中古の’08メタマグDCと’17スコーピオンDCがガチライバル。スペック比較。

スポンサードリンク

話題の’17スコーピオンDC。憧れのDCが2万円台半ばで手に入るとあって、話題となっています。

そんな’17スコーピオンDC、価格帯や性能が中古の’08メタニウムMgDCに非常に近いです。

そこで’17スコーピオンDCと、’08メタニウムMgDCのスペックを比較してみます。

’08メタニウムMgDC基本スペック

SHIMANO 08Metanium Mg DC・DC7

SHIMANO 08Metanium Mg DC・DC7

 

  メタニウムMgDC
ギヤ比
6.2:1/

7.0:1(DC7)
最大ドラグ力
(N/Kg)
49.0/5.0
自重
(g)
195
ハンドル長
(mm)
40
糸巻量
(号-m)
3-120、3.5-100、
4-85、5-70
最大巻上長 66/75(DC7)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
34/22
ベアリング数
(S A-RB/
ローラー)
8/1
本体
価格(円)
62,424

DCコントロールユニット

DCブレーキユニットは、I-DC4を搭載。

現行の’15メタニウムDC、そして’17スコーピオンDCは、I-DC5を搭載しているので、ブレーキユニットは1つ前のモデルですね。

 

I-DC4は、4通りのブレーキセッティング。

I-DC5は、15通りのブレーキセッティングとなっており、よりきめ細かい設定が可能となっています。

’08メタニウムMgDCデザイン

なんといっても、メタマグのデザインが好きなんですよね(個人的意見w)

ツルンとした、丸みを帯びたシルエット。

タマゴ型で、非常にパーミングしやすいのも美点。

工業製品として、デザインを含めて高い完成度を誇ります。

そして、DCならではの高級感のある、ブルーグレーの塗装。見る角度によって雰囲気の変わるとても凝った塗装です。このカラーのお陰で、なんともいえない存在感を醸し出しています。

まるでドイツ製高級外車の特別塗装色のような風合いです。(言いすぎかw)

中古相場は?

’13メタニウムが登場した後も、’08メタマグDCは、’15メタニウムDCが出るまで併売していたこともあって、高年式の個体は25,000〜30,000円ほどと、かなり高値で取引されています。

箱なしを狙え!

しかし中には美品でも2万3000円ほどで購入できる個体も存在します。そういった個体は、モノ自体は全く問題ないのですが、箱などといった付属品が揃っていないことが多いです。ぶっちゃけ箱とかいらないので、こういう付属品欠けの個体が狙い目です。

’17スコーピオンDCと迷う

中古の’08メタマグDCと、モデルチェンジした’17スコーピオンDCの価格帯がモロ被りで、とても迷いますね。

参考までにスペックの比較を載せておきます。

  ’08メタ二ウムMgDC ’17スコーピオンDC
ボールベアリング数 8個 8個
自重 195g 215g
ボディ素材 マグネシウム アルミ
メインギア素材 ジュラルミン 真鍮

自重はマグネシウムボディのメタマグが軽い。

ギア素材はジュラルミンか、真鍮か。ここも重量差の要因になっているはず。

タフネスさは、真鍮ギアのスコーピオンDCに分がありそう。

そんなところが大きな差になっています。

あとはデザインの好みでしょう。

私はメタマグのデザインが好きなので、メタマグDCをチョイス。

でもスコーピオンDCも気になる!

まとめ

まだまだ現役、’ちょい古ハイエンド’な’08メタマグDC。

急ぎでないならば、中古市場やオークションをじっくり見て、良いタマを狙ってみてはいかがでしょうか。

きっと満足させてくれるリールだと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です