【入門】この夏モノにしたい「虫系ルアー」での釣りのやり方。

スポンサードリンク

夏が来た!バスフィッシングに最高の季節ですね!

盛夏に有効な「虫系」の釣り。

初めての虫系ルアー、どうやって動かしたらいいのか。

コツは「だるま」「チョウチン」「忍者」にありました。虫系入門方法をシェアします。

虫系ルアー入門

 

え、いったいどうやってアクションさせれば良いんだ?初めて虫系ルアーをやる場合、この悩みに尽きると思います。

自発的に動いてくれないので、アングラー側で能動的にアクションを加えてあげる必要があります。

小型の羽根モノっぽくなってて、タダ巻きで泳いでくれるものもありますが…ここでは泳がないやつ前提で話を進めます。

もちろん放置プレイでバイトがあることもありますが、基本的にはなんらかのロッドアクションでルアーを動かしてあげることが必要です。

だるまさんが転んだ

基本アクションはこれ!「だるまさんが転んだ!」

バスが興味を示して近づいてくるようなら、アクションを止めます。

逆に見切られそうになったら、シェイクして誘います。

 

もちろん、いつもいつでもこの動作が効くとは限りませんが、わりと有効な場合が多いです。

まずは基準となる動きを用意することが大切だと思うので、私はこれを基準にしています。

そこからは反応を見て、その時有効な動かし方に切り替えます。

 

シェイクの仕方は、水面に落ちた虫が、もがいたときに発生する振動をイメージして、ロッドティップを小刻みに動かします。

提灯(チョウチン)釣り

木の枝などにラインを引っ掛けて、一点で止めて誘うことを「提灯釣り」と呼びます。

提灯釣りは確変のチャンス。ラインの存在感をゼロにできるからです。

 

初めのうちはキャストが難しいですが、木を狙って投げちゃえばOKです。

バスは思ったよりもラインの存在を嫌がるので、提灯釣りにするとバイトが2倍ぐらい増えます。(言い過ぎか?w)

 

提灯すると警戒なくパクっ!と食ってきます。

忍者になる

提灯釣りは基本サイトフィッシングになると思います。

提灯して→シェイクして→バスが近づいてきて→バイト!

この一連の流れを目で見て確かめます。

 

その際のコツは、自分の存在を消すことです。

自分の存在に気づかれてしまっては、せっかくラインの存在感を消しても台無しです。

体を木に寄せて、木になるか、しゃがんで存在感を消しましょう!忍者のように。

ちょっとした心がけでバイト数が変わります。忍忍!

タックル

タックルは、LからML、6ft4in~6ft6inぐらいのスピニングタックルで。

ラインは浮力のあるPE推奨です。PE0.4号~0.6号+リーダーはフロロ4lb~5lb。

 

あるほうがより楽しめると思いますが、特殊な専用ロッドとかはなくても、手持ちのスピニングタックルで出来てしまうのがイイですよね。

細糸PEは、バスの歯に擦れて切れてしまう事があるので、面倒ではありますが、フロロリーダーを組みます。

面倒なリーダーの結束はFGノットで。簡単で強度の出るノットで大変おすすめです。

オススメの虫系ルアー

おすすめの虫系ルアー(ワーム)をご紹介しますね★

バークレイ 青木虫

ど定番ですがw

バークレイの青木虫。ソフトな中空ボディと控えめなパーツ。シンプルですが、見切られにくい不思議なワームです。

コスパにも優れ、虫系入門に最適な一品。

欠点は毛が抜けやすい事。ただ刺してあるだけなので使ってるうちにズレてきます。まあ、再度通してあげればいいのですが、ちょっと面倒くさい。

虫ワームはこれだけでもイイ、って思わせてくれる逸品です。良く考えられてます。

o.s.p オリカネムシ ダディ

 

オリカネ虫。オリキンこと折金一樹氏考案の虫系ルアー。

それの大きい版が「オリカネ虫ダディ」です。

なぜダディ推しなのかというと、ちょっと重め(4.5g)なので、キャストが決まるからです。ゆえにチョウチンしやすい。

特徴は硬めのヘッド部品。小気味好いポップサウンドを奏でるうえに、適度な硬さ&重さでキャストしやすいし、壊れにくい。

あと、割と硬めのガードが付いていて、チョウチンで誘ったあとに回収する際、枝をひょいひょい乗り越えてきてくれるので、釣りのリズムが崩れにくいです。

ちょいキモめ!?なレッグパーツでバスを誘います。

JACKALL 活シリーズ

プリン!としたエラストマー素材が最大の特徴の、JACKALLの活虫、活がえる。

本物の虫が水面上でもがく際に発生する、「表面張力」を巧妙に再現できるすごいルアー。

水面に浮かんだ状態で、表面張力によって水の角度が若干屈折するんですが、本物の虫が発生させる表面張力と極めて近い表面張力を発生させることが可能です。

ボディ形状と、素材の賜物で、浮かべた瞬間、「他と違う何か」を感じられるハズです。

まとめ

楽しい虫系、手駒に加えられるとボウズ率が劇的に下がると思います。

この夏、虫系ルアーにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です