【バス釣りTIPS】ノット結束後に余ったラインを切る長さ。どれぐらい残すのがいいのか。

スポンサードリンク

ラインをルアーに結んだあとに余ったラインを切るのですが、どれぐらいの長さを残していますか?

余ったラインの処理について考察します。

切れ端、どれぐらい残す?

 

ルアーにラインを結んだ後、余ったラインを切ると思うのですが、極端に短くする方と、少し長く残す方がいらっしゃると思います。

どっち派ですか?

バスは見てる?

私は、上写真ぐらいの短すぎず、長すぎず2~3㎜ぐらい残すようにしています。

 

長すぎると、バスが見ているような気がします。

逆に短すぎると、抜けてしまうのでは?という心配があります。

 

基本的に、ハードベイトではノットの作りやすさからFGノットを多用しているのですが、FGノットは引っ張られるほど結束強度が高まる、という特徴があります。

つまりほんの僅かではありますが、結束後にもノットが動く可能性があります。

それを考慮して、あまりに短く切り過ぎないようにしています。

(抜けるほど動きはしない、とも思いますが念のためw)

 

ノットの出来は釣果に影響するのか

個人的に「バスに近い要素ほど釣果に影響する」という格言を信じていて、フック、ルアー、ライン、タックルの順で釣果に与える影響が大きいと考えています。

 

その格言の中には、「ノット」という要素は入っていませんが、もし入れるとすればルアーとラインの間に「ノット」が入る事になります。

すると3番目に「バスに近い要素」であるのです。

 

とはいえ、ごく小さな「ノットの美しさ」が釣果に与える影響なんて微々たるモノだとも思います。

しかし一見どうでもイイとも思えるような細部にもこだわる事で、タックル全体の「様式美」が格上げされ、釣果にも少なからず影響してくるのでは?という気がしています。(精神論w)

ラインを歯で切る

と、語ってみましたが、実はかなり適当にやってた部分でした。

つい最近まで余ったラインを「歯」で切っていたのです。

いちいちハサミを手に取る事なく、さっと切れるのでよくやっていました。

切れ端が粗い

でも、当然ながら切れ味がイマイチ…

写真の例は極端ですが、切れ端が残念な感じになり、長さの調整もあいまいになってしまいます。

前述した「ノットの美しさ」を考えた時、あるまじき行為なので、これはやめようと。

衛生面

 

これは友人に指摘してもらったのですが、歯でラインを切ることにより、湖の水をごく少量ですが舐める事にもなるので、衛生面でもデメリットしかありません。

多分、ゴクゴク飲んだら間違いなく体に悪いヤツですよね…それを少量でも舐めるのは気分があまりよくないな、と。

マディフィールドならなおさらですw

歯が削れる

長期的にやり続けると、歯も削れるそうなので、歯医者さん的にもNGです。

ハサミを使おう

という訳でちゃんとハサミを使おうと思う訳です。(当たり前)

その為に、さっと取り出せる小さいハサミを購入しました。

 

まとめ

しょーもない独り言でしたw

でも、地味に個人個人の考えがある部分かも?と思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です