カバーの最奥、フリップドム! ファットイカと比較してみた

スポンサードリンク

カバーの最奥といえば…
そう、noriesのフリップドム。
購入し、ライバルである!?ファットイカとも比較してみました。
インプレッションをお伝えします。

ノリーズ フリップドム

nories[ノリーズ] フリップドム

nories[ノリーズ] フリップドム

 spec

 名称  フリップドム
 size  3inch
 入数  6
 価格  750円(税抜)

 

推奨フック

特徴

カバーの最奥、フリップドム!
 
noriesのフォールベイト、フリップドム3in。
独特のボディ形状を持つノーシンカー推奨設計ワーム。

空気抵抗の極めて少ない超シンプルなその形状と単体重量14gで、ベイトタックルでの圧倒的キャスト飛距離を実現。

また、ボディ表面にはREAL SHELL FNISH [リアルシェルフィニッシュ]と呼ばれる、細かい凹凸処理が施されており、そのざらつきは本物の甲殻類を思わせる質感を醸し出しています。

打ち込んだ後は水平姿勢を保った状態で、左右にユラユラと自発的フォールアクションを発生。

インプレッション

noriesのフリップドム。単体重量14gと、空気抵抗の極めて少ないボディ形状でベイトタックルで面白いようにかっとびます。かっとんだ先は…それはカバーの最奥。それすなわちバスの居場所。

どこにでも入り込む究極のシンプル系ワーム。
超シンプル形状で、スキッピング性能も非常に高く、どこにでも打ち込むことが可能です。
また、硬すぎないマテリアルでバルキーなボディの割にはフッキングも決まります。

 

カラー

004 ウォーターメロン ブラックFlk.
013 ジューンバグ

031 ブラックエメラルド

061 ライトグリーンパンプキン レッド+グリーンFlk.
072 テナガシュリンプ

113 チャゴキ

123 アメザリ♂ 2016NEW
196 マッドシュリンプ 2016NEW
317 ライトグリーンパンプキン ブルーFlk.
380 ダッピ 2016NEW
389 スモーカーブルー

出典:nories

カラーは、全11色。
わがままを言うと、遠投が効くルアーなので、遠投先での視認性を重視したチャート系カラーが欲しいところです。

最強のライバル、ファットイカ

ゲーリーヤマモト ファットイカ

ゲーリーヤマモト ファットイカ

単体重量比較 

 

ファットイカ:単体重量12g
フリップドム:単体重量14g

単体重量は、ファットイカ以上。
当然キャストアキュラシーはフリップドムが有利か..と思いきや実際投げてみると割りと僅差です。

 
 

コストパフォーマンス比較

ファットイカは、10個入りで1700円。
フリップドムは、6個入り750円。

一個当たりの価格は、ファットイカが170円。
フリップドムが125円。

ややファットイカが割高。スカート部分を手作りで貼り付けている為、どうしても製造コストがかかってしまうそうです。
しかしファットイカもタフで長持ちするので一個当たりの価格は高くてもコスパは悪くありません。

カラーラインナップ

ファットイカは、なんと全34色。あらゆる水質、コンディションに対応します。
フリップドムは、全11色。チャート系カラーが欲しいところ。

まとめ

カバーのより最奥へ、タイトに入れ込みたい場合はフリップドム。
手作りで貼られたスカート部分で艶めかしいアクションを発生させて、喰わせの要素を交えつつ、バックスライドさせたい場合はファットイカ。
そんな使い分けでいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です