。

フィールド概要

 

 

笹川湖(片倉ダム)は亀山ダムの笹川上流に位置するダム湖です。

ダムが完成したのは、2001年11月ということですので、比較的歴史の浅いフィールドと言えるでしょう。

主要リザーバーとの位置関係はこんな感じです。

すべて千葉県君津市に位置します。

君津市は、房総バス釣りパラダイス!ですね。

アクセス

ikahime的オススメルート。

館山道を南下して、君津出口で降ります。

そこから房総スカイラインを目指すルートです。

3回曲がるだけなので簡単です。

意味有るか微妙ですが、君津出口と、曲がり角の写真を載せておきますw

君津出口

 

館山自動車道を南下し、君津icで降ります。

1回目

 

君津icを降りたら突き当たりますので、鴨川、房総スカイライン方面へ左折。

 

2回目

房総スカイラインの入り口、「東粟倉」(ひがしあわくら)の交差点を左折。

3回目

最後に房総スカイライン終点を、左に行けば亀山ダム、右に行けば片倉ダムにアクセス可能です。

ここは写真撮り忘れましたw

「ブラックバス 亀山レコード6x.x cm」みたいな看板が目印ですw

 

私はいつも亀山、片倉はこのルートでアクセスしています。

簡単ですし、房総スカイラインがタダで、なかなかの快走路だからです。

 

君津icを降りてから、30分ぐらいです。

ボート屋

 

ボート屋の場所はこんな感じ。3つありますね★

・ダムサイトに最も近い笹川ボート。

・中流域に位置するすずきボート。

・笹川バックウォーターに位置するもとよしボート。

笹川ボート

最もダムサイトに近い笹川ボート

 

車からボートまでの荷物運搬方式は、亀山ダムのボート店と同じ、電動カートスタイル。

楽に運搬可能ですが、駐車場から桟橋まで結構な断崖絶壁で急坂です。

 

なので、電動カートの扱いに慣れていない場合は要注意。

自信がなければボート店のスタッフがお手伝いしてくれます。

 

立木群を攻めたいなら、笹川ボートがオススメです。

ビリ沢、小坪井沢方面にはエンドレス立木が待ち受けています。

すずきボート

 

私はすずきボートさんは行ったことがないのですが、電動ではなく、エンジン付きの運搬車両での運搬になります。

操作はボート屋のマスターが行うスタイル。

笹川上流域、ダムサイト側どちらにもアクセスできる中流域に位置しています。

 

もとよしボート

 

 

 

お次はもとよしボートさん。

車からボートまでの荷物運搬方式は、まさかの軽トラスタイル★

ボート屋のマスターが手際よく軽トラで運搬してくれます。

 

房総エリアのレンタルボート店で、軽トラによる運搬スタイルはおそらくもとよしボートのみで味わうことが出来ますw

 

最も流量の多い笹川最上流に位置し、バックウォーターでのサイトフィッシングが楽しめます。

 

また、笹川上流域はシーズンになるとアオヤロウまみれになります。

 
 

アオヤロウ攻めたいならもとよしさんがオススメです。

料金

すべてのボート店で料金は共通です。

1名:2,900円 

2名:4,100円

3名:5,300円

になります。

アオヤロウ

 

なんと言っても、片倉ダムは、ハイシーズンのアオヤロウの大量発生が特徴。

立木群

 
 

そしてアオヤロウと共に、片倉ダムの名物である、立木群。

亀山ダムに多い竹のレイダウンはほとんど無く、代わりに立木群が形成されています。

釣れそうなポイントが無限にあって、絞りづらいのがデメリット。

ただ見ているだけでテンション上がりますね★

亀山より空いてるゾ

お隣亀山ダムの大変な人気ぶりはご存知の通り。

そんな亀山ダムよりも、人的プレッシャーは幾分か少ないのも片倉ダムの大きな魅力です。

まとめ

大変魅力的な要素の詰まったフィールド、片倉ダム。

その魅力を味わいに、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です