拾ったルアーをGET。壮大なルアー交換会という認識。

スポンサードリンク

釣り場でルアーを拾ったとき、自分のモノにしてイイんでしょうか。

悩むところもありますが、ありがたく使わせてもらっています。

 

…拾ったルアーを自分のモノにして良いか。

これはカケヅカさんのエントリーで話題にされていたお話です。

(面白い記事だったので、同じ視点で私の意見を書いてみました。)

カケヅカさんの、ブログネタの視点は新鮮で面白い。いつも参考にさせてもらってます。

ルアーを拾いました。

釣り場でルアーを拾うことって良くありますよね。

湖上に放置されているルアーを回収するのはゴミ回収のつもりでした。

ついでに状態が良いものは、そのまま使わせてもらいますw

もらってイイの?

…拾ったルアーを自分のモノにして良いか。

ぶっちゃけ、私は自分のモノにしてます。

それか友達にあげたり、もらったり。

これは皆さんそうされているのではないでしょうか。

 

法律的には…?

法的にはOKなんでしょうか。

 

どうも、こういうことらしいです。

「所有者の占有権の及ばないものを拾得すると、遺失物横領罪になる」

つまり、放置され占有権が及ばないルアーでもネコババすると、遺失物横領罪になるかもしれない、という事ですね。

しかし線引きが難しく、明らかに持ち主の手を離れたルアーの習得は、ゴミ回収と同じレベルですよね。

持ち主が諦めて、放置して、回収する気が全く無いルアー。そして何日も放置している。

そんなルアーの回収は遺失物横領とはいえないこではないでしょうか。

まあ、ルアーマンはお互い様なところがあって私がロストしたルアーもどなた様かに拾われているかも知れません

これは、ルアーマン全体で壮大なルアー交換会が行われている、という認識で良いと思います。

 

タックルは別

ただし、タックルは別です。

タックルを拾ったらちゃんと最寄の警察署に届けます。

金額が大きいですし、なくした人は、放棄したわけでは絶対にないので。

置き忘れですよね。

 

世界に1つだけのルアーロスト

まあデリケートな問題もあって、高価な「世界に1つだけのルアー」をロストして、それが拾得者によってヤフオクに出品されて話題になっていましたね。

これ俺のだわ…って。

 

どう扱えば良いのか大変難しいところです。

もしかしたら拾得して出品した方が、そんな高価なものとは知らなかった、という事も考えられます。

レアで高価なモノと知っていて悪意のある出品なら問題ですが…

 

私なら高価なハンドメイドで、オンリーワンのルアーということが分かれば、それは全力でオーナーの元に返せるように善処します。

ただ実際のところは、オンリーワンのルアーということは、それがどれ程のモノであるのか、他の人が判断する基準が無いですよね。

 

ただsnsやブログで皆様に問いかけるという事は出来るはずなので、私ならそうします。

ルアー回収機

そんなトレジャーハント?に最適なのが、伸縮式のルアー回収棒。

「スティックタイプ」とか呼ばれています。

 

自分が無くしたルアーだけでなく、木の上や水中に放置されたお宝も回収することが出来て、すぐに元が取れますw

意外と簡単に取れる位置に、放置してあったりしますよね。

ついでなのでご紹介しておきますw

私の愛用品

 

私が使っているのは、ベルモント社のルアーリトリーバー、MR-134 ルアーリトリーバーJP4750。

 

スティックタイプのルアーリトリーバーの選ぶポイントですが、まずはシャフトが頑丈な事。

なぜなら、4.75mと長いシャフトを水中に突っ込んだときに、シャフトが思ったよりも高い水圧を受けて、たわみます。

そのときにシャフトが弱いと回収作業がやりにくい。

その点、このMR-134なら、シャフトがかなりしっかりしているので回収がはかどります。

取っ手部分のスポンジも持ちやすくて◎。

 

ただし一つ欠点があって、こういったスティックタイプのルアーリトリーバーは、中に水が溜まってしまいますので、シャフトをシュポシュポ前後に動かして、水抜きをしなければなりません。

そのときに、水抜き穴が設けられているルアーリトリーバーが多いんですが、これに関しては無いんですよね。

なので水抜きに時間がかかります。

 

あとやや高価。

テイルウォークのヤツが気になる

最近気になっている、ルアー回収機が、テイルウォークのこれ。

めっちゃコスパ良いんですよね。3000円でお釣りがくる良心価格。

私がベルモントのルアーリトリーバーを購入したときは、このテイルウォークのルアーリトリーバーの存在を知りませんでした。

回収機にあまりお金をかけたくない場合とてもオススメです。

あと黒/赤の配色で、ゾディアスちっくでカッコいいのもポイントw

 

ただ、シャフト長が2.4mとやや短めになっています。

スティックタイプのルアー回収機は、長ければ長いほど良いですからね。

まとめ

最後はカケヅカさんの結論と同じ言葉で締めさせていただきます。

拾ったルアー、悪びれるつもりはないですが、ありがたく使わせてもらってます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です