レンタルボートでバス釣り。入門その1。ボート、エレキ、エレキ操船編。

スポンサードリンク

陸っぱりも楽しいけど、次の釣行はレンタルボート釣行に出かけてみてはいかがでしょうか。

私もちょっと前まで、自分にもエレキ操船出来るのだろうか?と不安な気持ちの陸っぱりバサーでした。

そんな悩めるレンタルボート釣行初心者に向けた、レンタルボート釣行入門レポートをお届けします。

エレキつきボート借りてみたいけど

たぶん、レンタルボート釣行をぜんぜんしたことがない方にとって、レンタルボート釣行は不安や、不明点がたくさんあって敷居が高い部分があると思います。

そういった悩めるレンタルボート初心者の方のために、ikahime的レンタルボートtipsをシェアします。

最初に自分が感じていた不安を思い出して、必要であろう情報を記載してみますね★

ちょっと長くなってしまったので、いくつかの記事に分けてシリーズモノとして連載します。

第一部である当記事では、ボートの種類、エレキ入門、エレキ操作入門編です。

それではいってみましょう!

 

ボートの種類

まずはボートの種類をご説明しますね★

レンタルボート屋さんで借りれるボートの種類は、ほとんど次の3種類というところが多いと思います。

免許不要艇

文字通り、エレキをつけても、免許不要なボートになります。(不要艇の写真がなかったので、次回釣りに行った際に撮ってきて追加しますw)

ボートの全長が3m未満のものになります。

どこのレンタルボート屋さんでも、大概用意してあります。

最初はコイツでレンタルボートデビューですね★

12ft(じゅうにふぃーと)

 

特徴

レンタルボート、というと、大体これを想像するのが一般的だと思います。

ローボート、なんて呼び方もします。

井の頭公園で、カップルが手漕ぎで乗ってるヤツですねw

ヤマハ製かスナガ製のものが大半です。

全長約3m70cm。

メリット

大概のボート屋で、コレが一番安く借りれます。

そして軽いので、パワーの無いエレキでもそこそこ速く移動できます。

デメリット

デメリットは、安定感にやや欠けます。

左右にとっても揺れやすい。

他のボートが近くを通ったときの引き波で、怖い思いをすることも多々あります。

ちなみに、これにエレキをつけると免許が必要になります。

14ft(じゅうよんふぃーと)

 
 

写真、分かりにくくてすいませんwピンクのやつです。

丁度イイ写真が無かったです、今度撮ってきて差し替えますね★

メリット

12ftよりも長い、14ftボートです。約4.26メートル。

こちらもエレキを付けると船舶免許が必要になってきます。

12ftに比べて、安定性のあるボートです。

とくに横方向の安定感が、ぜんぜん違います。

船上が広く荷物をたくさん持ち込めますので、タンデム釣行の場合は、14フィートがオススメです。

いちおう乗車定員は3名。でも14ftに3人乗ってバス釣りは、狭いですw

なので実質2人乗りだと考えていいでしょう。

私は、安定感を求めて、1人で借りるときも14ftを借りたりします。

12ft、結構不安定なんですよね…

デメリット

大きくて重いので、12ftと同じパワーのエレキをつけた場合、遅いというデメリットがあります。

そして、大概のボート屋さんで、12ftより500円から1000円ほど高い料金になっています。

ボートについてオススメサイト

これらボートについては、おりきさわボートさんのHPに詳しく載っています♪

ボートについてはこの辺で。

続きましては、エレキについてのお話です。

まずは、「エレキ」について軽く基本事項を説明しますね★

エレキ入門

「レンタルボート入門」の記事なのに、「エレキそのもの」についての知識が必要かといわれると微妙ですが、書いてしまったので記載しておきますねw

フットコンとハンドコン

エレキは、大きく分けて2種類存在します。

フットコントロールエレキと、ハンドコントロールエレキです。

それぞれ、「フットコン」、「ハンドコン」と呼ばれます。

ハンドコンエレキ

ボートの、スターン(船尾)に取り付けて、操作は手で行うエレキです。

バス釣りにおいては、トップウォーター専門の方(通称トッパー)の方々がよく使用しています。

フットコンに比べて価格が安く、操作も直感的で分かり易いのが特徴です。

フットコンエレキ

ボートのバウ(船首)に取り付けて、操作は足で行うエレキです。

バス釣りの関東レンタルボートスタイルにおいて、メインとなるエレキです。

価格は、ハンドコンエレキに比べて高いですが、すべて足で操作をすることが可能な為、両手が空きます。

操船しながら釣りをすることが出来るので、手返しや効率が上がり、結果バスをGETする確率が高まります。

その為皆さんフットコンエレキを使用します。

という訳で、ここからは主に「フットコンエレキ」について、説明していきたいと思います。

エレキのメーカー

エレキには、大きく分けて2つのメーカーが存在します。

「モーターガイド」と「ミンコタ」です。

それぞれ特徴

モーターガイド

モーターガイド ツアーシリーズ TR-82V32

モーターガイド ツアーシリーズ TR-82V32

 

