メガバス i-wing[アイウィング] 135 インプレ。史上最強のサカナ系デカ羽根モノ。

スポンサードリンク

メガバスの話題の新作、i-wing[アイウィング]135を投げてきました。

強烈ラトル音&サカナ系シルエットの独創デカ羽根モノでした。

メガバス i-wing[アイウィング] 135 インプレ

SPEC

 

全長: 135mm
重さ: 1・5/8oz
価格: 6,264円

メガバス i-wing[アイウィング] 135です。わりと品薄傾向ですが、セカンドロットが出荷されたっぽく、大手釣り具チェーン店で普通に買えました。

特徴を見ていきます。

とはいえ、アクションとか、出しどころとかは語れないので、写真多めでご紹介しますw

魚系シルエット

 

ヨコ扁平形状のライバルが多い中、あえての縦扁平ボディ。魚モチーフだから、との事。

でも私のi-wingちゃんは、カラーが「TONOSAMA FROG」なので魚感薄めですがw

 

上から見るとそこそこ?スリムです。

ディティール

 
 

お顔はシッカリとメガバス顔。

よーく見てみると、左目に「伊」、右目に「東」と入っています。芸が細かいですな。

 

「HAND MADE」とそそる記載。

羽根について

 

 

長め&軽めのジュラルミン製ハネ。ito Engineering(アイティオー・エンジニアリング) と鬼手仏心のロゴがそそります。

私は分解していませんが、つかじー先生いわく他社製ハネよりも軽量に仕上がっているとの事。

 

取り付け部分は標準的な?やつ。取付部はゆるっゆるで、金属がこすれ合う音がメチャ出てる。

後ろ側のヒートンで角度調整が可能で、羽根の開き角度は180度よりちょっと多め。

 

閉じた時、ハネの角度がここまでしか曲がらない。45度ぐらい?仕舞寸法が大きく、BOXの中で場所を取りますw

また、キャスト時は空気抵抗になり、飛距離をスポイル。とはいえ、十分に自重があるので、飛ばない感じはしませんでした。

テールのジョイント

 

テールのチョコっとジョイント。

動作角度は浅めで、意味あるのかい。という印象ですが、しっかりとウネウネ感が出てました。

ただあまり動きは大きくないので、全体を小さく見せるとか、そこまでの感じはありません。

強烈ラトル音 

でっかいラトルボールが奏でるサウンドがかなり強烈。「チッカチッカチッカ…」とめっちゃノイジー。

車のウィンカー出すときみたいな音がします。割と派手なので、良し悪しですが、かなりイイ感じの音には違いない。

 

また、サウンドのレスポンスがハンパなく、ほんの少し動かしただけでしっかりと音が発生。

 

出典:Megabass

ラトルは「ラダー構造」になっていて、足つきのラトルが振り子のように動き、両サイドの側壁にぶつかるようなイメージ。

 

ラトルの集魚効果か、アイウィングを引いていると、子バスがわらわら集まってきたぞw

…今度はママ連れてきてや。

切れ味あるウォブロール

軽い羽根が手伝って、キレのあるアクションを見せつけてくれました。

ウォブロール比率は、どちらかというと、スリムなボディを綺麗にロールさせる動きが強めな印象。

ヨコ扁平形状のライバルが多い中、あえての縦扁平ボディは唯一無二のアクション性能です。

 

また、早巻き速度の対応力がすごくて、破綻せずにしっかり泳ぎ切るため、とても扱いやすい。

まとめ

以上、メガバスのi-wing[アイウィング] 135についてでした。名作の匂いがします。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です