【バス釣りTIPS】改めて、根掛かり&ルアーロストを最小限に抑えるコツまとめ!

スポンサードリンク

せっかく購入したお気に入りの高価なルアー。

ルアーロストという憂き目にあわないように、実践していることをまとめました。

 

ルアーロスト

 

最近、ルアーロストする回数をかなり減らせるようになりました。

とはいってもまだまだ無くしますが…

そこで心掛けていることをまとめます。

 

パイロットルアーはスナッグレス性能高め

 

初めて投げるポイントは特に、スピナーベイト&スイムベイト等のスナッグレス性能に長けたルアーから投げます。

(当たり前かよ!)

ポイントを知る

 

当然ですが通っているフィールドではルアーロストを減らすことが出来ますね。

あそこにあの方向で通すと高確率で根掛かりする、などの情報が蓄積されてきます。

通いこんでポイントについて深く知るという事が大切です。

しかしある程度知るまでに無くしまくったら意味ないので、まずは知っている詳しい人と行くのが良いと思いますw

 

底質を知る

 

投げる先の、底質を知る事。

どうやって知るの?というところですが、岸際を見て、水中の様子を推測します。

大概、岸際の様子がそのままボトムの質、というところが多いかと。

 

例えば、木の枝が大量に沈んでいるポイントでは、当然ながらトレブルフックのルアーや、むき出しのマスバリを投入すれば根掛かる確率は増えます。

まあこれは自分だけかもしれませんが、根掛かりするときは、そりゃ根掛かるわ!って事をやっちゃってる場合が多いです。

 

リップ付きルアーの躱し性能は、思いのほか高い。

 

これは最近ハッとした事なんですが…リップ付きのルアーの躱し(かわし)能力って思っているよりも高い事が多いです。

で、どう巻いてくれば躱してくれるのか、足元で引いてみること。わざと枝や岩にぶつけてみる。

すると、器用にリップを起点として躱してくれるんです。

そうやって、そのルアーがどのぐらい躱せるのか、事前に確認する。それをイメージしながら巻いてあげると、だいぶ違うと思います。

 

フロントフックダブル化

 

フロントフックをダブルフックにすると、劇的にルアーロスト率が下がります。

とくにミノーやジャークベイトでおススメ出来るメニューです。

 

引っ張らない!

もし何かに引っかかってしまった場合は、まずはラインのたるみを揺らすぐらいの力で優しくゆすります。実はこれでかなり取れる事が多いです。

やりがちなのはいきなり強い力で引っ張る事。フックが深く刺さり、ますます回収不能となります。

反対側に回る

優しくゆすって取れなければ、反対側に回ることで高確率で回収可能です。(これをやる前にがっつり引っ張ると、取れなくなってしまいます。)

まあおかっぱりだとなかなかできない事も多いのですが…

 

ナスオモリ

もう十分に知れ渡ったTIPSですが、ナスオモリにスナップを付けて投入するとメタル系の根掛かりは90%ぐらいの確立で回収できます。

ちなみにこの技ダウンショットやジグ等にも有効です。大変秀逸な根掛かり外しです。

 

無理はしない

 

昔は、根掛かりは攻められている証拠。って思っていましたw

でも根掛かりしてリズム崩すぐらいなら、根掛かりしないほうが良いに決まってます。

なので、ここ根掛かりするだろうな、ってとこに無理して投げない事にしてます。(または、根掛かりしないルアーを投げる。)

「無理している」かどうか、という感覚は難しいのですが…

 

ルアーリトリーバー(回収機)

 

 

 

ルアー回収機はスティックタイプと棒タイプの併用がおススメ。

私が愛用しているのは、テポドンとJP4750です。こいつらの回収能力ハンパないっす。

 

特にJP4750みたいな棒タイプは、ボートでは必携かと思います。

最長で4m75cmの長さを活かし、根掛かりだけでなく、高い木の枝に引っかけた際も活躍してくれます。

 

よくフィールドで、この高さで諦めちゃうの?っていう、木に引っかかったルアーを見かけることがしばしばあるので…

環境負荷的にもお財布的にも出来るだけ回収したいところです。

 

 

(おかっぱりのときは重いので、先っぽだけ持ち歩き、ランディングネットに装着してます。ねじ穴が4分の製品が多いので共通で使えます)

 

まとめ

以上、ルアーロストを防ぐ為、私が実践している方法でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です