バスフィッシングのレンタルボート界において、マイエレキをお持ちの方の、8割から9割ぐらい?が、モーターガイド社製のエレキを使用しています。

ツアーシリーズなどが名機として名高い機種になります。

現在では、X3シリーズX5シリーズというブランド名のシリーズが最新シリーズになっています。

BMWの車名みたいなブランド名ですねw

もしこれからエレキを購入することになるなら、このX3シリーズか、X5シリーズで迷うことになると思います。

モーターガイドは、ミンコタと比較して、スピード型の設計、と言われています。

ミンコタ

 

ミンコタは、トルク型の出力特性が特徴の、エレキになります。

トルクがあって、故障が少ない、と言われていますね。

モーターガイドがスピード重視、ミンコタはトルク重視らしいです。

実際に比較したわけではないので、本当なのか、なんともいえませんがw

一般的にはそういわれています。

モーターガイドがレブチューンモーター、ミンコタがトルクチューンモーターみたいな感じですw

(アラサー世代は分かってくれますかね、このネタ)

エレキの電圧

続いてはエレキの電圧について説明しますね。

エレキは、大きく分けて3種類の電圧のものが存在します。

12V、24V、36Vのものになります。

それぞれ、特徴を説明していきますね★

12V

エントリーユーザ向け、12Vのエレキ。

現行のモーターガイドのラインナップだと、X3シリーズになります。

使用するバッテリーは1個。

私のFW54Vも、12Vです。

FW54Vの推進力は54lb。

54lb(ポンド)っていうのは、ピンと来ないかもしれませんが、たぶん1馬力無いぐらい、のパワーです。

極端に遅くはないですが、まあまあ遅いですw

バッテリーが1つで済む代わりに、パワーも控えめなエレキになります。

ただ、エレキ自体も軽く、準備&片付けは楽です。

24V

モーターガイド ツアーシリーズ TR82V

モーターガイド ツアーシリーズ TR82V

続きましては24V。

現行のモーターガイドのラインナップだと、X5シリーズになります。

使用するバッテリーは2個。

エレキに使用するバッテリー、ACDelco [ エーシーデルコ ] の[ Voyager ] M27MFの重量は約24kg。

重たいバッテリーを2つ運搬しなくてはならないので少し大変です。

マイエレキ持込で釣りをされている方で、この24Vのエレキが最もシェア率が高い気がします。

価格と出力、可搬性のバランスがいいんですね★

名機と呼ばれている、上写真のツアーシリーズのTR82Vもこの24Vの出力のエレキになります。

36V

36V仕様のエレキは、ほとんど業務用というかプロユース仕様です。

バスボート用だったり、トーナメンター用だったり。

べらぼうに高いですし、クソ重たいバッテリーを3つも運搬しなくてはなりません。

伊藤巧プロが、H-1グランプリに参戦するときに使用しているのがこの36V仕様のエレキになります。

105lbという圧倒的な出力を誇り、トーナメンターたちの朝一の競艇?でその威力を発揮します。

ただし前述したとおりバッテリーを3つ運搬する必要があったりと、かなり手間がかかりますので、一般バサー的には24Vのモデルをおすすめしますね。

どの出力のエレキがオススメか、ikahime的結論はコチラ↓

レンタルボート屋で借りれるヤツは?

ちなみにレンタルボート屋でレンタルできるエレキはほぼ100%12Vのヤツです。

それも上写真みたいなけっこう年季の入った古いやつがおおくて、パワーが無くていらいらしますw

バッテリーも年季が入ったものがほとんどで、すぐに電力が弱りますw

最初はレンタルエレキで良いですが、釣行を重ねるにつれてじわじわとレンタル料金がかかりますので、数回借りたらその後は思い切って購入してしまうのが吉です。

何回か釣行に行くだけですぐに元が取れますし、性能も高いマイエレキを継続して使用できるのは気持ちいいです。

レンタルエレキはけっこうミンコタも多くて、半々ぐらいの割合です。

とにかくボロいので、練習ぐらいに考えておくとよいですね。

 

