かっ飛びチューニングキットは本当にかっ飛ぶのか。AIR HDを試したゾ。

スポンサードリンク

いにしえから存在する、リールのベアリング交換チューニング。

ヘッジホッグスタジオからリリースされている、かっ飛びチューニングキットを試してみました。

「かっ飛び」というネーミングであるが、その効果やいかに。

かっ飛びチューニングキット AIR HD インプレ

ヘッジホッグスタジオからリリースされている、「かっ飛びチューニングキットAIR HD 」を購入し、リールのベアリングチューンを実施しました。

何種類かあり、今回試したのは最高峰のAIR HDと呼ばれるモデル。’18バンタムMGLにインストールします。

セラミックベアリング

左:純正 右:かっ飛びチューニングキット

 

このAIR HDの最大の特徴は、セラミック製のボール。純正も含め、普通はステンレス製が一般的。

メカニカルな見た目がカッコよく、異素材感がいかにもチューンしました、という風情。

回転性能に優れている、という触れ込みですが果たして。

オープンタイプ

それと、オープンタイプというのも特徴。ちっちゃい玉が側面から見えています。(片側のみ。もう一方はシールド。)

純正品は両面シールドで玉が見えません。

 

長短あって、一般的にオープンタイプの方が抵抗が少なく、回転性能が良好。

しかしオイルが飛びやすく、頻繁なメンテナンスが必要。また、ゴミが侵入しやすく、耐久性にも欠けます。

 

ただ極端な話オイルレスが一番飛ぶ訳で、ドライ状態に近い究極の回転を求めるなら、オープンタイプをこまめに注油することでそれに近いフィーリングになります。 

バンタムMGLへのインストール

 

バンタムMGLの場合、サイドプレートのベアリングと、スプール軸のベアリングを交換します。

必要工具

 

バンタムMGLへインストール時に必要な工具。

上から、

・HOZAN製先曲がりピンセット

・ハンドルノブキャップリムーバー Ver.2

・スプールベアリングリムーバー Type:R

です。

HOZAN製ピンセット

ピンセットはベアリングを止めてる金具(ベアリングストッパーリングを外すのに使用。

ぶっちゃけ、つまようじ等でも代用可。

ハンドルノブキャップリムーバー

ハンドルノブキャップリムーバーはサイドプレート側のベアリングをサルベージするのに使います。

 

バンタムMGLは、防水対策等で、ボールベアリングにゴムのOリングが装着されています。(上写真)

そのため、サイドプレート側のベアリングがゴムの抵抗で外しにくいのです。

スプールベアリングリムーバーTypeR

 
 

スプール軸のベアリングは、小さなピンが圧入してあり、それを外さないと取れません。

ピンを外すのにスプールベアリングリムーバー Type:Rを使用します(*’ω’*)

詳しい使い方はヘッジホッグスタジオさんのサイトを参照ください。

オープンタイプベアリングの向き

ちなみに余談ですが、オープンタイプベアリングの装着向きは、ゴミが入りやすい場所など特別な事情がない限り、オープン面を見える方向にするのがイイです。

メンテナンスしやすい向きにしてあげるという事です。

飛距離はさほど変わらない。

交換後、早速インプレです。ぶっちゃけると、飛距離はさほど変わりませんでした(;´・ω・)

リールの飛距離が何メートル、という話は、少しの条件やキャストの力加減で変わってしまうので、あまりアテにならないと思います..

