【リールメンテナンス】 ※迷うなぁ~! オイルなの?グリスなの? どっちが 好きなの?使い分け。

スポンサードリンク

ベイトリールメンテナンスのときに悩むのが、オイル&グリスの塗布箇所。

悩ましい、「ドライブシャフト軸ボールベアリングへの注油」を考察するとともに、適切なオイル&グリスの使い分け方をシェアします。

オイルとグリスの使い分け

 

(見出しと写真が逆ですいませんw)

オイル

オイルは、さらさらしています。文字通り、「油」そのもの。

抵抗が少ない為、軽い回転を出せますが、すぐに「飛ぶ」のでマメな注油が必要です。

グリス

グリスは、ねばねばしています。オイルに粘度を持たせ、調整したもの。

回転の抵抗になりますが、長期に渡って塗布対象を保護してくれます。

(知ってるわ、って感じですよねw)

 

リールメンテナンスにおける「適材適所のオイルグリス塗布」が、なかなか奥が深いのです。

かなり悩んだ箇所をご紹介するとともに、使い分けの基準を考察します。 

ドライブシャフト軸受けのボールベアリング

 

「ドライブシャフト軸受けのボールベアリング」の注油が非常に悩ましいのです。

「ドライブシャフト軸」は上の赤丸の部品。

ハンドルやメインギアの「軸」となる部品です。

外すとこんな感じ。

リールのメインフレームにドン!と突き刺す箇所にボールベアリングが仕込まれています。

オイルなの、グリスなの

最初の頃は、このボールベアリングへオイルを注油していました。

 

ボールベアリングにグリスを塗ると回転しにくくなるので、「ボールベアリングは基本的にオイルを塗布」という間違った認識からです。

 

しかし今は、「グリス」を塗っています。

…その理由を説明していきます。

注油しにくい

オイルグリスの使い分けのひとつの基準として、「定期的に注油が可能か」という判断基準があります。

 

ドライブシャフト軸受けのボールベアリングは、サイドプレートを開け、メインギアを外し、ドライブシャフト軸を分解しないと注油できません。

つまり、ここに「定期的に注油する」という事はちょっと難しいのです。

 

なので、長期に渡って保護してくれる「グリス」を塗ります。

 

ボールベアリングへの注油は適材適所

また、ボールベアリングへの注油は適材適所です。

 

・スプール軸受けのボールベアリングなど、高回転で回るベアリングはオイル

(スプール軸のBBにグリス塗っちゃうと、著しく飛ばないクソリールになりますw)

・その他のボールベアリングは基本的にグリス

 

って感じが今の自分の結論です。

あえてオイルで軽くする場合もある

本来グリスを塗布すべき箇所をオイルに置き換え、巻き感を軽くする高度なチューニングもあるようです。

私も硬めのグリス、柔らかめのグリスの巻き感の違いぐらいは分かりますが..

まだその境地には達してないので、語れるようになったらシェアしますw

まとめ

オイルなの。グリスなの。あれこれ考えるのはリールメンテナンスの醍醐味ですね♪

ちょっと間違えてもすぐに壊れたりはしませんが、適切な注油が出来るようになりたいです(*’ω’*)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です