mibro デスサイズ3.5インチ。モコリー、ドライブクローに次ぐ第3のクロー。

スポンサードリンク

mibroのデスサイズ3.5インチの使用感です。

随所にmibroイズムの感じられるクロー系に仕上がっていました。

ミブロ デスサイズ3.5インチ

 

塚本謙太郎氏主宰のmibro初のソフトベイトとして、リリースされたデスサイズ。

高比重素材のクロー系ワームです。4インチ、3.75インチ、3.5インチとサイズ展開があり、最小サイズである3.5インチを試してみました!

クロー系永世定番といえば。

個人的にこういった3inchから4inch程度の大きさのクロー系は、

 

O.S.Pのドライブクローや、

 

ゲーリーヤマモトのモコリークローを多用しています。

 

いずれのワームも非常に良く釣れるのですが、やや脆いマテリアルがウィークポイント。

特にモコリークローについては爪がめっちゃ取れやすいという欠点を抱えています。釣れるゲーリーマテリアルですが、正直ハードなカバー撃ちには向いていないですよね。

という訳で、より使い勝手が良いクロー系を求め、デスサイズを購入してみました♪

何故3.5インチ?なのかというと、モコリーちゃんやドライブクロー3インチの代替として使ってみたかったからです!

 

激釣れのドライブクロー3inchとの比較。モコリーちゃんとは写真撮り忘れましたw

 

パタパタ系

 

アクションは、他のクロー系と同様に、爪部分が水を掻いて、パタパタさせる魅力的なもの。

爪の部分は薄めな作りのため、不意に取れたり、壊れたりすることはありませんでした。

オールマイティに使えそう

 

ヘビーダウンショットやラバージグの具として使ってみましたが、いずれもイイ動きを見せてくれて、非常にオールマイティな使用感です。(フックサイズは、1/0が丁度良いです)

 

それもそのはず、兄貴分の4インチはバーサタイル性能を重視して開発されたそうなんです。

テキサスリグはもちろんの事、逆付けバックスライド、チャターのトレーラー、ハサミを切ってエビ風、さらに触覚を切ってイモ風、という具合に、変幻自在のオールマイティ性能を確保。

さすがに3.5inchは自重的にバックスライドリグ等はスライド量が担保出来ないので、向いていない感じですが、それでも4インチ譲りのバーサタイル性能を持ったワームであると感じました。

 

荷物が増大すると辛いオカッパリやボートアングラーに向けて、極力荷物をコンパクトに出来るワーム。というmibroイズムが感じられる製品です。

 

爪にmibroマーク

 

よく見ると、爪にmibroのマークが入っており、とっても素敵です(*’ω’*)

まとめ

以上mibroのデスサイズでした。

モコリーちゃん&ドライブクローに次ぐ、1軍クローワームになりそうな予感です♪

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です