 

それでも念のため、ラインカウンターで飛距離を測ってみたりしました。

少しだけAIR HDの方が飛ぶような気もしますが、ほぼ誤差の範囲。

 

たぶん、プラシーボ効果。AIR HDで投げるとき、微妙に私の筋肉が盛っているw

大枚はたいて交換したベアリングで飛距離が変わらないとしたら、ショックですから…

 

しかし、やはり結論としては、劇的に飛距離が伸びるというものではないです。

スイートなツキのいい、フィーリング。

主に変わったのは、キャスト時の回転フィール

んー、言葉で説明するのが難しいですが、明らかに変化があります。よりスイートな感覚で、なんか気持ち良い。

 

具体的に言うと、回転のツキが良くなり、アングラーが欲しい回転数に維持しやすくなる

同時に、あらゆる回転域で、引っ掛かり感が極めて少ないスムースネスも生まれました。

 

とはいえ、純正が悪かったワケではないのですが…

トラブルが減った。

ツキが良くなった結果、トラブルレス性能がUP。

初期の立ち上がりがスムーズで、軽量ルアーも、レスポンスよく投げられる。

 

それと、適当な感じで投げたときバックラッシュしにくい!

この点はかなり評価できます。

 

ライントラブルの軽減は、釣りを快適にしてくれる効果がかなりデカい。

それを3千円ちょっとで得られるならば、イイメニューです。

セラミックベアリングは音が変わる

それと、セラミックベアリングの副産物として、音が変わりますね。

ゴロゴロした低音のような感じがします。

耐久性

ヘッジホッグスタジオのベアリングは、耐久性が純正に比べてUPするという話もあります。

これは、正直まだ長期的に検証出来ていないので、追記したいと思います。

ややお高い?どうなの?

ご存知のように、リール用のベアリングは、ミネベア製の汎用品なら一個数百円で入手可能。

ヘッジホッグスタジオさんの2個で3,680円は、非常に高価な部類です。

 

ただ、安価なモノは当たりはずれがあります。(工業製品なので、ある程度仕方ない)

不具合分も考慮し発注するのが、日常的に扱う方々にとって常識らしい。

とはいえ、個人的に安いベアリングを小ロット注文した際、明らかに回転が悪いベアリングが届くなんてことは経験してないですが…

 

しかしせっかく手間暇かけてチューニングしたリールなので、最高ランクのモノで確実にグレードアップしたい。

選別をしっかりと実施している点を考慮すればさほど高くない、と感じます。

 

それと、セラミック製のものは他での購入方法を知りません(;’∀’)

汎用ベアリングの参考価格

一応バンタムMGLのスプールベアリングに適合する、ステンレス製オープンベアリングの番手を載せておきますね。

※追記:DDL-1150は、内径5mm×外径11mm×幅4mmですね。下記のリンクは間違いです、大変失礼しました。

汎用ベアリングを注文する際は、内径、外形、幅が適合しているかよく注意してください。

ノーマルのベアリングがとてもモッタイナイ

 

かっ飛びチューニングキットの欠点です。

 

前述したように、バンタムMGLの場合、ゴムのOリングが外周に装着されたベアリングが標準装備。(写真左)

おそらくキャスト時に生じるベアリングのブレを軽減し、フィールを向上させる目的で装備されたモノ。

シマノらしいきめ細かい仕事に感服です。

それなりにコストがかかってそうですが、かっとびチューニングキットのインストールで、せっかくの仕様をデチューンする事になります。

 

「ちょっとモッタイナイなあ。」私もそう思います。

でも他のリールに移植して楽しむなどして、活かすことが出来ます。

結論:変化はあるのか。

「結構高いけど、純正と変わるのだろうか。どうせプラシーボ効果でしょう」

私もそう思っていました。

 

しかし、実際に変えてみたところ、キャストフィールに何らかの違いを感じられる変化があった、と断言します。

 

正直言うと、キモチ的な面も大きいです。しかしそれも含め、微差を楽しむことこそ、リールカスタムの醍醐味です。

まずは一歩、ベアリング交換をしてみて、そこからベアリングの回転感覚についての求道をしてみてはいかがでしょうか。(壮大)

まとめ

以上、セラミックベアリングによる、ベアリングチューンでした。

とても楽しく、交換も簡単なのでぜひやってみてくださいね(*’▽’)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ヘッジホッグスタジオでベアリングを見る★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です