エレキ操作入門編

エレキの操船について、「始めてのエレキ」というテーマで紹介していきますね★

モーターガイドさんのHPに、エレキ初めて講座 という極めて優れた初心者向けエレキ記事がありました。

それの内容とほぼ同じ内容ですし、モーターガイドさんのHPの方が分かりやすいです(爆

しかしikahimeでも一生懸命記事を作成したので、お暇な方、是非読んでやってくださいw

エレキの操船で覚えること

フットコントロールペダル

フットコンエレキは、このフットコントロールペダルで、すべての操作を行います。

こいつが前後にシーソー式になっていて、奥に踏むと、モーターが右に回転し、手前に踏むと左に回転します。

前後に踏み込むことで、左右に舵を切る訳ですね★

エレキのスイッチ

エレキの種類にもよりますが、だいたいの機種で、スイッチが3つ付いています。

一つずつ説明していきますね★

マイクロスイッチ

エレキのモーター作動のON・OFFを切り替えるスイッチです。

後述するトグルスイッチを、モメンタリーか、ハイバイパスに設定しているとき、このマイクロスイッチを踏んでいる間、エレキが作動してボートを進めてくれます。

ロータリースイッチ

このロータリースイッチで、モメンタリーモード時に、マイクロスイッチを踏んだときの出力を調整します。

段階調整式と、無段階調整式のエレキがあります。

段階調整よりも、無段階調整のモノのほうが、バッテリーの持ちが良いと言われています。

私のFW54Vは、無段階調整式。

最弱が亀さんマークで、最強はウサギさんマーク。

地味にかわいいw

亀さんとウサギさんの間は、黒い棒が書いてあって、強くなるほど棒が太くなります。

長距離移動時はMAX出力にしたり、流しながら打っていくときは出力を半分にしたり。

常にいじくる部分です。

 

トグルスイッチ

エレキの作動方法を設定する「トグル」です。上から順に説明しますね。

コンスタントオン

マイクロスイッチを踏まなくても、ロータリースイッチで設定した出力で常にモーターを回転させるモード。

長距離を移動するときに使用します。

車の、クルーズコントロールみたいなモノです。

マイクロスイッチを踏み続けると、足が疲れるし、意外と面倒なんですよね。

なのでコンスタントオン、とても便利です。

ただし注意点があって、エレキは長時間高出力で作動し続ける、という条件に非常に弱いです。

配線が焼け付いたりと、トラブルの元になりますので、コンスタントオンを使用する時間は、長くても10分程度に収めるようにしましょう。

高出力で作動し続けると、バッテリーにも良くないです。

高出力でイッキに電力を放出すると、あっという間にバッテリーが弱ります。

モメンタリー

マイクロスイッチを踏んだ時のみモーターを回転させるモード。基本はコレにしておきます。

ハイバイパス

マイクロスイッチを踏んだとき、常にMAX出力するモードが「ハイバイパス」スイッチ。

常にウサギさん!あまり使いません。

ハイバイパスに入れた後、戻すことを忘れずに。

忘れてマイクロスイッチを踏むと、地味に危ないっすw

エレキ操船方法

さて、スイッチの意味を覚えたら次は操船方法。

バス釣りにおいて使用されるエレキは、先にも説明しましたが、ほぼ9割がた「フットコン」と呼ばれる、足で舵を切るタイプのエレキです。

「フットコン」エレキの操船方法について説明していきますね★

舵の切り方

 

フットコンエレキは、ペダルを前後に踏みこみ、舵を切る方式です。

奥に踏み込むと右に、手前に踏み込むと左に舵を切ります。

エレキのヘッドに、上写真のような赤い方向指示マーク(V字のマーク)が付いています。

このマークが、フットコントロールペダルを奥に踏むと右回転し、手前に踏むと左回転します。

マークが指している方向に進んでいきますので、それにしたがってエレキの向きを変えましょう。

最初は、エレキの向きと、実際にボートが進む方向の感覚に戸惑いますが、10分も乗れば慣れてきます。

スイッチの意味と、舵の切り方を覚えたら、もうそれだけです★

他にも

エレキの主電源のメインスイッチが付いているモデルもあります。

メインスイッチが付いている方がより安全に運用出来ていいのですが、私のFW54Vにはついていません。

あと機種ごとに違うところもあるので、レンタルエレキを使用するとき、分からない場合はボート屋のオヤジに確認してみてください。

これだけ!

どうでしょう。以外と簡単ですよね(^^)

ほんとにただ動かすだけならすごく簡単なので臆する必要は全くありません。

バスにプレッシャーを与えない操船方法とか、釣るための操船方法とかあるみたいですが、私はまだその境地に達してないので言及を避けますw

まあとにかく数をこなせばそのあたりも自然と身についてくるのでは?と思います。

まとめ

さて、少し長くなってしまったので、第二部に続きます。

第二部では、実際にボートの借りて出船するときの注意点をシェアしたいと思います。

レンタルボートでバス釣り。入門その2。ボートの借り方、荷物の搬入編。はコチラから★

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です