[口閉じ尾開き]計測を無理にやらない3つの理由

スポンサードリンク

バスの全長は「口閉じ尾開き」で測ると正確…?

釣れたあとのバスは口が開いている事が多いので、無理にやらなくてもイイんじゃないか、という個人的思考です。

口閉じ尾開き

 

まず、「口閉じ尾開き」とはいったい何なのか、という話。

バスの体長を測る際に、バスにさせるポーズ?の事です。その名の通り、口を閉じて、尾を開いて計測します。

どうなるかというと、短くなりますw

口開き尾閉じだとどうなる?

 

※1枚目とは別の魚です。

逆に、口開き尾閉じ」状態だとどうなるのでしょう。

口が開いていると1~2センチ長くなり、尾っぽをぎゅっと集めるとこれまた1センチぐらい長くなりますw

写真のバスは口と尾っぽで2センチぐらいサバ読んでます。

正確に測りたい..というアングラーの要求から生まれた?

釣れたバスの体長をより正確に測りたい…

きっと、そんな要求から生まれた測り方だと思います。

 

自己防衛策!?

割とラフな計測方法w

 

誰しも、自分の釣った魚の長さに対して、実際はもっと短いのでは?と言われたくないですよね。

それに対する、防衛策のようなモノが、「口閉じ尾開き」計測、なのかなあ。なんて風にも思います。

 

口閉じ尾開きを無理強いしない

そんな「口閉じ尾開き」計測方法ですが、私は無理強いはしないようにしております。

以下理由です。

 

理由1. 口を開けてることが多い

釣れたバスは結構な割合で口を開けていることがあります。

プランタースケールの上にのせても、まだ開けている。

結構力を入れて口を閉じてあげないと、閉じない事が多々あります。

なんだか無理させている様な気がして、そういうときは無理せず口開き尾閉じでサクッと計測して終わらせるようにしています。

 

理由2.一人だとムズイ

 

口閉じ尾開き状態を作り出し、なおかつ写真を撮る、というのは一人だとなかなか難儀です。

スケールの上に乗せておとなしくしてくれれば良いんですが…

ときに暴れたりします。

なので、やっぱりざっくり計測になります。

 

理由3.魚体保護優先

そもそもバスを釣りあげたり、写真撮ったり、好き放題やってるので単なるエゴですが…

口閉じ尾開きかどうか、よりも、出来るだけ魚体に負担をかけないやり方を優先するようにしています。

 

究極は計測しない!

とはいえ、本来であれば記録級のデカバス以外は計測自体しない!というのが魚体には優しいですが..

40ぐらいのバスも計測して、いじめてるので魚体保護優先!と言う資格が私には無い気がします(汗

でも、ログとして残したいというワガママもあり、40UPはやっぱり測りたい。ただし、計測方法はざっくりで!計測時間は最短で!という感じが私のやり方です。

 

盛り写メOK

コンペでもない限り、1センチ2センチの誤差は何てことないです。

49.5㎝は口開き尾閉じで50UPで良いと思います!そっちの方が楽しいですし(*’▽’)

しかも、縮んだりもするそうなので、魚体保護優先&希望的観測でいいんじゃないかなあ。と思います。

 

まとめ

ちょっとナイーブなネタ、口閉じ尾開きという不思議なキーワードについてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です