マストドンやってみた。バサー必見バストドン。

スポンサードリンク

話題の新型SNS、マストドン。

ジャンル特化型SNSという事で、気が付いたらバスフィッシングに関する’バストドン’が立ち上がっていました。

Twitterと何が違うのか。少し触ってみたので、ご紹介いたします。

マストドン

 

’マストドン’は、ジャンル特化型の新型SNSです。

’分散型SNS’と呼ばれ、各分野のマストドンが’インスタンス’と呼ばれた独立したサービスとなっており、別々のサーバー上で動作しています。

例えば今回ご紹介する’バストドン’は、バス釣りファンのみが登録することで成り立っているので、より専門的で特化した情報が得られる、という訳です。

’街’のようなモノ

 

出典:engadget

’インスタンス’とか’サーバー’とか、意味の分かりづらい単語ですが、ひらたく言うとネット上の’街’という理解で良さそうです。

上の図がシンプルでわかりやすいです。

Twitterのようなサービスを、各分野ごとに’街’に分割したのが’マストドン’。

それぞれの’街’ごとにユーザーが違い、別のサービスとして存在しています。

ヘビヌマさんでも紹介されていました

ヘビヌマさんでも、’マストドン’、そして’バストドン’を紹介されていました。

私の記事より分かり易く紹介してくださってます。始めてみたい方、必見です★

Twitterに似てる

 

基本的なシカケはTwitterによく似ています。

タイムラインがあって、そこにユーザーのトゥート(Twitterでいうツイート)が表示されます。

Twitterと違うのは、参加したインスタンス中のすべてのユーザーのトゥートがタイムラインに表示される、という事。

タイムラインが3種類ある

マストドンには、ホーム、ローカルタイムラインと、連合タイムラインと呼ばれる3種類のタイムラインが存在します。

‘ホーム’は、ツイッターのように、フォロー、フォロワーという概念があって、フォローした人のトゥートのみ表示します。

‘ローカルタイムライン’は、登録したインスタンス内のユーザー同士のトゥートを表示。

‘連合タイムライン’は、別のインスタンスのタイムラインを見る事が出来ます。

街を縦断した交流が取れたり、反対に街ごとブロックしたりできるようです。

500文字まで

ツイッターは140文字までですが、マストドンは500文字までトゥート出来るようです。

これをどう生かすのか、まだ検討もつきませんが、なにやら新しい可能性を秘めていそうです。

Pawoo

 

スマホから見る場合、Pawooというアプリが用意されています。

ブラウザから見るより、アプリから見たほうが断然見やすいので、マストドンやるならPawooのインストールはした方が良さそうです。

 

 

私はTwitterやFaceBookと共に、SNSのフォルダ内に入れておきました。

これですぐに見れますね♪

Twitterとの連携も出来るそうです。

それぞれのインスタンスは有志が立ち上げている

マストドンのインスタンスは、誰でも立ち上げることが出来ます。

日本国内でも、次々とインスタンスが立ち上がっており、バス釣り関係のマストドンも立ち上がっています。

その名も’バストドン’。

basstdn.jpへ
https://basstdn.jp/

 

私もバストドンに早速登録し、トゥートしてみましたよ(^^)

気になる方は登録是非登録してみてください♪

まとめ

まだまだ私自信、ちゃんと理解しきれていないのですが、これからの展開が楽しみな’マストドン’、そして’バストドン’。

どんどん’トゥート’してみたいと思います!

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー