RAID JAPAN バトルホッグ入手。 パワーアームの圧倒的存在感。

スポンサードリンク

金森隆志氏主宰のブランドRAIDJAPANから
クロー系ワーム「バトルホッグ」
が登場しました。
購入してみましたのでインプレッションをシェアします。

レベルバイブ[LEVEL VIB]などの超名作から、近年ではダッジ[DODGE]や、ブルタンク[BULLTANK]など魅力的な大型のトップウォータープラグを精力的にリリースし、常にわれわれバサーを楽しませてくれる、RAID JAPAN。

そんなRAIDJAPANから、ブランド初となるホッグ系ワームとなるバトルホッグ「BATTLEHOG」がリリースされました。

早速購入し、テキサスリグで使用してみることにしました。
そして、現代バスフィッシングにおいてホッグ系ワームの代表的存在といっていい、O.S.P ドライブクローと比較してみました。

 

RAID JAPAN BATTLE HOG[バトルホッグ]

BATTLE HOG

出典:RAIDJAPAN

SPEC

length 3.8in
入り数 5
price 850円(税抜)

特徴

パワーアーム

まずは最大の特徴といっていいのが、分厚いアームです。
通称’縦扁平パワーアーム’。このボリュームのあるアームにより、強めのバイブレーションを起こしてくれて強烈にアピールします。
まさに’BATTLEHOG’の名にふさわしいアピール力。

サイドレッグ

長短組み合わせたサイドレッグが、スロー&ファストな複合的アクションを生み出します。
これによりファジーな生命感を発生。

ツインカーリー

わずかな水流を受けて動くツインカーリーを装備。
艶めかしい動きでバスを魅了します。

アクション

コンパクトボディから発生させる、際立つ存在感。
カバーの中で、岩盤際で、逃げ惑うザリガニをイミテートしてくれるでしょう。

O.S.P ドライブクロー4inと比較してみた

左から RAID JAPAN BATTLE HOG 3.8in, O.S.P ドライブクロー 4in

左から RAID JAPAN BATTLE HOG 3.8in, O.S.P ドライブクロー 4in

 
津久井湖 BATTLE HOGバス

津久井湖 BATTLE HOGバス

 

 最大の特長は3.8inという小型サイズながら、’縦扁平パワーアーム’の存在感によって全体のボリューム感が大きさ以上であること。
ドライブクローのアームも強い存在感と水押しを発生させますが、BATTLEHOGのパワーアームはより強いものになっています。
  
濁りの入ったフィールドなどで強さを発揮しそうです。
先日、H1グランプリのプラクティスで訪れた津久井湖で、台風通過後の濁りの入った状況で、BATTLE HOGの7gテキサスリグでレギュラーサイズのバスをGETすることが出来ました。
 
 一度喰い損ねたバスにフォールで再度誘いを入れたら、追い食いしてきました。バトルホッグ[BATTLEHOG]の強い水押し、艶かしいアクションによって濁りの入ったフィールドで強さを発揮してくれました。

カラー

バトルホッグ カラー

※クリックして拡大

 

出典:RAIDJAPAN

♯BH001. GREENPUMPKIN SEED
♯BH006. GREENPUMPKIN BLUE FLK
♯BH007. EBICHILI
♯BH019. BLACK RED FLK
♯BH020. DARKCINNAMON BLUE FLK
♯BH022. AMEZARI
♯BH032. TENAGA EBI
♯BH036. SCUPPERNONG
♯BH037. SAPPHIRE BLUE
♯BH038. CHAMPAGNE ORANGE 

 の全10色となっています。
定番カラーは一通り網羅しており、さらに鮮やかなブルー、オレンジなどもあって充実のラインナップです。

まとめ

3.8inという絶妙なコンパクトサイズながら、抜群の存在感を示すバトルホッグ。
使いやすいサイズ感とアピール力の相反する要素を高次元でまとめた新しいホッグ系ワームに仕上がっています。テキサスリグやジグトレーラーとして、大活躍してくれることでしょう。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です