O.S.P HPミノー。マテリアルと形状が予想の斜め上だった件。

スポンサードリンク

話題の新作、O.S.PのHPミノーを入手しました。

プリンプリンのハンドポワード系のワームのようなマテリアルと、驚きの真四角な扁平ボディ。

V字テールを持つ、リアル系シャッドテールの特徴をシェアします。

O.S.P HPミノー

 

 

 

話題の新作、O.S.PのHPミノーを入手しました。

カラーは、左がゴーストシュリンプで、右がグリパン。(友人と仲良くはんぶんこしましたw)

 

こういった小型のVシャッドテールワームは、エバーグリーンのラストエースが驚異的な釣果を発揮してくれたので、このHPミノーも間違いなく「釣れるヤツ」だろうと思い、リアクションバイトw

サイトフィッシングや、フィネスゲームで活躍してくれると思い買ってはみたものの、実はあまり前情報を仕入れていません。

O.S.Pのホームページを読んでから書くと、O.S.Pのホームページと同じことを書いてしまうのでw、O.S.Pのホームページを読まずに、触った感想を好き勝手に書いてみます。

マテリアル

一番の特徴は、ハンドポワード系ワームのようなプリンプリンの柔らかいマテリアル。

なんとも言えない、絶妙な柔らかさ。これは間違いなく、ライブリー過ぎるアクションを発揮してくれると思います。

普通のO.S.Pワームよりも、20%ぐらい柔らかいようなイメージ。

柔らかければイイ!ってもんでもないですが、「ルアーをいかにエサっぽく見せて喰わせるか」なフィネスフィッシングにおいては活躍してくれると思います。

釣れる予感しかしません。

四角い!

そしてもう一つの特徴。

それは、四角いシルエット!

薄い形を想像していたのですが、予想を裏切る扁平カット。

発生する水押しや、アクションについて、他社製品にはない特徴を持たせてきたようです。

スリット入り

大胆にも、後部が大きく裂けています。

柔らかいマテリアルなので、針もちの向上を狙ってのことでしょうか。

確かに初めからスリットが入っていれば、フックを通すことによるダメージは最小限に抑えることが出来ますね。

 

こう使う。

O.S.Pのホームページにも記載してあると思うので、アレですが、触ってみて絶対このメソッドは良いハズ!と思った使い方です。

I字引き

これはちらっとどこかのWebで見た情報ですw

近年リリースされた、こういった小型VシャッドテールはI字引きを想定して作られているものが多いですね。

このHPミノーも例外ではなく、I字引きしたときに、綺麗にまっすぐ泳ぐようなバランスに仕上がっているとのこと。

このライブリーなマテリアルで、スーパーナチュラルなI字引き…スレたフィールドで良く効きそうです。

ダウンショット

ダウンショットリグでもかなり良さそうです。

扁平ボディ特有の強い水押しによる存在感、テールのピリピリとした波動によってスレバスもバイトに持ち込めるかもしれません。

意外とありそうでなかった、新しいシルエットなんですよね。

’バスが見たことないモノ’になっていると思います。

表層ぴくぴく

ネイルフロートを仕込んで表層ぴくぴくなども対応してくれるのかな。

柔らかいマテリアルのおかげで、「ほっとけ」でも死にかけのワカサギのごとく動いてくれるはずです。

サイトで活躍

おもにサイトフィッシングでの使用を想定しています。

もちろんダウンショットリグなどで、ブラインドでの使用も良いとは思いますが。

ライバルは、エバーグリーンラストエース!?

前述しましたが、エバーグリーンのラストエースが最大のライバルでしょうか。

しかし触ってみた感じだと、マテリアルや形状に結構違いがあるので、必ずしもガチのライバルとも言えないのかな、という感じがしました。

使い分けは難しいですが…じっくり検証してみたいと思います。

まとめ

ワカサギ喰いのバスが多い場合や、喰い渋った際の切り札として、かなり期待感の高まるHPミノー。

実戦投入して、その威力を体感してみたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です