師走の三島湖バス釣り。シャローからバスが居なくなるXデーはいつなのか?まだ居たよw

スポンサードリンク

師走の三島湖へ行ってきました。

減水&季節進行でシャローカバーにバスは居るのか居ないのか。

「初冬のバス釣り」の季節感を考察します。

 

初冬の三島湖バス釣り!

 

また三島湖。師走バス釣りたい…

ikahimeさん(@ikahimenet)がシェアした投稿 –

 

3度目の三島湖バス釣りです。

最近三島湖ネタばかりでスイマセンw

 

石井ボートさん

Webで完結するモダンな予約システムを備えた石井ボートさんから出船です。

コンディション

 

水温は12度台。昼間もあまり上がらず、13度台になる事はありませんでした。

水位は先週からぐっと減って、平常水位-1mぐらいでしょうか。

岸際は露出して、カバーがプアになっていました。

これが迷いを生むことに。

釣果

友人が3本。私はデコ。

そろそろ私の魚が居なくなっていくシーズンですw

立ち回り

まずは本湖周りを攻めていきます。

巻きや打ちで探るも目立った反応は無し。

カバースモラバ

岩盤や岬が無反応だった為、カバーを探る事に。

本湖の通称「豚小屋前」の竹のレイダウンにカバースモラバを打ち込んでいきます。

私はO.S.Pの05タッガー、友人はnoriesカメラバ。

あ、カバースモラバのトレーラーにイモをセットしていたのですが、半分ぐらいにカットするのが主流だそうです。

写真は私の間違ったセッティング。

カメラバキタ!

 するとAM10:00頃、友人のカメラバに待望のHIT!

40センチチョイ欠けぐらいの良い魚。

その後も2回ほどバイトを得る事が出来ましたが、惜しくもバラシ。

 

減水でカバーから離れているカモ?と思いきや、カバースモラバに何度か反応アリ。

なかなかセオリー通りにはいかないものです。

 

テキサスには反応なし

カバースモラバと合わせ、テキサスリグも投げてみたのですが、反応無し。

 

友人曰く、カバースモラバのアタリは、「中層シェイク後に、もぞもぞした微細なアタリ」との事。

おそらく低水温で吸い込みが弱いのでは?と感じました。

 

ジーっと見つめてから、ゆっくり近づき、ハムっとバイト…

つまり、テキサスリグでは食いきれない、といった感じかもしれません。(勝手な妄想)

 

カバーに固執

バラシた魚に、かなりの良型が含まれていた為、カバースモラバに執着しすぎてしまいました。

しばらくやるも次第に反応が無くなり、集中力も切れたため巻きにシフトすることに。

巻き巻き

最後の30分は恒例の巻き巻き大会。

noriesウィンドレンジとnoriesスーパースローロールをひたすら巻き巻き。

友人のスーパースローロールに2本出て終了です。この日の正解はスーパースローロールでした。

諦めないマインドが大事

あとは諦め気味な私のマインドが敗因でしょう。

2本目は終了5分前でした。

私と友人の違いは、「最後まで信じて巻き通したか?」ですw

 

結局、巻きだったのか打ちだったのか

最後はものの30分程度巻いただけで、立て続けに2本反応がありました。

夕方のフィーディングタイムという見方も出来ますが、もしかしたら巻きが正解だったのかもしれません。

たられば論ですが、そのあたりの絞り込みが難しいですね( ;∀;)

 

まあいずれにせよ、ちょっと寒くても、私が考えているよりシャローにまだまだ魚は居ました。

今日の荷物テトリス

本日はレンタルボート1台分の荷物をラフに収納です。

まとめ

 

 

減水でカバーから離れているのでは?寒くてシャローには居ないのでは?などと疑心暗鬼になってしまいました。

季節感の読みが甘い私には、師走バスをGETするチャンスはあるのでしょうかw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です