晩秋の三島湖バス釣り。ディープなの、シャローなの。

スポンサードリンク

2度めの三島湖バス釣りチャレンジに行ってきました。

この初冬の時期に悩むのが、シャローマンをやり通すべきなのか、ディープに手を出すのか。

悩めるディープorシャローの分水嶺を考えます。

 

三島湖

 

晩秋の三島湖バス釣りです。

 

12ft2台、3名で出船です。

ともゑボートさん

 

ともゑボートさんから出船しました。

 

ボートは、一般的な12ftのヤマハ製。

カケヅカデザインワークス ボートラダー TYPE PRO

カケヅカデザインワークス ボートラダー TYPE PRO

ラダーは木材を挟んで装着。

 

荷物運搬は、手押し車で運搬。

 

リフトで昇降するスタイル。

 

おみやげに今日生まれたという、新鮮なたまごを頂きました。

コンディション

 

2日前に降った雨の影響か、本湖周辺は全体的に濁りが入った水質。

先週訪れた際は14度台だった水温も、ワンド内は12度台、本湖の温かい場所でも13度台。

季節進行は着々と進んでおります。

釣果

3人で7本の水揚げ。

シャローで5本、ディープで2本でした。

立ち回り

 

開始3分で、友人Aにドライブビーバーのテキサスにドン!

いきなりの良型で、幸先の良すぎるスタート。

ドライブビーバーで3連チャン

 

その後はドライブビーバー劇場。シャローカバーで3連チャン。

共通して、ボトム付近で喰ってきたとの事。

 

するりとカバーに入っていくシンプルさや、「バサロアクション」の秀逸さ。

良く動く腕なので、モロいかも?と思っていましたが、ちゃんと千切れない強度もあります。

 

コンパクトなシルエットも相まって、カバーにガンガン入れていけるクロー系ワームに仕上がっています。イイ!ですね、ドライブビーバー。

ジグで良型

 

その後は友人Aの手巻きジグ+ダブルテールにドン!

水通しの良い本湖の岬で出ました。こちらもボトム付近で喰ってきたとの事。

スモラバでも

 

自分はワンド内で小バスをGET.

 

エグジグ1/16ozとアバカスシャッドの組み合わせ。

5mボトムでコンコンっという小気味よいバイト。

安定のikahimeサイズw

横は不発

今日は横方向のメソッドは不発でした。

ディープで手堅く

 

友人Bは10m級のディープで手堅く2本GETしていたようです。

つまり、あれだ、シャローもディープもどっちも釣れる!w

シャローなのディープなの

 

この時期、ホント迷うのがシャローを攻めるべきなのか、ディープを攻めるべきなのか、という事。

私の勝手な自論ですが、12月中旬ぐらいまではシャローマンを貫く!方が良い気がしています。

 

ディープでの失敗

昨年、11月入って早々にメタルやDSでディープの釣りをやって、毎度コテンパンにやられていました。

 

最低水温にはまだ遠いものの、初冬の冷え込みで、ディープに落ちるバスが多いはず。

という勝手な思い込みをしていたのです

 

シャローで好釣果

しかし帰着後、ボート屋のおやじから聞く釣果情報は、12月中旬ぐらいまで「波消しでテキサスやって40UP」ばかり。

もうディープに落ちている、って頭ごなしに考えていた私の季節感は粉々に打ち砕かれました。

 

もちろんシャローに居るか、ディープに居るかは、その時々でしょう。

しかし、ちょっと寒いからといって、すぐに頭ごなしにディープばかりやるのは得策ではないという事を感じたのです。

 

という訳でまだまだシャローマン続けます!

まとめ

あぶれる事なく釣れてくれた三島湖のバスに感謝です。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です