大森貴洋氏のLC1.5 DRS[ディープラトルサウンド]ってシブいな。…LCだよね?RTOなのか?

スポンサードリンク

胸熱なB.A.S.S.エリート優勝劇を見せてくれた、大森貴洋氏が使っていたLC1.5 DRS[ディープラトルサウンド]。

ワンノッカーゴトゴト系のいぶし銀のチョイスです。

ただ微妙に疑問があって、LC1.5 DRSなのか、RTO1.5 DRSなのかはっきりしないんですよね。

どっちなのか考察してみます。

LC1.5DRSなの?RTO1.5DRSなの?

T.Oが使っていたのはLC1.5DRSなのか、RTO1.5DRS結局どっちなんだYO!ってとこが非常に気になりました。

スイマセン、結論から言うと現時点では分からないっすw

 

アマケンさんのtwitterでは「RTO1.5DRS」になっています。

 

#BassmasterElite #LakeMartin #Alabama #Victory #LCCrank #1.5Silent #1.5DRS #1.5DD

LuckyCraft USAさん(@luckycraftusa)がシェアした投稿 –

しかしLuckyCraftUSAのインスタでは’LCCrank’となっています。

そしてバスマスターのフォトをよーく見ると、フロントが「横アイ」になっている!

 

縦アイじゃなかったっけ?

エッ?横アイ?…私の持っているRTOとLC、両方とも縦アイなので、謎が深まります。(写真はLC1.5)

 

 

しかし実はLCの派生モデル、’LC1.5スピン’は横アイなので、もしかするとモデルイヤーによってLCシリーズは横アイのモノが存在するのかも

ってことはやっぱりT.OのクランクベイトはLCなのか?

 

…現状だとどっちか断定できないので、Basser誌の発売を待つしかなさそうです。

ちなみにRTOとLCは外見は同じですが、内部のシンカーが若干異なるらしいっす。(ikahime調べ)

 

RTO1.5 DRS[ディープラトルサウンド]

RTO1.5 DRSは探しても見つからないのですが、LC1.5 DRSならハピネットタックルさんに在庫ありました。ただしT.Oクローは選べなかった…

優勝記念でポチってしまいまいましたww

(※ちなみにゲリラ的にT.O優勝記念セールやってますよ!!送料150円だし、店頭で買うより安いかも!?)

ハピネットタックル

 

サイレント主流

おそらく、国内市場においてはサイレントタイプのクランクベイトが主流…ですよね?

釣具屋さんに在庫しているのは、どちらかと言えば「サイレント」タイプが多いように感じます。

なので必然的に私のクランクボックスはサイレントタイプが多くなってます。

狙って買わないと、ラトルインのモデルってなかなか買わないですよね。これを機にラトルインのクランクベイトを揃えてみようかな。

 

まとめ

煮え切らない感じで失礼しました。分かり次第共有したいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です