O.S.P ドライブSSギル!ブルフラットとガッチリ比較!

スポンサードリンク

ギル型ワームの新たな刺客、O.S.PのドライブSSギル!

後発組であるが故、実釣性能が高められていました。

ブルフラットやスタッガーワイドとの使い分けなどを模索します。

O.S.P ドライブSSギル

 

O.S.PのドライブSSギルを試しました!

扁平ボディ、スパイラルフォール、とギル型が釣れる要素をてんこ盛りでリリースされました。

さらにはボトムで跳ねさせると魅せる大車輪(サーカスアクション)など新しい魅力も開眼してきており、さすがの仕上がりです。

セッティングは3.5gシンカーが絶対オススメ。

 

ギル型ワームのセッティングをいろいろ試してみたのですが、3.5gのシンカーを合わせてスパイラルフォールを最大化させ、フォールを主体とした釣りがやはり最もおいしいと思います。

ブルフラットと比較。

 

ブルフラット3.8インチと並べてみました。

最大の違いは、テール部分のアクション。

ブルフラットのそれは「動かない」事がキモというか、泳がないテール、かえってそれがスレにくく、釣れる源泉だと思うのですが..

ドライブSSギルは「ぷりぷりぷりっ」とかなりハイピッチによく動くテールとなっています。

どちらが良いのか、と言われると難しいところですが…

 

正直なところ、いずれかのテールじゃないと釣れない!というシチュエーションは少ないと思うので、好みの問題が大きいかと思います。

どうにもブルフラットのそっけないカンジが信じきれない。という場合には、釣れる感じがするSSギルがオススメです。

塩多め。

マテリアルは、ブルフラットと比較すると、塩が多めなように感じました。

釣れた際、裂けた頭の部分から塩が多く出てきました。

その為ややハリモチ性能は低めかもしれません。テールもハイピッチ性能を生み出す代わりに、かなり薄めなのでショートバイトが有った場合、食いちぎられる可能性があります。

とはいえ、普通に使う分には耐久性は十分な仕上がりで、壊れるようなことは無かったです。

ブルフラット、スタッガーワイド、SSギル!

ギル型ワームはブルフラットとスタッガーワイドに良くお世話になっているのですが、それら最強2社とローテーション出来る仕上がりです。

主観ですが、ドライブSSギルは、ブルフラットよりも全体的に軽快な感じがしました。きびきび動くテールの印象から、かもしれませんが..

使い分けは非常に難しいですが、無理やり結論付けるとすれば..

・マテリアルが固めでテールもちぎれにくいブルフラットはカバー回りやアオヤロウ撃ちに。

・スタッガーワイドとSSギルはテールを含めたアクション性能を生かすためにオープンまたはライトカバーで使用!

みたいな感じでしょう!

 

まとめ

とりあえず、ちょいと投げてみれば、すぐに「釣れるギル型」である事はひしひしと伝わってきます。

個人的には本当にギル型にはお世話になっているので、いろんなメーカーから様々なギル型ワームがリリースされることは大賛成であります。

品薄になってしまっても、他社製のワームで代用することも可能ですよね!

「本気飲みガツガツバイト」を是非体験してみてください!

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です