バークレーマックスセントはガルプ汁ダクダクの水分リッチマテリアル。

スポンサードリンク

その強烈なニオイで、世間を賑わせているバークレーマックスセントシリーズ。

Catch 45%More Fish!の真相を確かめたいと思います。

バークレー マックスセント シリーズ

 

バークレーの新ゲキクサワームシリーズである、マックスセントシリーズ。

クサイワームにはやっぱり惹かれてしまうがバスアングラーの性というもんである。

さらにそれがゲキクサ名門である、バークレーからリリースされたというのだからたまらない。

「PowerBaitとGulp!の良いとこ取りのハイブリッドシリーズ」という事で、同社の名作、ガルプシリーズとの違いなどもシェアします。

 

ラインナップ

バークレー マックスセント シリーズのラインナップは3種類。

・大き目なキングテール8インチ

 

・ベーシックなストレートワーム、Dワーム5.5インチ

・喰わせのHIT ワーム4.5インチ

そのうち、最も汎用性の高そうなDワーム5.5インチを購入してみました。

 

ガルプ

 

ガルプシリーズでバスアングラーにとって最も著名な製品のうちのひとつ、SWベビーサーディン。ソルト製品ながら、最強バスプロ青木大介氏のスモールマウス攻略のリーサルウェポンとしても有名です。

個人的には、ガルプのニオイといえばこれのニオイを思い浮かべます。

あの独特の、酸味のある、酢漬けイカのようなニオイ。めちゃくちゃクサイけど、クサイ物嗅ぎたさでついつい二度嗅ぎしてしまう。

他社のイカ・エビフレーバーとは一線を画すそのクサさ。

ガルプ汁につけた様な匂い

 

で、本題のマックスセントです。

結論から言っちゃうと、やっぱしガルプのニオイがします。酸味が際立つ中に、甲殻類フレーバー風味も混ざった、複雑なオイニーのアレです。

扱いやすいガルプ

 

ただし、ガルプ汁の「汁成分」がよりワームのマテリアル内に詰め込まれたような印象。袋の中のガルプ汁は控えめに。

という訳で、汁ダクのガルプシリーズよりも扱いやすくなっています。

 

とってもジューシーで、水分リッチなマテリアル。試しに1本犠牲にして押しつぶしてみると、じわじわとジュースが滲み出てきます。

(すいません、写真で上手く表現できませんでしたが、出てますw)

ハリモチは上々

これだけ水分リッチな仕上がりながら、ハリモチは上々という不思議なマテリアル。

硬めな高野豆腐、といった風情で、これまでに無かった全く新しい感覚です。

ニオイモチも上々

さらに特筆すべきは、ニオイモチがかなりイイ、というところ。

かなり水っぽいマテリアルなので、もしかしたらニオイが抜けるのも早いのかな?と思ったのですが、全然そんな事ない。

1時間、2時間水に付けた後で嗅いでみても、しっかりとガルプ臭が残っておりました。

肝心の反応は?

 

45%UPというのは、同一条件で他のワームを投げた訳ではないので、ちょっと分かりませんが、かなり喰いつきがイイのは間違いないと思います。

なによりこのニオイですから、信じて投げ続けられる精神的支柱にもなってくれます。

まとめ

以上、バークレーマックスセントシリーズについてでした。

確かに、パワーベイトシリーズの扱いやすさと、ガルプシリーズのクサさが融合した製品に仕上がっています。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です