派手なPEライン直結でもバイトが減らない理由。

スポンサードリンク

亀山ダム発祥のテクニックで、流行中の「パワーフィネス」。

そんなパワーフィネス、組み合わせるPEラインの色によって釣果が変わる!?

PEラインのカラーについて考察します。

強めのスピニングタックルと、PEラインの組み合わせで、難攻不落のカバーを攻略するパワーフィネス。

パワーフィネスセッティングの際、どんなPEラインが良いのでしょうか。

 

ソルト用ライン

私はソルト用のPEラインを使用しています。

「バス専用」と謳われた製品と比較しても、ネガな部分がさほど見当らない、というのがその理由。

そしてなにより、ソルト用のPEラインはコスパがとても良いのが特徴です。

 

まずは私が使用した、「バス専用」と、「ソルト用」のPEラインをご紹介します。

サンライン バススーパーPE

 

赤鬼マークが目印の、サンライン バススーパーPE。4本撚り(ヨリ)仕様。

長年愛される、バス用の定番PEラインです。

カラーは、ナチュラルな深緑色。

ユニチカ シルバースレッドPE ショアゲーム

 

安価なソルトゲーム用PEライン。4本撚り(ヨリ)仕様。

カラーは、明るめな水色です。

安価で性能も良いので、もっぱらこちらを使用しています。

派手なPEでも大丈夫?

使用感になんらネガは無く、またコスパもよいシルバースレッド ショアゲームPE。

唯一懸念があるとすれば、派手なPEラインを使用していると、バイトが減るのではないか。という不安がありますw

その不安を取り除く理由を考えてみます。

水質

私のよく訪れるリザーバーでは適度に濁りの入った水質であることがほとんどです。

なのでクリアウォーターに比べて、派手目カラーのPEラインでもバスがラインを視認しにくいはずです。

カバーに入れるので関係ない

パワーフィネスタックルで、ネコリグやスモラバをカバーに入れることが多いと思います。

カバーフィッシングにおいては、ラインの存在感は目立ちにくいと考えています。

なので派手目カラーでもOK、という訳です。

バイトは減らない!

結論としては、今のところ、実感としてユニチカ シルバースレッド ショアゲームPEにしたことによって、バイトが減ったという事は感じられません。

サンプル数が少なすぎるかもしれませんがw、上述した理由や実際のフィールドでのバスの反応から、PEラインのカラーはバイト数に関係ない、というのが私の持論です。

視認性

さらに、水色のPEラインは、とても視認性が高いのもポイント。

私のよく行くリザーバーだと、深緑色は湖の水の色と同化してしまって、視認性が悪いんですよね。

あくまで私の目で見た感想ですので、参考程度ですがw

直結セッティング

セッティングはリーダー無しの直結セッティングです。

リーダーを結束するのが面倒だし、植物系カバーにぶちこむときも、1.5号あれば切られることはそうそう無いからです。

リールとの見た目の相性

 

これはかなりどうでも良い点ですが、ストラディックCI4+の赤/ガンメタのボディにはバススーパーPEの深緑の方が合っている気がしますw

ほんとどうでも良いですけど…でも見た目も大事な要素ですよね。

プロのタックルセッティング★

…これだけだとかなりアレなんで、伊藤巧氏とオリキン氏のパワーフィネスタックルのPEラインを調べてみました!

伊藤巧氏のパワーフィネス

ロッド:「ロードランナー ヴォイス ジャングル 680JMHS」
リール:SHIMANO ストラディック  2500HGS
ライン: クレハ シーガー R-18 完全シーバス

伊藤巧氏の使用ラインはシーバス用の「シーガー R-18 完全シーバス」。

8本撚りの高級ライン。

カラーはチャート系のド派手なライムグリーンで、動画を拝見すると直結セッティングのように見受けられます。

折金一樹氏のパワーフィネス

オリキンこと折金一樹氏のパワーフィネスタックルは以下。

ロッド:ブラックレーベル6111MFS
リール:イグニスtype-R2505H
ライン:PE-performance1.2号~1.5号

 

折金一樹氏の使用ラインは、「ダイワのPE-performance」。

こちらはナチュラルな深緑で、バススーパーPEとよく似たカラーリングですね!

オリキンさんはナチュラル系がお好みの様子。

まとめ

バスからどのように見えているかはバスに聞かないとわかりません。

なので正解はないのかもしれませんが、少なくともカバーフィッシングにおいては、派手なPEによるバイトの減少は無いと考えます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です