メキシコでオフショアトローリング。カリブ海での釣りは最高だった件。

スポンサードリンク

メキシコに来ています。

初の海外釣行という事で、カリブ海でオフショアトローリングを体験しました。

狙いのブルーマーリン(カジキ)は釣れるのか。

 

メキシコで初の海外釣行

あくまでもツアー会社の観光客向けのオプションで、ガチのやつでは無いです。

ロッドやリールもフルレンタル、トローリングも全てガイド任せ。

魚が掛かったら渡してくれるという大名釣行。

まあちょっと物足りない感も有りますが、初めての海外釣行という事と、旅の主目的が釣りでは無いので、オッケーです。

狙いの魚

本命はカジキやGTなどの大型の魚です。他にもシイラやバラクーダなどが釣れるようです。

釣果

バラクーダ×1と、クイーントリガーというカワハギをでっかくしたようなの×6で終了です。

バス釣りで言うとレギュラーサイズ一本とギル6匹みたいな感じですかね。

まあそんな甘く無いですよねw

一応写真など撮って来たのでご紹介します。

 

タックル

メキシコのタックル事情が気になります。

ロッドは6ftのグラスロット。

ローラーガイド仕様。

リールは、「ペン」社製の両軸リール。スタードラグ?と、クラッチが付いています。たぶん日本で言う5,000番ぐらい。

ラインローラーは無くて、ざっくり巻かれる仕様w

ラインはナイロン50lbぐらいでしょうか?

リグは疑似餌に生餌を付けたリグ。

餌の魚は何か良くわかりません。これをトローリングして流します。

フックは手作りか?ってぐらい大雑把w

そしてでかい。

触っても指に引っかからない。相当ラフ。

シマノ、ダイワ、フジは無かったですw

 

船長。カリブ海の海の男。マジカッケーっす。

名前は聞き取れなかったw

トローリングの仕様

船は20ftぐらいでしょうか。キャビンは2階建て仕様で、一階はちょっとした居住スペース+トイレ。

二階はコックピット。

同時に5本ロッドを出せる仕組み。

船のリアデッキの左右に2本ずつ。

後方の2本を船の左右に張り出した棒に引っ掛けて、お祭りしないようにする仕組み。

それと上部の運転席から一本センターに出せる感じ。

トローリング開始

港から出港し、1時間ほどでポイントへ到着。早速トローリング開始です。とはいえガイドさんがセッティングするのを見てるだけですがw

しかし無

 

メキシコに来てもツキの無さを発揮w

1時間ほど無。

バラクーダ

1時間ほどでついに初ヒット。外人さんがバラクーダをGET。裏山。

クイーントリガーの群れ

 

自分にもクイーントリガーが釣れました。 カワハギのお化けみたいなやつです。

トローリングはノー感じだったので、底釣りみたいなのに変更。

するとこのクイーントリガーの群れに当たったのか6本ぐらい釣れてくれました。 とりあえず海外で魚の引きを味わえたからまあオーケーですw

まとめ

と言うわけでカジキとかgtはダメでした。

まだまだ書きたいことあるんですが、時間ないのでとりあえず現地からはこのぐらいで。また帰ってからちゃんと書きます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です