着るエアバッグに学ぶ、安全釣行の精神とライフジャケット考。

スポンサードリンク

バスフィッシングにおいて、最重要保安装備である、ライフジャケット。

安全な釣行に欠かせないアイテムです。

私はバス釣りの他に趣味があり、オートバイ乗りでもあります。

そこで、バスフィッシングにおける安全性確保についておさらいするとともに、オートバイ乗車時に培った安全性確保の精神について、シェアします。

安全釣行の為に

昨今、ライフジャケットの着用の重要さは、様々なメディアで取り上げられ、先輩釣りブロガーさんたちも、記事を書いておられます。

そこで、ikahimeでは、ライダー目線で?バス釣り時の安全性確保の心がけについてシェアします。

まずは基本的な事項から、ご紹介します。

ライフジャケットの種類

まずは基礎知識として、ライフジャケットの種類をご紹介します。

固形式

発砲プラスチック等の固型物を浮力体とするタイプ。

漁師の方や、年間を通じて水辺で働く方々はこちらのタイプを着用しているケースが多いようです。

最大の理由としては、やはり安全性が確実である、という点。

膨張式のタイプは、膨らまない可能性が0ではないので、職業水辺な方々は、より確実な固形式を使用する傾向にあるようです。

膨張式

 

バサーに最も広く使用されているタイプです。

内臓のボンベから炭酸ガスなどを、気密袋に充填し膨らみます。

水を感知して動作する自動膨張式と、紐を引っ張って作動させる手動膨張式があります。

 

軽量コンパクトなのが最大のメリット。

特に私も使用している、腰巻タイプですと、釣りの邪魔になりにくいというメリットがあります。

形状

次に、自動膨張式のライフジャケットの形状についてです。

腰巻タイプ

腰に巻くタイプのモノ。

上述した通り、キャストなどの動作を妨げない事がメリット。

最近の流行りは、上の商品のような、ボンベの位置がサイドに配置されているもの。

従来のセンターにボンベが配置されたものより、若干高いですが、これから腰巻タイプを購入する場合は大変オススメです。

私が使用しているモノは、従来のセンタータイプなんですが、長時間着用していると、腰骨にボンベが当たって不快なんです。

それを軽減してくれるはずです。

 

腰巻タイプは、安全性という面では、首掛け式に一歩劣ります。

首掛けタイプ

落水時に意識を失っても顔が水面から出る為、腰巻式よりも安全との事。

ビッグレイクなどでバスボートで移動する際には、落水して意識を失う可能性も十分に考えられますので、首掛けタイプをチョイスするのがよさそうです。

もちろん、レンタルボート釣行においても、冬季などは水温が低いため意識を失う可能性もありますので、安全性を最優先すると、首掛けタイプがベターでしょうか。

私が使っているライフジャケット

私が使っているライフジャケットをご紹介します。

私は、腰巻タイプを使用しています。

「リバレイ RBB エアーライフベルト 」です。

パイセンから譲っていただいて、ボンベを新品に交換して使用しています。

もちろん点検済みで使用しています。

ボンベを自分で交換したのですが、ライフジャケットのボンベを交換することもそうそう無いと思いますので、その時実践した点をシェアします。

(ホントは写真があると良いのですが、点検時に写真を撮っていないので無しです汗)

ボンベ交換時にやる事

まずは新しいボンベを装着する前に、点検を行います。

給気チューブという部品が付いていて、口で膨らませることができます。

お風呂場で浮力体を膨らませて、エアーホールが無いか入念にチェックします。

洗う。

ついでなので、洗います。

ボンベが付いている状態だと、水濡れ厳禁で洗えませんが、交換時は濡れても大丈夫。

お風呂場で丁寧にお湯で手洗いします。

ついでに、中性洗剤などを水に薄めたものを雑巾に付けてゴシゴシ撫で洗いをします。

普段洗えないので、かなり汚れています(⌒-⌒; )

スッキリ★

洗い終えたら、干します。

洗った時の水分で新しいボンベが誤作動しないように、しっかり乾燥している事を確認してください。

完全に乾燥していれば、新しいボンベを装着します。

 

以上、ライフジャケットを譲ってもらう場合は必須の作業です。

 

膨張式ライフジャケットの中身

以前の記事でも記述しましたが、膨張式ライフジャケットについて。

膨張式のライフジャケットは、どのブランドのものも、中身はOEM生産。

高階救命器具(たかしなきゅうめいきぐ)さんが製造元。

私のリバレイのライフジャケットも、高階救命器具(たかしなきゅうめいきぐ)さんが製造したものです。

中身が高階救命器具さんのものであれば、「国土交通省型式承認品」になっています。

命に関わるモノなので、中華製などは避け、認定品を選びます。

どこのヤツがいいの。

ブランドにこだわらなければ、「ブルーストーム」のライフジャケットが、オススメです。

「ブルーストーム」は、ライフジャケットの製造元である、高階救命器具さんのオリジナルブランドです。

SHIMANOやDAIWA、その他釣具メーカーのものより、リーズナブルなお値段です。

自分が新しく買い換えるなら、ブルーストーム一択ですね。

相模湖で落水

 

実際にこのリバレイの自動膨張式のライフジャケットを点検、導入後、相模湖で落水してしまいました。

きちんと点検、新しいボンベの装着を済ませていたので、事なきを得ました。

そのとき感じたのは、「本当にいつ落水するかわからない」という事です。

自分だけは大丈夫、という安易な思い込みは捨てて、最大限安全への意識を高めていくキッカケとなりました。

安全への投資

 

どんな趣味でもそうですが、安全への投資は最も大切です。

私はバス釣りの他に、オートバイが好きで乗ってます。

オートバイでは、ヘルメットが最重要保安部品になります。

オートバイでいうヘルメットぐらい必要不可欠なアイテムがライフジャケット、という認識で良い筈です。

着るエアバッグ

さらに私の友人はオートバイに乗るときに、「着るエアバッグ」なるアイテムを着用していました。

 

仕組みは、バスボートのキルスイッチのようなコードで、オートバイの車体と、着るエアバッグを接続します。

オートバイと体が離れて、コードが抜けると瞬時に膨らみ、体を守る仕組みです。

 

私は持っていなかったのですが、今オートバイにまた頻繁に乗るとすれば、必ず導入したいアイテムです。

高い安全意識

かれこれ7、8年前の話ですから、その友人は安全への意識のとても高い人物であったなと、今、思います。

そんな、「着るエアバッグ」を着用する友人のような、「高い安全意識」を、自分の中に常に持ち続けたいです。

 

…ライフジャケットそのものも大事ですが、「高い安全意識」が同じぐらい大切というお話でした。

そんな事わかってるよ!ってカンジですよね…スイマセン。

まとめ

安全への投資は必要不可欠。

ちょっと高いタックルを購入するその前に、まずは安全確保を最優先したいところです。

もしあなたが居なくなれば、必ず悲しむ人が居るはずです。

今後とも安全釣行を肝に銘じて、バス釣りを楽しみたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

出典:TOYOTA自動車

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です