パワースピンバイブ! メタル+PEライン。 感度やべえww

スポンサードリンク

また冬の相模湖釣行は凸りました。これで4連続デコ。冬のバス釣り難しい。。

ところで冬の定番メソッドであるメタルバイブ&ジグ。

12g~18gぐらいのメタルバイブ&ジグを、12lbベイトタックルで扱うのも良いですが、PEラインのスピニングタックルで扱ってみると、目から鱗の操作感、感度でした。

冬メタル&スピニングPEラインのススメをシェアします。

メタルバイブ&メタルジグ

メタルジグ

メタルジグ

 

冬の定番メソッド、メタルバイブ、メタルジグ。

なかなか口を使わない冬バスに対する最終手段として、リフト&フォールによるリアクションでバイトを得る有効なメソッドです。

そんなメタルバイブ、メタルジグ、どんなタックルが適しているのでしょうか。

12lbフロロ&ミディアムベイトタックル

DSC_8936

 

3/8oz~1ozくらいのメタルを使用する場合、M~MHぐらいのベイトタックルで、フロロカーボンラインでやるのが一般的。

ハイシーズン中に’バーサタイル’に使用しているベイトタックルです。

しかし、どうも感度的にイマイチなので、より最適なタックルはないかと模索してみることに。

そこで物は試しと、今シーズン導入した、PEラインでのスピニングタックルでメタルジグを投げてみると、目から鱗の操作感を得られることに気づきました。

ストラディックCI4+2500HGS&+ゾディアス270MH

ストラディックCI4+ 2500HGS&  ゾディアス270MH

ストラディックCI4+ 2500HGS& ゾディアス270MH

 

普通のベイトタックル?に代わり、私の冬メタル定番タックルになりそうなのは、ストラディックCI4+2500HGSと、ゾディアス270MHの組み合わせ。

ゾディアス270MHは、数あるゾディアスの番手の中でも、超ニッチな番手で、ベイトロッドをそのままスピニングロッドにしたような、ガチガチのパワースピニングロッドです。

シーズン中はこの組み合わせで、植物系のカバーにスモラバを入れ込んだり、ファットイカを超遠投して良い思いをたくさんしたタックルです。

PE1号~1.5号

 

上記タックルに、ソルト用のPE1号~1.5号を合わせます。

赤鬼さん

サンラインのバススーパーPE(上の赤鬼のパッケージのやつ)を最初の頃は使用していました。

しかしコレ、ナチュラルな深緑色なんですが、リザーバーの水の色と同化して視認性が悪いのです…

ソルト用がおすすめ

そこで、視認性を確保する為、ソルト用のPEをチョイス。

ソルト用のほうがコスパも良いです。

PE1号~1.5号と太めなのはロッドの強さに負けないように。

圧倒的感度

img_0852

 

ベイトタックル+フロロカーボン12LBに比べて、比べ物にならないぐらいの圧倒的な感度。

ボトム着底から、リフト&フォールさせるメタルの釣りに、非常に適しています。

操作しているメタルジグの様子が手に取るようにわかります。

ボトムの硬さも伝わってくるぐらいの超高感度。これはやらない理由がありません。

半端じゃない飛距離

半端じゃなくぶっ飛びます。

そしてかなり遠くにぶっとばしても、圧倒的感度のおかげで、手元で操作しているかのように、メタルジグの動き、ボトムの感触が手元に伝わります。

比重の低さがメリット

PEラインは比重が低い為、沈みにくいですが、3/8ozから、1oz程度重量のあるメタルジグであれば、比重の低さはネガになりません。

むしろ、リフトしたときにより上方向にジグを引っ張れるので、移動距離を抑えたリフト&フォールが可能になります。

 

気難しさは一切なし

扱いにくさはほとんどありません。むしろフロロ12LBよりも、メタルジグは圧倒的に扱いやすい。

しかしフッキング後、ファイト中のショック吸収が出来ないのでバレやすい。

バラシ防止に、リーダーを入れた方が、より良いかもしれません。今後の検討課題です。

 

スピンバイブ

RAID JAPANの岡 友成氏が提唱しているメソッド、パワースピニングでのバイブレーションセッティング通称「スピンバイブ」

小型のバイブレーションやメタルバイブと、パワーフィネスタックル+PEラインの組み合わせ。

リールは2500番のハイギアで、ロッドは7フィート前後のM~ML。ラインはメタルバイブ5~7gなら0.6号、9~11gは0.8号を基準とし、リーダーにフロロ8~10lbをFCノットで組みます。

ロッド M・ML・Lクラス
リール ストラディックCI4+ 2500HGS
ライン PE0.6~0.8号+リーダー フロロカーボン8~10lb

この「スピンバイブ」メソッドに、近いセッティングになりますね。

さらにパワーを持たせた「パワースピンバイブ」と名づけておきますw

まとめ

 

あまり一般的ではない、PEラインでの冬メタルですが、ボトムを感知しながらするメタルジグの釣りで、PEラインのメリットは際立つハズです。

あまりの感度&飛距離に、もうフロロには戻れない?PEラインの冬メタルの可能性を感じた出来事でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です