mibro DOUBLE WHIP[ダブルウィップ]。蝶のように舞い、蜂のように刺すムチ。

スポンサードリンク

mibroからリリースされている、DOUBLE WHIP[ダブルウィップ]。

ムチの動きが気になり過ぎたので、ネコリグやチャターのトレーラーとして試してみました。

かなりえげつない動きで魅了してくれました。

 

mibro DOUBLE WHIP[ダブルウィップ]

 

mibroからリリースされている、ダブルウィップを使ってみました★

5インチと7インチがリリースされており、今回使ってみたのは7インチです。

カラーは「モーニングドーン」。

形状からして、間違いなくえぐい動きするだろうな、と思っていたやつ。

2つのテール

最大の特徴は、先端2㎜径という、極細形状を採用した2つのテール部分!

mibroのHPを拝見させていただいたところ、この2つのスプリットテール形状のストレートワームは、昔流行った形状だそうです。 

それを現代的にアップデートしたのが、このダブルウィップ、との事です。

私世代にとっては新鮮なこの形状。一体どんな動きをするのでしょうか。

ノンソルト

ノンソルト仕様という点も大きな特徴。

もちろんメリットデメリットあります。

 

mibroのHPにも記載されておりましたが、トレーラーとして使う分には、フックが錆びないという利点がありますね。

自分のようなズボラアングラーにとってはこれは嬉しい利点。

 

しかし、ネコリグ等の喰わせのリグに使用する場合、どうにも心もとない気がしてしまいます。

いかに自分が塩入ワームに依存しているかという事が分かりますww

DEPS社のワームと兄弟関係なのか??

 

余談ですが、パッケージの雰囲気とかが、DEPS社のワームに非常に似ているのは気のせいでしょうか??

 

右下のステッカーの書体とかデザインとかそっくりです。

製造元が一緒だったりするのですかね??だれか教えてエロい人w

ネコリグ

 

とりあえず、川村光大郎仕様のスナッグレスネコリグに調理してみました。

マテリアルがノンソルトの硬めでプリンとした風情なので、ややこしいカバー打ちなどに向いてます。

そしてボトムでしっかりと立ち、姿勢安定性が高いです。

シェイクすると独特の2本のテール動きがピリピリと、地球外生命体の如くウネリます。非常にイイ塩梅でした。

チャターのトレーラー

 

チャターのトレーラーにもセットしてみました。

mibroのコブラチャターにmibroのダブルウィップ♪

これはもう、最高のマッチング。

 

チャターのバイブレーションが、2本のテールを激しく震わせて、アクションを最大限に生かす事が可能です。

(今回は試し忘れましたが、スピナーベイトのトレーラーとしても秀逸だそうです。)

 

ただし、7インチだと長すぎるので、ボディを半分にカットして使いました。(写真はカット前です、すいません。)

チャターやスピナベのトレーラーとして使うのであれば、5インチの方がイイと思います。

まとめ

新鮮なアクションを発生してくれる独特な2本のムチを持つmibroダブルウィップ。

通常のストレートワームとは一味も二味も違うテイストでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です