名作O.S.P YAMATO[ヤマト] Jr. SPEC2を入手。 音がイイ。泳ぎがイイ。

スポンサードリンク

O.S.Pの名作ペンシルポッパー、ヤマトJr.を入手しました。
名作たるゆえんのその高性能っぷりを
お伝えします。

O.S.P ヤマトJr. SPEC2

IMG_9032 IMG_9036

 
 

SPEC

Length 94.0mm
Weight 17.5g
TYPE Floating
PRICE 1,700円(税抜)
COLOR  #T.N.シルバーギル PMS45

 

音がイイ 

まずアクション時のサウンドがとても軽快で
イイ音がします。
金属のラトルボールが奏でる金属音と
水をかき回すサウンドがとてもキレイで重厚なハーモニーを奏でます。
これはそうとうに’音’にこだわって作っているのだろうな、と感じさせます。

イイ音を奏でてくれるのは、
バスを惹きつける効果はもちろんのこと、
釣り人にとっても良いリズムで釣りをすることが出来ます。
ロッドティップでアクションを加えるたびに小気味良いサウンドで
アクションさせていて大変楽しいです。

適度なサイズ、重量感

IMG_9035

 

サイズ感がかなり絶妙なサイズ感になっています。
強めのベイトタックルでも投げやすい適度な重量がありながら、
サイズが大きすぎず、30センチ前後の関東アベレージサイズ?も十分に喰わせることが可能となっています。
ヤマトとヤマトJrで正直かなり迷いましたが
関東フィールドのアベレージサイズに合わせてJr.を選択しました。

喉元のセンターボードの回避性能

IMG_9037

 

 

カバーなどに絡めて使用する場合、
普通のペンシルベイトだと水面直下の枝などに対して
回避性能は0に等しいですが
喉元の通称’センターボード’の効果により
ヤマトJr.に関しては0だった回避性能が1になっています。

この1の回避性能がとても秀逸で
ちょいと引っ張ることによってこのセンターボードがぶつかり、
ルアー自体がジャンプして枝などを平気で乗り越えてくれます。

カバーを攻めるときにいちいち引っかかっていたらストレスが溜まりますが
そのストレスが大幅に低下しています。
とても素晴らしい意匠です。

キャストアキュラシー高

前述したように重さと大きさのバランスがとても秀逸で
MやMHのベイトタックルでほんとうに扱いやすいです。
世界のT.Namikiになりきった気分でマシンガンキャストがガンガン決まります

新色のリアルプリントが秀逸

IMG_9040

 

イマカツのバスロイドなどで有名な
リアルプリントが施されています。
所有感を高めてくれるとともに
バスから見てもとても魅力的なカラーに仕上がっているのは
いわずもがなでしょう。

きびきび動く

アクションの軽快さが素晴らしい仕上がり。
軽快さ、キレのあるドッグウォークで
極めてベイトフィッシュライクな存在感を示してくれます。
合わせて抜群のキャストアキュラシーで素早く、広範囲をサーチ可能です。

名作ここにアリ、という感じでとても素晴らしいプロダクトです。
中古が出るのを待っていましたがなかなか出ないので
新品で購入してしまいましたがもっと早く購入していれば良かった、
そう思わせてくれる素晴らしいルアーです。

高い人気も納得の仕上がりです。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です