なぜモコリークローでテキサスをやると釣れるのか。

スポンサードリンク

モコリークローのテキサスが良く釣れるので、改めてモコリークローの魅力に迫ります。

 

ゲーリーヤマモト モコリークローとは

ご存知の通り、ゲーリーヤマモトからリリースされているクロー系ワームです。小森嗣彦氏プロデュースのモコリークロー。コモリ→モコリです。

自重は約7.2g。マテリアルは当然ながら塩たっぷりのゲーリーマテリアル。コンパクトながら自重をしっかり持たせ、ベイトフィネスタックルでの使用も想定して開発されました。

王道のクロー系ワームですよね(‘ω’)二ホンザリガニがモチーフだそうです。

テキサスリグ

 

私は主にMH~Hぐらいのベイトタックルでテキサスリグで使用しています。

フックサイズは2/0。タックルの強さに合わせ、やや太軸のモノを。シンカーは3/8~1/2ozぐらいを合わせてキャスタビリティを確保。

(ベイトフィネスタックルでライトテキサスとして使用する場合は、フックを1/0、シンカーを4~5gにします)

 

その神髄は、サイズ感にあり。

小さすぎず、大きすぎずの絶妙過ぎるサイズ感が、モコリークローの神髄だと感じます。

バスからの反応がイイのはもちろん、信じて投げ続けられるサイズ感というのが地味に大事なポイント。

 

H(ヘビー)タックルでも投げれる

 

さらに嬉しいのは、テキサスリグであればヘビータックルでも問題なく投げれてしまうという点。

エスケープツインなどの一回り大きなワームで反応が無い時にローテーションして、そのまま使用感を大きく変えることなく使い続けることが出来ます。

 

この「小さいサイズ感へのローテーション」を違和感少なく出来るのが最大の強みかなあと感じています。

なので、ベイトフィネスタックルでの使用もイイですが、個人的にはMH~Hぐらいのタックルで、テキサスリグとして使うのがおススメです。

ピロピロアクション

クロー系ワームによくある、両手を交互にピロピロさせる、ばいばい(@^^)/~~~系のアクションです。

これ当たり前かもしれませんが、中には爪がピロピロしないワームも存在したりします。

モコリークローはちゃんとしたアクション性能もしっかり持ち合わせています。

壊れる!

欠点はやはり、爪の部分がモゲる事が多いという事です。

ギルにかじられて持っていかれることもしばしば。

マテリアルを強化した「ヘビーカバーモコリークロー」を切望します。

リユース可能

手が取れた場合は、他のパーツもすべてもぎ取って、イモグラブ的に使ったり、半分にカットしてスモラバのトレーラーとして再利用しております。

(貧乏ネタスマソw)

まとめ

小森氏曰く、ゲーリーヤマモト3種の神器が、カットテール、レッグワーム、モコリークローだそうです。

カットテールとレッグワームはタックルボックスに入ってる率が高いですが、モコリークローに関してはそこまで浸透率が高くない気がします。

まだ使ったことが無い場合、ぜひ試してみてください。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です