マイクロモジュールギアの巻き心地が劣化しやすい、はマジ。~ゴリ感シャリ感との闘い~

スポンサードリンク

語り尽くされたテーマですが、シマノのマイクロモジュールギアはやっぱりゴリ感、シャリ感が出るのが早いというお話です。

マイクロモジュールギアは巻き心地が悪化しやすいのか!?

 

シマノ製リールのハイエンド機に搭載されたマイクロモジュールギア。

 

巻き心地にノイズが出やすい。とか、すぐ歯欠けして強度が弱い。などといった悪評が目立つような気がします。

実際に「マイクロモジュールギア」でググると、ゴリ感、シャリ感、不具合…といったネガティブなキーワードが散見されますww

 

そんなマイクロモジュールギアを搭載している’14カルカッタコンクエスト101の巻き心地が劣化してきたので、個人的な見解を記してみたいと思います。

 

カルカッタコンクエスト101

 

’14カルカッタコンクエスト101を購入し、ワンシーズンほど使用。(2018年2月ごろ購入)

MMギアを搭載したハイエンドモデルでしか得られない、その甘美な巻き心地は素晴らしい。

ぬるぬるヌメヌメな、ノイズ感の極めて少ないその感触は、巻物の使用感を飛躍的に高めてくれます

ゴロツキ感

という訳で、コンクエストのシルキーな巻き心地を楽しんでいたのですが…

ここ数回の釣行で、とある違和感に気が付きました。

 

僅かながら、購入当初には絶対に無かった、巻き心地のゴロツキ感が発生し始めたのです。

前々回の釣行ぐらいで気が付いたので、ゴロツキが出始めるまでの使用期間は8~9か月といったところ。

 

MMギアの巻き心地劣化しやすい説、マジだった。

正直、その劣化具合に落胆を隠しきれませんでした。

 

非常に高額なリールであり、またそれに見合った「圧倒的にスムーズな巻き心地」はカルカッタコンクエストである所以、とも言えるもの。

その劣化は、存在意義すら揺るがしかねません。

 

正直、マイクロモジュールギアは劣化が早い、というお話は、都市伝説レベルかと思っていたのですが…

マジでしたw

 

グリス切れ

 

注油をすると、購入当初までとはいかないものの、ある程度スムースな巻き心地が復活。

 

普段、ベアリングに対するオイル注油&軽い清掃しかしない自分に原因がありました。

(私のメンテナンスサイクルは、普段はベアリングへの注油程度で、オフシーズンにセルフOH。その際にメインギアへのグリスUPを実施しています。)

 

巻き心地が良すぎてかえって目立つ劣化

マイクロモジュールギアの巻き心地の劣化は、巻き心地が良すぎる弊害だと思っています。

完調時にあまりにノイズレスな巻き心地であるが故、少しでも巻き心地が悪化してしまった場合に、その劣化具合が伝わりやすい

 

確かに、非MMギアの機種については、ワンシーズンの間に巻き心地が明らかに劣化するという事は少ないように思います。

しかしじつはMMギア同様劣化しているのですが、感じにくいだけ、という事なのかもしれません。

 

なので、マイクロモジュールギアの巻き心地は劣化しやすい、という結論は早計な気がします。

僅かな巻き心地の劣化を感じれるほど精度が高く、メンテナンスの必要性を訴えてくれる、と考えればむしろメリットといえるでしょう。

(前向きw)

 

MMギア搭載機種は繊細なレーシングマシン

昔オートバイの草レースをやっていたのですが、その時に驚いたのは高性能なレーシングエンジンのメンテナンスサイクルの短さです。

高出力&高回転を実現する代わりに、極めて短いメンテナンスサイクルを要求します。

 

リールの世界も、MMギア搭載マシンは、気持ちいいノイズレスな巻き心地を実現する代わりに、それを味わえる期間は短く、メンテナンスはこまめに実施してね。という事ではないでしょうか。

(違うかw)

 

まとめ

マイクロモジュールギアについての個人的な見解でした。

確かに劣化が目立ちやすいけど、それは私のおサボりに起因していました、という残念なお話ですw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です