KDW 10Mソケットで’19アンタレスのハンドルカスタムしてみた!

スポンサードリンク

カケヅカ製作所から着弾したジュラルミン10Mソケットを使用し、’19アンタレスのハンドルを交換してみました。

痒い所に手が届くツールと、アンタレスのハンドルカスタムサンプルのご紹介です。

カケヅカデザインワークス ジュラルミン 10M ソケット

 

かけづかKDW代表さんにジュラルミン 10Mソケットを送っていただきました。写真のシャンパンゴールドのツールです。

(おねだりクソブロガーに送付していただき、いつもありがとうございます(´;ω;`)ブワッ)

 

’19アンタレスや、カルカッタコンクエストの純正ハンドル、またAvail社製のハンドルは、ハンドルロックナットが奥まった位置になっています。

トラストレンチ Ver.3だけでは届かない位置なので、ソケットを装着して外すという訳です。

’19アンタレス ハンドル カスタム

 

’19アンタレスは、ロックナットが樹脂製のカバーで覆われており、ネジ一本で外せます。

 

カバーを外すと、ロックナットが奥まっている事以外は全く普通のリールと同様の作りでした。

 

早速、10Mソケットを装着したトラストレンチ Ver.3で外していきます。問題なく、ハンドルを外すことが出来ました。

面で捉える

さて、10Mソケットの使用感ですが、ハンドルロックナットをしっかりと面でとらえてくれて、傷をつけることなく着脱することが可能です。

 

無い時どうしてたの?というと、車やバイクいじり用のKTC製ソケットレンチを使ってました。

これが小さなアルミ製のナットを外すように出来てないので、傷が付いたりしてしまう。

 

ほんの小さな道具だからこそ拘りたいですよね(*’▽’)

アルミアルマイト仕様でカッコイイソケットは、リールカスタム魂をくすぐってくれる逸品です。

スタジオコンポジット RC-SC EX PLUS 88mm

 

スタジオコンポジットのカーボンクランクハンドル RC-SC EX 88mmを装着しました。

スタードラグが干渉するか?と思いきや、ハンドルに同梱されているスペーサーをかます事で、事なきを得ました。

かなりギリギリですが、正常に作動します。

 
 

アンタレス+スタコンという組み合わせは定番のパワー系リールカスタムですよね。

という訳で、やっぱり似合う。鏡面仕上げのルックスと漆黒のカーボンがとてもマッチ。

パワー系ハンドルの雄、スタジオコンポジット製のカーボンハンドルを完全に自分のモノにしています(謎)

いやあ、カッコいいという事です。

Avail オフセットハンドルSTi 2.5

 

続いて、バンタムMGLから剥がしたAvailのオフセットハンドルSTi 2.5を装着してみました。90mmです。

こちらもスペーサーなしだとうまく取付出来ず。

ちょっとこちらは装着可否を正確に確認出来ていませんので、現状あくまでイメージ画像という事でお願いします。(確認後、追記します。)

ハンドルロックナットも右用が無かったので、スタコンのヤツを仮で装着。

 
 

前にご紹介した通り、純正イメージを壊し過ぎないアップデートが可能なAvailハンドル。

スマートでイケメンルックなアンタレスにめっちゃ似合いますね(*’ω’*)

アンタレス、カスタムイケるわ。

 正直、アンタレスはフルノーマルで完成されていてカッコイイから、もはやカスタムするところがないゼ。と思っていたのですが…

ハンドルを交換してみたら、全然似合っちゃうし、カッコ良かったw

という訳で、’19アンタレス、ばりばりカスタムしようと思います。

まとめ

以上、KDWツール&’19アンタレス ハンドルカスタムについてでした。

適切なツールがあると、リールカスタムが捗るし、楽しいです。

ikahimeを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

HEDGEHOG STUDIO トラストレンチ Ver.3

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です