RAID JAPAN レベルバイブビッグもう買った?関東バイブレーション不要論。

スポンサードリンク

RAID JAPAN(レイドジャパン)の、名作プラグ「レベルバイブ」。

兄貴分の「レベルバイブ ビッグ」【LEVEL VIB B.I.G. 】が追加されました。

「レベルバイブビッグ」の仕様をご紹介すると共に、関東フィールドでのバイブレーションプラグの必要性について考察します。

 

レベルバイブ

RAID JAPAN レベルバイブ

RAID JAPAN レベルバイブ SPEC:Length: 54.0mm  Lure Wt.: 3/8oz. class

出典:RAID JAPAN

実は私、レベルバイブ、持ってないんです。

レベルバイブ持ってない奴が、レベルバイブとレベルバイブビッグについて記事を書いてみます。

バイブレーションプラグ

なぜ私がレベルバイブを持っていないか。

それは、バイブレーションプラグをあまり使わないからです。

 

ナゼ使わないのか。

深い理由はありませんが、私の訪れるフィールドで、必要性を感じないからです。

 

ボート釣行ではキャスト距離はそこまで必要が無いのと、巻き物はスピナベ、クランクが有ります。

 

陸っぱりでは、根掛かりがイヤなので、リップ付きのルアーを使用することが多いです。

 

つまり、バイブレーションである必要性が無いのです。

(本当言うと、単にバイブレーションでの釣りが苦手なだけですw)

 

逆に、バイブレーションプラグが必要なシチュエーションとは一体どんな時でしょうか。

 

一つの答えとしては、野池での陸っぱりが盛んな、西日本のフィールドでは必要不可欠。

皿池タイプの野池などの陸っぱりで、ブンっ!と遠投して、表層から最深部まで広く探れる、マストアイテム。

 

という感じでしょうか。

レベルバイブは何が凄いか

 

「定番」を作り出したトコロがすごい。

流行りのルアーを作るよりも、「定番」を作る方が難しいはずです。

 

いつの時代も釣果に普遍性をもった、定番ルアー。

そう、ベビーシャッドや、クリスタルS、ジョインテッドクローのような、永世定番品です。

 

そんな「マスターピース」を作り出した、若き日のカナモ、そしてレイドジャパンはスゴイ。

そんなレイドジャパンのモノ作りは、本物でしょう。

 

レベルバイブ世代

いまバス釣りをやってる若い人たちは、「レベルバイブ世代」といえるでしょうね。

「レイドジャパン世代」とは言わずに、代表的ルアーである、「レベルバイブ世代」と呼んでみます。

 

メガバス世代

私は、「メガバス世代」

バス釣りを始めた頃、メガバスが全盛で、プレミア価格で取引されていました。

 

ZEALなんかも流行ってましたね〜。

まだ、スモラバや、ベイトフィネスが無かった時代です。

 

だいぶ前置きが長くなりましたが…そんな現代バスフィッシングど真ん中な、レベルバイブにビッグサイズが登場。

それがレベルバイブビッグです。

レベルバイブビッグ

 

・通常のレベルバイブの約1.5倍の大きさ

・5/8oz(約17g)

・ラトルインで、控えめなワンノッカーサウンドを発生

・対スレバス仕様。大きいが、控えめなアクション。

・レベルバイブの最大の特長である、水平スイムや、ボトムでの「立ち」姿勢は継承

いままでありそうでなかった、レベルバイブの兄貴分、といったところでしょうか。

レベルバイブ種類まとめ

これだけだとアレなんで…レベルバイブの種類をまとめてみます。

※画像は全てRAIDJAPANさんからお借りしています。

・レベルバイブ

 

のーまる。

SPEC

Length: 54.0mm  Lure Wt.: 3/8oz

・レベルバイブサイレンス

 

その名の通り、サイレント仕様。ノーマルと形が一緒。

サイレンスのみのカラーラインナップが特徴。

SPEC

Length: 54.0mm  Lure Wt.: 3/8oz

・レベルバイブカウンター

 

ノーマルよりも、うるさいヤツ。ノーマルと形が一緒。

「ボーン素材」を使用し、音響効果を高めています。

SPEC

Length: 54.0mm  Lure Wt.: 3/8oz

・レベルバイブビッグ

 

追加されたビッグ。デカイ。おとなしいアクション。

ノーマルよりもサウンドは控えめ。

SPEC

Lure Wt.: 5/8oz

・レベルバイブ ブースト

 

派生モデル。

形はメタルバイブ風で、ABS樹脂によるボディ。

メタルバイブだと思って、リアクションベイトとして使用すると良さそう。

SPEC

length:38mm/38mm/46mm/46mm

weight:5g/7g/9g/11g

サウンドは、うるさいほうから、カウンター、ノーマル、ビッグ、サイレンスの順ということですね。

高い実釣性能を誇るレベルバイブに、兄貴分が加わったことで、「レベルバイブローテーション」が更に鉄壁なモノに仕上がったようです。

まとめ

現代のバスフィッシング界におけるマスターピースとしての「レベルバイブ」。

みんなのタックルボックスに絶対1つは入っているルアー代表です。

私も購入してみようかな。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です