ナローゲイプは「オフセットフック掛からない病」の救世主。

スポンサードリンク

分かりにくい、ワームフックのゲイプ幅による特性の違い。

ナローゲイプはバラシを圧倒的に減らす救世主!?

イチカワフィッシングのTG1&PK-2を使用してみて、素人目線でその違いをレポートします。

 

ナローゲイプのオフセットフック

さて、本日はワームフックのお話です。

分かりにくいワームフックのナローゲイプのメリットデメリットを、実際に使用してみた感覚からまとめてみます。

ゲイプ幅

 

 

ゲイプ幅というのは、フックのシャンク(メインの軸)と針先の間の幅の事で、図の矢印で示した箇所です。

写真のフックはかなり「ワイドゲイプ」なフック。

(雑な写真ですいませんw入れ替えておきます。)

イチカワフィッシングのナローゲイプTG1&PK-2

 

ご縁あってイチカワフィッシングのTG1と、PK-2を試させていただいているのですが、両方ともナローゲイプのオフセットフックです。

 

2つの違いは見ての通り、TG1が細軸のライトリグ用、PK-2が太軸のベイトタックル用、という感じです。

 

実は私、基本的にワイドゲイプのオフセットフックばかり使い、ナローゲイプのオフセットフックはあまり使ったことが無かったのです。(猛省)

 

ワームとの一体感

ナローゲイプを使用してみて、もっとも強く感じたメリットは、リグった際のワームとの一体感がとても高い、という点。

 

ワイドゲイプのそれとはまったく別物で、極めてすっきりとコンパクトにまとまり、見た目の違和感を減らす事が出来ます。

また、それによりカバーからのすり抜け性能も上がります。

 

その反面、当然ながらバルキーなワームには合いませんが、細身のワームにはナローゲイプが断然相性がいい、という当たり前の事実に気づかせてくれました。

貫通力が高い

 

また、ナローゲイプの特徴としてラインアイの軸とフックポイントの軸が近く、そしてPK-2の特性として、針先の向きがラインアイ軸と同方向へ向いています。

これらの特性により、フッキングパワーのロスが少なく、貫通力が非常に高いです。

吸い込み時に抵抗が少ない

シルエットが小さくなるので、バスが吸い込んだ際に、口のより奥まで抵抗なく入ります。(と思ってるw)

デメリット

そんなナローゲイプ、デメリットが無いのかというと、当然ながらそんな事はありません。

フックの形状は何かを得れば何かを失う、というトレードロスをいかにバランスさせるかにフック屋さんの腕の見せ所…

 

「初期掛かり」が懸念事項

ナローゲイプは「初期掛かり」が悪い、という一般論があります。

 

※「初期掛かり」とは

フックを魚の口に貫通させるため、まずはフックポイントを口のどこかに引っ掛ける必要があります。

その最初の引っかかりやすさ、引っかかる確率、またはタイミングの早さ、のようなイメージだと思います。

 

上述したようにラインアイ軸とフックポイントの軸が近く、幅が狭いので、貫通力を得る代わりに「どっかに引っかかる確率」が下がります。

反対に、ゲイプ幅が広く、フックポイントが外向きのフックが初期掛かり性能が上がります。

 

すっぽ抜けなど無し

で、実際初期掛かりはどうなのか、っていうとこなんですが、TG-1と、PK-2に関してはその辺りのバランスが上手にまとめられているように思います。

 

正直、その秘密は定かではありません..

TG1に関しては、ちょっとだけフックポイントが外向きになっているので、それが作用していると思われます。

PK-2は…なんでちゃんと掛かるんだろうな…この辺りはまた何か分かり次第書いてみたいと思います。

 

という訳で、どちらもデメリットをあまり気にせずにナローゲイプにチャレンジできるフックであると感じました。

 

ワイドゲイプの刺さりにくさに悩むとき

 

ワイドゲイプのオフセットフックは、ワームフックといえば!という感じで釣り具店でも陳列されており、何も疑念無くワームに合わせて使う事が多かったです。

しかし、誤解を恐れずに言えば、実はかなり「刺さりにくい」フックであると感じます。

 

割とシビアなタックルバランスとフッキングパワーが必要で、ちゃんと刺さらないことって結構ある。

 

合わせたつもりが、ジャンプ一発バレ、みたいな事がホント多いです。(個人的にですが)

特に遠くで掛けたときなど顕著です。何度涙を流したことか…

 

そういった「ワイドゲイプ掛からなかった病」にかかった私のようなアングラーにとっては、貫通力MAXな、よく掛かるナローゲイプのオフセットフックは救世主的な存在です。

まとめ

という訳で高い貫通力を誇るナローゲイプの使用感にすっかり虜になってしまったのでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です