解禁2日目の三島湖バス釣り。ウィンドレンジで巻き切るヘラブナ専用レイク!釣果情報など。

スポンサードリンク

レンタルボートがバスアングラーに解禁された三島湖へ行ってきました。

バスからの返事も少しだけもらえたので、ヘラブナ専用レイクの立ち回り方をシェアします。

石井釣り舟店

レンタルボートは石井釣り舟店を利用しました。

桟橋はこんな感じのストレートタイプ。

駐車場から桟橋までの荷物運搬は手運びスタイル。カートや手押し車はありません。

桟橋までは道路を挟んで目の前なのでそこまで手間ではありませんが、道路を何度も横断するので注意が必要です。

ボートの種別

ボートのタイプは12ftオンリー。

よく見かけるヤマハ製のものではなく、若干幅広で、バックシート部分がフラットになっています。

バウは内巻きのカールで通常のバウデッキを装着可能。(T’sのバウデッキはOK)

しかし船尾部分の幅が太く、私のカケヅカデザインワークス製のボートラダーは装着不可。

他に出船される方も、bmo製のボートラダーが装着不可とおっしゃってました。

出船率

石井ボートさんからは5艇ほど出船。

全てのボート屋さん合わせても20艇ぐらい、という感じでしょうか。

冷たい雨という事もあり、解禁直後としてはバスマンは少ない印象でした。

水温は本湖14度台、バックウォーターが12度台。

ヘラブナ専用レイク 

長年ヘラブナ専用レイクとして運用されてきた三島湖。

当然ながらレイク全体がヘラブナ専用レイクとして整備されています。

事前情報で分かってはいたものの、予想以上にロープだらけ。

ブイが設置されて居るので、一応目印になってますが湖のど真ん中に突然張られていたりするので注意が必要です。

釣果

釣果は友人と一本ずつ。

40ぐらいのと30ぐらいのでした。

アジャスト仕切れず、若干苦戦しましたが初場所で一本ずつ獲れたのでOK牧場です。

メインベイト

石井釣り舟店のマスター曰く、ワカサギはほとんど不漁状態で、ヘラブナやブルーギルの数が多いとのことでした。

ヘラブナの聖地ということで、やっぱりルアーは扁平系?

ファイボスやブルフラットを投げまくりましたがイマイチ反応薄かったっすw

立ち回り

まずは石井釣り舟周辺を攻めます。表層からチェック!巻きで広く探りますがなかなか反応を得ることが出来ず。

豊英の筋

へらぶなnet21に掲載された三島湖MAPによると、豊英方面のバックウォーターにマンメイドや崩落、レイダウンなどがたくさん有るような雰囲気。

という訳でまずは湖全体のコンディションを確かめるべく、豊英方面の上流を目指します。

鯨島周辺

雰囲気グンバツの鯨島周辺。

しかしめぼしい反応は得られず。

バックウォーター

豊英筋の最上流部まで来ましたがバスの姿はほとんど無く、ノー感じ。

豊英筋は諦め引き返します。

岬の先端の豪華カバーで良型

豊英方面から戻りがてら、鯨島と石井ボートへ続く筋の合流地点のカバーで良型GET.

安定のスナッグレスネコ。

反応が少ない

 

しかしその後はノー感じタイム。冷たい雨と無反応。

修行のような時間が続きます。

ライトリグやってもダメだし、どうせならスピナベで巻き倒す事を決意。

終了10分前

私はデコを覚悟していましたが、終了10分前に何とかGET.

noriesウィンドレンジ1/2ozでした。

チャイチールですが信じて巻ききっての釣果でうれしさ倍増。

場所はともゑボート桟橋周辺!

やっぱり秋は巻物!?最後まで信じてKeepCasting!することが大事ですね(小並感)

紅葉狩り

余談ですが紅葉狩りもイイ感じでした!

まとめ

ボコボコという感じはないですが、ちゃんと釣ってる方は釣っていたようです。

私のようなド下手クソにとっては楽勝なフィールドではなかったですw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です