ライフジャケット着用義務拡大START。桜マークの盲点。

スポンサードリンク

小型船舶のライフジャケット着用義務化がスタートしました。

桜マークの記載がマストという事ですが、国土交通省認定品でも桜マークが非表示の製品があります。

間違いやすいポイントをまとめました。

ライフジャケット着用義務化START

平成30年2月から、「全ての小型船舶の乗員」を対象に、桜マークが記載された国土交通省認定製品のライフジャケット着用が義務となりました。

この義務化の内容について、主に間違いやすいポイントを確認してみたいと思います。

船舶免許不要艇は対象外

船舶免許不要艇(左側の黒いヤツ)

まず、今回の「着用義務化」において、手漕ぎボートやカヌー・カヤック・フローターなどの船舶免許不要艇は対象外です。

 

条文で「全ての小型船舶の乗員」が対象、という事ですが、「小型船舶」というのは操縦に免許が必要な釣船、船外機付きボートなどを指します。

つまり、バスフィッシングにおける11ft以下のいわゆる「免許不要艇」については、今回の義務化は対象外です。

 

とはいえ、個人的には着用するべきだと思いますが…

 

桜マークの有無がすべて!

 

今回の法改正でもっとも大事なポイントとなるのが、ライフジャケットの桜マークの有無です。

国土交通省認定製品には桜マークが付いています。

国土交通省認定製品でも桜マークが無い製品がある

しかし、注意しなければいけないのが、国土交通省認定製品でも、古いモデルだと桜マークの記載が無い場合があるのです。

私が勘違いしていた点は、基本的に高階救命器具がOEM生産している製品に関しては、国土交通省認定製品であるので、必ず桜マークがついていると思っていました。

しかし古いモデルに関しては必ずしもそうではないようです。

認定品=OKではない

今回の法改正で、規定となる判断基準は桜マークの記載があればOK,なければアウトという基準です。

あくまで「認定品かどうか」、ではなく、「桜マークがあるかどうか」というのが判断基準となるのです。

 

「現場で国土交通省認定製品であるかどうかをする際、桜マークの有無でしか判断が出来ないから」という理由からです。

国土交通省認定製品の古いライフジャケットをお使いの場合、桜マークの記載があるかどうか確認する必要があります。

CE認証取得品はダメ。

 

ライフジャケットには「CE認証取得品」という規格に適合したモノもあります。

CE認定はEU (欧州連合) 加盟国の基準を満たす基準適合マークなので、今回の法改正では無効となりますので、こちらも注意が必要です。

グレード

桜マークのライフジャケットには、TYPE(A・D・F・G)というグレードがあります。

航行区域や、小型船舶の種類によって適用グレードが定められています。

国土交通省HP(適用グレードの詳細は国土交通省HPを参照ください)

このグレードに関しては、最上位グレードの「TYPE A」にしておけばフルカバーしてくれるので、それで問題ないと思います。

まとめ

お手持ちのライフジャケットの桜マークを再度確認してみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です