ニシネルアーワークス チッパワRB。フラットサイド的効能と扱いやすさが同居。

スポンサードリンク

ニシネルアーワークスのチッパワRB。

一見難しそうな、ファットフラットサイド+ラウンドビルは優しいクランクでした。

ニシネルアーワークス チッパワRB

 

SPEC

Length 62㎜
Weight 15g
Deps 1.5-1.6m

ハンドメイドルアーの巨匠である、西根博司さんの手掛けるニシネルアーワークス。

もはや説明不要ですが…実釣性能、ディティールに長けた素敵すぎるハンドメイドルアーを数多くリリースされております。

(個人的には、デカビーツァ、デンプシーテール85S、ビーツァM7などを入手し、楽しんでいます。)

今回は、そんなニシネルアーワークス待望のインジェクションモデル、チッパワ RBのインプレです。

我が家にやってきたチッパワさんはレッドクローフィッシュとBPBシャッド

カラーは悩みに悩んでレッドクローフィッシュとBPBシャッド。

 

レッドクローフィッシュは間違いないヤツ♪

 

ベリー部の鮮やかなが特徴的ですね。

個人的に青いルアーというのはなかなか難易度が高く感じているのですが、このベリー部の青がそれを和らげてくれるハズ!

 

そしてBPBシャッド。

すごく深い味わいカラーリングで、角度や天候によってかなり雰囲気が変わるのです。

なんとも言えないイイ塩梅です。

パッケージにルアー愛

 

まずチッパワが着弾して驚いた点!パッケージが非常に凝っております。

プラスチックが’チッパワ型’に成形され、そこにすっぽり鎮座。

取り出してからも、チッパワ君がそこに居た形跡が(‘ω’)

フックやボディの干渉を防ぐ、という事だと思いますが、並々ならぬ情熱を感じます。

ラウンドビルのファットフラットサイド

 

初めてチッパワRBの仕様を聞いたとき、ちょっと珍しい構成ではないか?と思いました。

 

ファットフラットサイドのクランクベイト自体、市場にあまり数は多くないですよね。

さらにラウンドビルとなると、とても稀な存在ではないでしょうか!?

 

一体どんな場面で使うべきなのか…?とても私のスキルでは、いわゆる「出しどころ」が思い浮かびません…

 

しかし実際投げてみると、実はそんな難解なモノではない、という事が分かりました。

軽めな巻き抵抗と、気持よくカッ飛ぶ自重でガンガン投げ倒しております。

難しく考えすぎる必要は無いですし、勝手に悩み抜いていただけで、とても扱いやすいクランクベイトでした。

RCカマキリ

 

標準フックは イチカワフィッシング RCカマキリトレブルの#4。

ボディサイズに対して、前後フックが大き目なチッパワ。

 

実はそのまま使うと前後フックがお互いに干渉する大きさになっています。

しかし、掛かりやすさを重視し、あえてこのサイズをチョイスしているそうです。

 

ちなみに、正直に言ってまだ魚は掛けておりませんが、ある程度投げこんでみたところ、使用中に干渉するような事はありませんでした。

フラットサイドの効能

これからの時期、アフター回復系のバスに対して、チッパワRBで積極的に仕掛けてみたい!

セオリー的に、フラットサイドクランクベイトはアフターの時期に効く、というお話があります。

 

あくまで偶発的ではありますが、アフターの時期にフラットサイドで釣れた事がありまして…

それをさらに検証したいと思います。

 

フラットサイドクランク入門として。

正直、フラットサイドクランクというのは出しどころが難しい!と思ってしまいがち…私ももちろんそうです…

さらに、普通のフラットサイドクランクはどうしても軽くて投げにくく、扱いにくい印象を持つことも。

 

しかし、チッパワRBはフラットサイドクランクが扱いにくい理由の一つである、キャスタビリティをクリア。

フラットサイドクランク入門的な感じで使いこみます。

サイレントモデルも出る

サイレントモデルが追加リリースされるようです。

(チッパワRBはほんの少しだけコトコトラトル音がします。)

チッパワRBで悩んでやめたカラーをサイレントの方で入手するというのもアリですね♪

まとめ

ニシネルアーワークス チッパワRBについてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です