ラッキークラフトUSA LC1.5のカラーリングがたまらん。2個も仲間に加えてしまった。

スポンサードリンク

ラッキークラフトUSAのLC1.5のカラーリングに惚れて、2匹連れて帰ってしまいました。

その美しいカラーリングと、RTO1.5との比較をシェアします。

ラッキークラフトUSA LC1.5

SPEC

name LC1.5
length 60mm 
weight 12.0g

ラッキークラフトU.S.AのLC1.5のカラーリングが秀逸すぎます。

あまりにも可愛いので、2個仲間に加えることにしました。

もう、RTO1.5を既に持っているのに…

Live Threadfin Shad

1個目は、[Live Threadfin Shad]というカラー。

 「スレッドフィンシャッド」っていうのはこんな魚らしいっす。
 
アメリカではごく一般的なベイトフィッシュ、だそうで。
 
日本には居ない…ですよね?
 
 
 
ブルー系のラメが入ったパールホワイトがイケてます。
 
しかも、ただのパールホワイトではなく、全体にうっすらと黒系にくすんでおり、素人目線ですが、凝った塗装です。
 
んで、結構な多色使いだと思うんですが、バランスがとれていて破綻していない。
 
マジでイケてます。 

Crazy Green Craw

 

2個目は、[Crazy Green Craw]というカラー。

いかにもクロー系らしいグラフィックが施されています。そして絶妙な色彩のグリーン基調なのが(“・∀・)イイ!!

黄色いリップもナイス!視認性も高いと思われます。

ベリー部は鮮やかなオレンジ。

こちらもかなりの多色使いながら、まとまってます。

 

RTO1.5との違い

「RTO1.5」(左)と、「LC1.5」(右)は、カラーとネーミングが違うだけで同じモノという認識で良さそうです。

RTOは「Takahiro Omori」のサイン入り。

 

RTO1.5はお腹に「LC RTO1.5」と記名。

LC1.5は無記名です。

白基調

 

白ベースの似たようなカラーばかりになってしまいました。

どうせならもっと全然違うカラーにすれば良かった…

あまり考えずに購入してしまったのですが、直感で選んだカラーがこいつらでした。

LC1.5 他のカラー

 

 

他にも、「マジックブルークロー 」や

 

 

「ライブブラウンクロー」

この辺も気になりまくりでしたが、クランクBOXがRTO、LCだらけになってしまうので我慢w

とにかくLCシリーズは美カラーが多いです。

まとめ

ラッキークラフトU.S.A LC1.5のカラーリングが秀逸すぎて、同じルアーを2個も連れて帰ってきてしまった、というお話でしたw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です