MEIHO製品(versusシリーズ)小物ケースまとめインプレ。

スポンサードリンク

メイホーversusシリーズの小物ケース類のインプレです。

釣りがうまいバサーは小物類を整理するのもうまい?

MEIHO製品(versusシリーズ)小物ケースの使用感などをシェアします。

VS-388DD、VS-355SD、VS-310

左からVS-388DD、VS-355SD、VS-310になります。

私の個人的な使い分けは、

VS-388DD:1/0以上の大きめのオフセットフック。

VS-355SD:シンカー類。

VS-310:小さいフックやその他小物類。

 

とざっくりカテゴリー分けして収納しています。

使用感などをシェアします。

メイホーVS-388DD

 

 

1/0以上のオフセットフックやストレートフックなどある程度大きさのあるものを、こいつに収納。

メリット

全てのケースに共通する利点として、小分けの部屋は中身をこぼしにくく、とても便利です。

シンプルでタフな作りも◎。

いつ購入したか忘れたぐらい長く使っています。

うっかり落としたりしても、勝手に開く事が無いのはありがたい。

デメリット

防水パッキンなどが無く、雨の日など中身が濡れてしまうのが最大の欠点。

あと5/0以上のフックが入らない。

蓋の色が暗いグレーなので中身が見えずらい。

メイホーVS-355SD

 

主にシンカー類を収納。テキサス用のバレットシンカーやDS用のシンカー、ネイルシンカーなど。

 

メリット

コンパクトでポケットに入るサイズ。

こいつもタフ。落としても勝手に開かない。

 

各部屋の大きさや、部屋数から、シンカーケースに使うと体裁が良いです。

部屋の高さもシンカー類を収納するのに絶妙な高さ。

 

こいつは蓋が透明で中身が見やすいです。

デメリット

容量はさほど多くないので、シンカーマニアにとってはぜんぜん足りないと思います。

これとは別にベース基地を用意し、そこから陸っぱり用に持ち出す時などに使うのが便利そうです。

メイホーVS-310

 

 

 

メリット

紐付きで持ち運び便利。

フック類はマスバリや1番以下の小型のオフセットフックなどを収納可能。

シンカーストッパーやネイルフロート、その他フック以外の小物類をこいつに収納しています。

本体、各部屋ともにコンパクトな作りなので、小さい小物を収納しています。

デメリット

容量は少ない。

まとめ

メイホーの小物ケースを上手に利用して、小物類を上手に収納出来ると釣果UPにつながる!?かもしれません。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です